初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

会社設立後にやることは?手続きや届出を最小の手間に防ぐ必勝法。

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • 会社設立後の届出ってなにがあるの…
  • 会社を登記後にやること全部知りたい.…
  • 手続きの手間を減らして早く事業に集中したい…
目次

【結論】「税理士さん+freeeで乗り切る」

会社の登記が法務局で終わり、ほっと一息…したいところだけど、実はここからが本番。

会社を設立した「あと」にまだ手続きや届出など、やることがけっこーあるの。

結論としてはまずお金をかけずに「税理士さん」見つける。

これは無料サービスが充実の「税理士ドットコム」が便利。

そして「会社設立 freee」を並行して活用するのが得策。

おしえるちゃん

では、いったいどんな手続きが実際に待っているの?

これを見ていこうね。

スポンサーリンク

会社設立は登記で終わりじゃなかった…

会社設立「後」というのは、いわゆる「法務局で登記が終わった状態」。

下の図で言うと、一番右の赤丸「登記後すぐ」の部分。

会社設立の流れの全体図(6つのフロー)

 

おしえるちゃん

株式会社も合同会社も。

法務局での登記完了後に最後のステップ「各役所に書面を提出」ってのがあるんだ。

おしえてくん
長い道のりやの….

会社設立後にやること全部を知っておこう

では細かく見ていくよ。

税理士さんに任せる場合でもおざなりにならないように、会社設立「後」にやることをの流れを知っておこう。

下の図で大まかな流れをつかんでみてね。

会社設立"後"の流れの全体図(10のフロー)

会社設立後にやる手続きや届出は….

※クリックで各項目にジャンプ

それはズバリ『税理士さんを探し・どこまで作業代行してもらえるか』を聞いてみること。

「自分で用意する書面」と「税理士さんに代行してもらえる範囲」を聞いてみよう。

税理士さんが「年金事務所・税務署・都道府県税事務所・市町村役場」への代行手続きを承ってくれることもあるよ。

スポンサーリンク

会社設立後にやること「14のステップ」

おしえてくん
たんまりありそうだな…

 

おしえるちゃん

全て自分でやろうとすると、結構な作業量だよ。

コツは冒頭に出てくる「税理士を見つける」。

ここがうまくいけば作業量50%以下で済むことも。

スポンサーリンク

①税理士を見つける(なるべく早く)

メモのイラスト

社長の右腕ともなる税理士さんは強い味方。

コネなどない方は…まずは『税理士ドットコム』で探して見ようね。

会社設立後の手続きを一人で全てやろうとせずに、金額的、得意ジャンルなど含め合いそうな税理士さんを探すところからやってみよう。

次項目からの「年金事務所」や「税務署」関連の書類作成や役所周りなど、作業の半分くらいを手伝ってくれることもあるからね。

②年金事務所へ行く(会社設立1ヶ月以内)

役所の建物:年金事務所のイラスト

法人として会社を設立したら「社会保険」の加入は義務なんだ。

「保険とかわかんねー」とならずに「加入は義務なのね、おっけ」と納得しよう。

社会保険の加入は、たとえ社長一人だけの会社でも義務。なお、個人事業主の場合は条件によって変わってくるよ。

必要書類は?

  • 健康保険・厚生年金保険 新規適用届
  • 登記事項証明書(原本)

日本年金機構のホームページから「健康保険・厚生年金保険 新規適用届」をPDFやエクセルデータでダウンロード可能だよ。

おしえてくん
いや〜…年金事務所とかもういきなり難しそう…
おしえるちゃん
大丈夫大丈夫。いまはあくまで”全体の手間を”説明しているだけね。

③税務署へ行く(会社設立1ヶ月以内 /2ヶ月以内3ヶ月以内)

役所の建物:税務署のイラスト

おしえるちゃん
下記はそれぞれ期限があるけど、なるべくまとめて終わらせようね。

①会社設立1ヶ月以内(最初の給与支払日まで)

「給与支払い事務所を開設した」ことを届け出るために行くよ。

国税庁のホームページではこの際必要となる『給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書』がダウンロードOK。

必要書類は?

  • 給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書

②会社設立2ヶ月以内

「会社の基本事項を税務署に届け出る」ために行くよ。

国税庁のホームページで「内国普通法人等の設立の届出」ページ中段の「法人設立届出書(PDF/102KB)から「法人設立届出書」をダウンロード可能。

税務署で必要な書類は以下ね。

必要書類は?

  • 法人設立届出書
  • 定款(コピー)
  • 登記事項証明書(コピー)
  • 株主名簿
  • 設立時の貸借対照表
  • 本店の所在地の略図

③会社設立3ヶ月以内

これは、義務ではないが必須な項目。「青色申告の承認申請書」の承認申請は節税のためのマスト事項。

自社の管轄税務署は国税庁の「税務署の所在地などを知りたい方」をチェックしよう。

「法人設立届出書」と同じ提出先になるよ。①②の「法人設立届出書」「給与支払い事業所等の開設届出書」と必ず一緒に済ませておこうね。

必要書類は?

  • 青色申告の承認申請書

④承認を受けようとする月の前月末日まで

給与等の支払いを受ける人が「常時10人未満」の会社なら。
国税庁のホームページでダウンロードできる『源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書』を提出し承認を受けることにより6か月分まとめて納付することができるんだ。

必要書類は?

  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

おしえるちゃん

これらの手間はなるべく簡略化して、事業スタートにパワーを残しておきたいところ。

「法人設立届出書」は「最大3部」必要!

定款のイメージ定款のイメージ定款のイメージ

次項「④都道府県税事務所へ行く」「⑤市町村役場へ行く」でも出てくるので「3部」必要なことを覚えておこうね。freeeなどのオンラインツールでここは省力化を。

④都道府県税事務所へ行く(会社設立から「東京23区は15日以内/他県は1ヶ月以内」)

役所の建物:都道府県税事務所のイラスト

法人設立届出書」は、税務署だけじゃなく「県」と「市」にも届出して、地方税の届出をするんだよ。

必要書類は?

  • 法人設立届出書
  • 定款(コピー)
  • 登記事項証明書(コピー)

自社のエリアの都道府県税事務所のサイトからダウンロードまたは直接行くことで書類は手に入るんだ。

⑤市町村役場へ行く(東京都は不要。他県は会社設立から1ヶ月以内)

役所の建物:市町村役場のイラスト

法人設立届出書」は、税務署・都道府県税事務所だけじゃなく市町村の役場にも届出するんだ。

地方税の届け出をするんだよ。

⑥労働基準監督署・ハローワークへ行く(従業員を雇う場合)

役所の建物:労働基準監督署・ハローワークのイラスト

会社を始める際に社長一人の会社ならば必要ないよ。

でも、一人でも雇う場合は労働基準監督署に行くことが必要になるんだ。それぞれ「労災保険」「雇用保険」の手続きをするために行くんだ。


労働基準監督署では…

自社の所在地を管轄する労働基準監督署に「履歴事項全部証明書」「事業所の賃貸借契約書」を提出。従業員10名以上の場合は「就業規則届」も出すよ。

もし、法定の労働時間をオーバーして労働してもらう場合には「時間外労働・休日労働に関する協定届」も届出が必須。

従業員を雇った日の翌日から10日以内に提出する義務なので、必要な場合は急いで対応しようね。

必要書類は?

  • 履歴事項全部証明書
  • 事業所の賃貸借契約書
  • 就業規則届(従業員10名以上の場合)
  • 就業規則届(法定時間オーバーの場合)

ハローワークでは…

提出する「雇用保険 適用事業所設置届」に添付するのは、自社の所在地を管轄する労働基準監督署の労働保険番号が付された「労働保険 保険関係成立届」そして「労働保険 概算保険料申告書」「登記事項証明書」。

さらに「事業所の賃貸借契約書」「法人設立届けまたは公共料金請求書」「事業所あてに配達された郵便物」等とさまざま。

必要書類は?

  • 雇用保険 適用事業所設置届
  • 労働保険 概算保険料申告書

  • 登記事項証明書

  • 事業所の賃貸借契約書

  • 法人設立届けまたは公共料金請求書

  • 事業所あてに配達された郵便物


⑦法人用の銀行口座をつくる

お金のイラスト

起業家は個人事業主におすすなのが、設立1年目からビジネス口座でVISA決済ができる「PayPay銀行 ビジネスアカウント

起業時になかなか作れない法人用の口座だけど、PayPay銀行はスタートアップにフィットする銀行なんだ。

会計ソフトfreeeでも推薦している安心できる銀行なので、まずはここで会社用の口座を作っておこうね。

おしえてくん
やっぱいるんだよね、法人口座って。
おしえるちゃん

うん。ビジネス上はとっても必須ね。

個人名義の口座に振り込んでもらうのは…相手の会社の不安をあおるだけだから。

〜法人用口座がないと〜

法人口座がないと、個人の口座と会社の収入・支出がごっちゃになってカオスになるうえに、税務署から脱税の疑いなんかもかけられる可能性も。

あとやはり、融資を引き出す際はビジネス上のやりとりにおいて取引そのものができない・成立しないことも。

法人用の銀行口座の「PayPay銀行 ビジネスアカウントはこちら。

⑧法人用のクレジットカードをつくる

クレジットカードのイメージ

法人用クレジットカードの作成には、一般的には以下のものが必要だよ。

必要書類は?

  • 法人名義の口座
  • 6ヵ月以内に発行された登記簿謄本(または印鑑証明書)
  • 代表者本人の身分証明のコピー(免許証/パスポート/住基カードなど)

詳しくは:法人カードは何がいい?会社設立後やフリーランス用のクレジットカードは?

法人用クレジットカード体験談

当サイト管理人「たず」のイラスト 当サイト管理人「たず」の体験談

うちの会社の法人用クレジットカードは現在は「三井住友ビジネスカード for Owners」を使用してますが、年会費もリーズナブル、大手かつ特典も豊富で満足してます。

とにかく、後から経費の支出を見るときも「法人用クレジットカード」と「個人のプライベートのクレジットカード」を分けておくのは財務上マスト。

法人カードで悩む場合や、そもそも法人カードの必要性を確認したい場合は、当サイトの三井住友ビジネスカード for Ownersの特集記事もチェックしてみてくださいね。

⑨会社のお金管理ソフトの導入

freeeのロゴマーク

当サイトでは管理人自身が長年(自社創立2014年より)使用してきた『会計 freee』をオススメしているよ。

定款の作成から当ページで説明している会社設立後のサポート、さらに法人クレジットカードの作成などに至るまでのワンストップサービスが年々パワーアップしているサービス。

起業家やフリーランスでも導入している人がとても多いので安心だね。

関連記事:会社の「経費」とは?主要「勘定科目」と経理業務の解決法は?

⑩契約書をつくる

業務委託契約書のイラスト

他社と仕事をする際に口約束では仕事に取りかかれないよね。

報酬や納期をきっちり決めて仕事に取り掛からないとならないよ。

そのためにあるのが「契約書」。

無料サンプルもある記事は下記からチェック。

詳しくは:【無料契約書サンプル付き】請負契約と委任契約って何?秘密保持契約も解説。

⑪ホームページ作成

WEBサイトのイラスト

これは「手続き」とはちがうけど、重要な下準備になるので本記事にも入れておくね。

会社の顔であり営業窓口ともなるクリエイティブ「ホームページ」の作成があることも忘れずにおこう。

WEBサイトの制作においては、制作のそのものの前に、

  1. ブランディング策定
  2. マーケティング施策
  3. SEO対策
  4. SEOをロングテール戦略に落とし込む

以上が必須になることを知っておこうね。

⑫資金調達する(起業前の場合もあり)

これは会社設立「前」から開始するケースもあれば、会社設立をしながら進める人、会社設立「後」にサービスを走らせつつ資金調達に走る会社もあるよ。

いずれにしろ、銀行との付き合いはマストで出てくるので、会社の資金繰りについてはどんな方法があるのか、起業前後に関わらずちゃんと知っておこうね。

詳しくは:起業の資金はどうする?融資・出資を受ける「6通り」の方法とは?

⑬会計・経理業務

電卓

会社が実際に動き始めたら、売上はもちろんのこと「経費」との戦いになるよ。

ケチりすぎれば社員もスタッフもついてこないし、かといって大盤振る舞いは経営破綻になる。

有能な税理士を見つけつつ「会計ソフトfreeeを駆使、そして社長自身が経理を理解し、会社のお金を常にチェックしよう。

関連記事:会社の「経費」とは?主要「勘定科目」と経理業務の解決法は?

⑭経営

会社の外観

新商品リリースや新規プロジェクトも大事だけど、

バックオフィスの「守りの経営」を極めることが会社を存続させることを知っておこうね。

お金の流れがカオスにならないよう、経営のコツをできるだけ早くつかめるようにしよう。

関連記事:なぜ倒産する?黒字倒産の会社経営に潜む「5つの危険現象」とは?

国税庁がオンラインサービスを開始

国税庁でも少しづつ、会社設立後に必要な手続き等の「オンラインのサービス」を開始しているよ。

令和2年から国税庁もオンラインサービスを開始

パソコンのイラスト

会社設立後に提出するさまざまな送付は令和2年1月20日(月)より国税庁の「法人設立ワンストップサービス」の「マイナポータル」というオンラインサービスで一連の手続を一度で行うことができるようになったんだよ。自分で全部やろう、という方はちょっとのぞいてみては。

なお、定款認証・設立登記の手続については令和3年2月から利用可能となる予定みたい。このサービス「マイナンバーカード」「パソコンで作業する場合はICカードリーダーライター」「スマートフォンの場合はマイナンバーカード(電子証明受け取り可能)の機種またはアプリのダウンロードが必要」の3点が必要だよ。

【結論】「税理士さん+freeeで乗り切る」

と、いうわけで今回の結論は「税理士さん+freeeで乗り切る」というお話だったよ。

会社設立後の動きをザーッと見てきたけど、結構な量だったんじゃないかな。

この量を無駄なくミスなくこなすために、結論としては冒頭のとおり「税理士さん+freee活用が最強」となってくるよ。

おしえるちゃん
本記事で紹介したリンクは下記にまとめておくね。

本記事で紹介した「起業に強い」サービスまとめ

スポンサーリンク