初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

会社設立と個人事業主はどっちがいい?メリットとデメリットを比較。

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • 会社設立と個人事業主ってどっちがいいの?
  • メリットとデメリットを知りたい…
  • 独立前に全体像を知っときたい…

【結論】「起業は3つの方法から選ぶ」

「起業」と言っても、大きくわけてその方法は主に「3つ」もあるんだ。

結論としては「個人事業主」「合同会社」「株式会社」。

この3つの特長を見ていこうね。

おしえるちゃん
「自分に合った起業スタイル」が成功のコツだよ。
スポンサーリンク

そもそもどこまでが「起業」?

「起業」というとなんだか大層な感じもあるよね…。

けど、実はサラリーマンが「事業・ビジネス」として副業で始めることだって立派な「起業」。

会社辞めても辞めなくても、ブロガ−やYouTuberを目指すも立派な起業。

国税庁の基準に沿うなら「会社を退職してフリーランスになる」こと自体も起業だったり。

ちなみに「どこかのお店でアルバイト」は起業ではないよ。

おしえてくん
副業も起業に入るんだ。
おしえるちゃん

うん。

誰でも起業家になれるんだ。

小さくても「新しいビジネスを始めること」

これは立派なスタートアップなの。

納税しないでいい起業もある?

おしえてくん

もし起業してさ…

「1年間に100円とか10万円」しか稼げなかった場合。

やっぱ税金って納めるの?

お金のイラスト

個人事業主は法律上「年間収入が38万円以下」は確定申告(1年間の所得にかかる税金。税務署に必要書類を提出し納税する手続き)しないでいいんだよ。

でも「自分はこの年こんだけ収入がありました」という証明するためにも確定申告はしておくとGood

なぜなら、自分の過去の収入額を明確にしておかないと、

  • 賃貸契約
  • 銀行の融資
  • 医療費控除

などの面で手続きが困難になったり、メリットを享受できない可能性も。なのでやっぱり、年間収入はいくらであっても確定申告はしておくのが得策。

ビルのイラスト

サラリーマンが「副業で起業」して、もし「年間所得20万円以下」なら納税の義務はないんだ。

逆に「201円」からは確定申告が必須。

こうなってくると住民税が増えるので会社にも副業がバレちゃう….

その場合は100%安全ではないものの、住民税を税務署で「自分で納付(「普通徴収」と言う)」する必要が毎年出てくるので覚えておこうね。

あと「どっかのお店でアルバイト」は普通に「労働」なので納税義務があるので注意ね。

納税手法を自分で選べずバイト先の給与から差し引き(「特別徴収」と言う)になるため会社にバレちゃうので注意。

おしえるちゃん

「個人事業主」でやっているか、

「サラリーマンの副業」かで変わってくるよ。

それぞれ説明すると…

 

スポンサーリンク

「個人事業主」と「会社設立」どっちがいい…?

おしえてくん

もし起業しよう!と思ったら。

「個人事業主」と「会社設立」ってどっちがベスト?。

おしえるちゃん

それは「どんな職種を・どんな規模でやりたいか」で変わってくるの。

ちょっとこの表を見てね。

向いてる業種・規模
個人授業主で起業
  • 個人のプログラマー/デザイナー
  • 個人のカフェ/クリニック
  • 自宅でやる料理教室・英語教室
  • 個人運営のECサイト
  • 個人のコンサルタント
会社設立で起業
  • 組織で運用する事業
  • スタッフを雇用するお店
  • 個人年「収」500~800万以上のビジネス全般

そのまんまのイメージで「一人でできちゃうこと」は個人事業主。

「組織やチームで大きく稼ぐ」場合は法人・会社設立のイメージ。

お金の話で言うと「年収800万円以上になったら法人化」とおぼえておこうね。納税額を抑えられるメリットがあるからなんだ。

お金のイラスト

個人事業主だと儲けた額によって7パターンも税率が変わるけど、法人なら原則一定なんだよ。

芸能人などが事務所から独立したとき個人事業主でなく「自分の事務所を作る」のはそのためなんだよね。

スポンサーリンク

「個人事業主・株式会社・合同会社」のメリットとデメリットは?

おしえてくん

ところで…

起業の「手続き」ってやっぱ大変…?

おしえるちゃん

それは「個人事業主」か「会社設立」かで変わってくるね。

しかも、

  • 個人事業主
  • 合同会社
  • 株式会社

の3パターンがあるよ。厳密には他にも合名会社、合資会社、特定非営利活動法人(NPO法人)などのかたちもあるけど。

商業活動をする」という形態としては一般的な、この3つでメリット・デメリットを見てみよう。

メリットデメリット
個人事業主
  • 手続きがかんたん!
  • 社会的「信用度」が低い…
  • 所得税率が7段階あり収入増なほど税金高くなる
合同会社
  • 手続きが株式会社より多少ラク 
  • 会社構造がややシンプル
  • 法人税の税率が原則一定
  • 社会的「認知度」が低い… 
株式会社
  • 社会的信用が高い!
  • 社長になれる!
  • 融資が受けやすい!
  • 法人税の税率が原則一定
  • 申請書類がめんどう…
  • 経理や税務がたいへん…

ここで言う「社会的信用」とは、例えばクレジットカードを作ったり、部屋を借りたり、銀行からお金を借りるなどにおける「社会での信用度」のこと。

クレジットカードのイラスト

「この人には部屋貸せないなー(家賃払えるの?)」

「この人にはお金貸すのこわいなー(返せるの?)」

という、世間の冷たい目。。。

法人格(会社設立・合同会社)があるとこの社会的信用が高いというメリットがあるよ。逆に個人事業主は普段は身軽だけど、社会的信用が法人に比べると低いため「ここぞ」という時にちょっと面倒なときも。

関連記事:『法人カードは何がいい?会社設立後やフリーランス用のクレジットカードは?

「個人事業主・株式会社・合同会社」の「設立費用」は?

おしえるちゃん

次に「設立費用」と「手間」も比較してみようね。

特に設立にかかるお金は気になるところ。

設立費用は?手間
個人事業主0円税務署に開業届を申請
合同会社 約6万円税務署・法務局・都道府県税事務所・市町村役場・労働基準監督署(オンラインツールの駆使で簡素化は可能)
株式会社約20〜25万円税務署・公証役場・法務局・都道府県税事務所・市町村役場労働基準監督署(オンラインツールの駆使で簡素化は可能)
おしえてくん

かなり費用がちがうね.

おしえるちゃん

さりげなく、

合同会社」が法人にも関わらず、設立費用が安めなメリットもわかるね。

〜ぞれぞれの手間を知っとこう〜

勉強のイメージ

設立の費用はもちろん、手続きで税務署に行ったりする手間は気になるところ..。それぞれ記事にしてるのでチェックしてみてね。


「個人事業主」の開業ってどーやんの?

「合同会社」の設立ってどーやんの?

「株式会社」の設立ってどーやんの?

「法人格あってよかった」体験談

『おしえてキャリア』の作者「たず」のイラスト 当サイト作者「たず」の体験談

ボクの場合は2014年に仲間と起業しましたが、株式会社として法人スタートしました。

サラリーマンとずっとやって来て、さらなりキャリアキャリアという意味でも、挑戦したんです。

起業知識がなかったので「会社=株式会社」という認識しかなく、よくわからず設立費用は25万円くらいはポーンと飛びました(泣)

でも、法人だったことで融資を約400万円「日本政策金融公庫」から受けることができたんですよ。それらのお金と貯金を元出に海外事業・IT事業を小さく始めたんです。会社もなんとか2020年で7年目。

国内外で不動産、融資、オフィスを借りるときなど…やっぱり「法人格」はメリットだった思います。個人ではなかなか難しかった面もあったかも…。

関連記事:株式会社の「会社設立」の流れは?起業の仕方や費用はどんな感じ?

いまは「合同会社」というダークホース的な手もあるので、自分の予算やビジネス規模で考えるといいと思いますね。

【結論】「起業は3つの方法から選ぶ」

と、いうわけで今回の結論「起業は3つの方法から選ぶ」というお話だったよ。

自分にビジネスモデルや予算、規模によって最適な起業形態を選ぼうね。

おしえてくん

ふーん、起業って言っても、

  • 個人事業主
  • 合同会社
  • 株式会社

の3パターンもあると。

設立費用もメリットもバラバラなんだね。

おしえるちゃん

うん。

じゃあ次はそれぞれの特長とか開業の方法を学んでおこっか。

下の「3つの記事」からの気になる起業方法を選んでね。

スポンサーリンク