初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

起業でのレンタルオフィスのメリットは?登記やおすすめの会社は?

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • 起業時のオフィスってどうする…?
  • レンタルオフィスってどうなの?
  • 立地や住所がダサいとちょっと不安…

意外な盲点。起業時の「立地・住所」が地味だと痛い…

Googleマップのイラスト

起業するときに、いきなり広いオフィスや一等地に事務所を構えることはできないよね。

どんな会社もスタートアップの住所は自分のアパートだったり、実家だったり…。

アップルだって創業時はスティーブ・ジョブズの実家のガレージで始まったんだよ。

でもいまのWEB時代、

オフィスの住所はホームページや名刺でとても目立ってしまうもの。

おしえてくん

立地や住所が地味だと、

いかにも儲かってなさそう感でるよな…

おしえるちゃん

仕事する相手が企業だったり、

ユーザーから見た信頼度って意味でも、

立地・住所も立派な「ブランディング要素」なのよ。

札束のイラスト
ビジネスとはお金のやりとり。相手に「この会社儲かってなさそうだな…先払いしたら逃げられたり、倒産されたりしたら怖いな」なんて思われたらアウトだよね。そういう意味でも会社のオフィス、立地や住所はとても大事。
スポンサーリンク

【結論】格安レンタルオフィスで解決

起業時のオフィス、立地や住所の悩み。

そんな悩みを解決してくれるのが「レンタルオフィス」なんだ。

おしえてくん

なに?

レンタルオフィス?

おしえるちゃん

格安で「一等地のオフィス」を借りれるサービスよ。

1時間単位で借りれたり、セキュリティも安心。

最初から事務用品も揃っているからコスパ最強と。

実際にレンタルオフィスで起業しました

当サイト管理人「たず」のイラスト 起業時レンタルオフィスだった
当サイト作者「たず」の体験談

ボクはサラリーマン時代から渋谷に馴染みがあって、起業するなら「渋谷」って決めてたんですよね。

でも当然、予算の都合上、渋谷のいい立地でいきなり事務所は借りれるわけない…と。

そこでいろいろ調べたら「レンタルオフィス」「シェアオフィス」「バーチャルオフィス」というサービスがあるのを知りました。格安で一等地(渋谷や銀座や新宿 など)に会社の登記ができるサービスです。

敷金礼金なし、事務用品はそろっていて、郵便物の受け取りや電話対応なんかもしてくれるのがレンタルオフィス(サービスはオプションの場合もあり)。

さらにボクは海外事業もやっているので「日本全国&世界」にもレンタルオフィスのチェーンがある会社にしました。

それが「リージャス(Regus)」です。

リージャスのロゴマーク

世界的なブランドと言うと身構えちゃうかもですが、価格も手頃だしとても丁寧に内覧も対応いただけました。

2014年から約2年間、ボクはリージャスの「渋谷」を利用(事業が安定してからは貸事務所に)。

渋谷だと住所は、道玄坂にある超優良ビジネス商業ビル「渋谷マークシティ」の22階になります。

住所例は「東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW 22F」と。

「渋谷駅」直結の超一等地ビル。

渋谷マークシティの外観写真

こんな立派な住所で登記(国に会社の登録)ができて、WEBサイトや名刺に記載できたんです。

ちょっと興味があったら、フォームから問合せて質問してみるといろいろ教えてくれますよ。

Regus(リージャス)とは?

リージャスのロゴマーク

「リージャス」は世界的なオフィスチェーン。

下記はRegusさんのホームページから転載。

世界のリージャス・グループは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、スイスに本社を置き、ロンドン証券取引所に上場しております。 そのネットワークは世界120カ国以上1,100都市を超える地域、3,300拠点に及び、会員は250万人に上ります。

リージャスは多くの会社に対して法人登記をされており、銀行などの金融機関からも高い評価をいただいています。

手頃な価格で一等地の住所に「登記」できるのもポイント。

お客さんと打合せが発生しても堂々とできるクオリティで、安心して使用できるんだ。

スポンサーリンク

レンタルオフィスのメリットは?

いいねのイラスト

スタートアップの会社はもちろんながら、地方進出する会社が支社をつくるの予算を抑える際にも役立つレンタルオフィス。このメリットを「リージャス」さんの場合で見てみよう。

レンタルオフィス「リージャス」のメリットは?(ホームページより抜粋)

スポンサーリンク

レンタルオフィスのメリット

  • 敷金・礼金なし
  • オフィス家具、会議室、受付などの内装、そのほかビジネスに必要な設備がすでに整っている
  • 1時間、1日単位でもレンタル可能(モバイルアプリで予約可)
  • ニーズとご予算に合わせた多彩なオフィススペース
  • オフィス設備完備だから入退去時も負担ゼロ
  • 安心の個室 オフィス・パーテーション付きデスク
  • 専用エリアはオートロック完備でセキュリティも万全

※詳しいオプションやサービスはサイト内の「お問合せフォーム」から質問や内覧の希望をしてみよう。

一般のレンタルオフィスのデメリットは?

予算を抑えて身軽に動きたいスタートアップ起業家やフリーランスには、大きなデメリットはないといったところ。

しかしあえてあげるとしたら、


  • 共用スペースでは他の人が気になることがある
  • 会議室が予約制で希望の時間が埋まっていることがある
  • 事務用品や内装は自分で選べない
  • 会社の社員・スタッフが増えてくると手狭になる

会社のスタッフが増えたりして規模感がちょっと出てくると「人も増えたし、レンタルオフィスだといろいろ管理とか不便かもー」となってくることは想定しておこうね。

レンタルオフィス・シェアオフィス・バーチャルオフィスのちがいは?

おしえてくん

レンタルオフィスとかシェアオフィスとか…

ちがいって何?

おしえるちゃん

言葉がちょっと似てるよね。

3つのちがいを説明するね。

似てそうで…全くことなる3つのタイプ

レンタルオフィス

敷金礼金もなく(または初期費用最低限で)、事務用品一式がそろっているオフィスのこと。基本的に登記もできる。自社・自分の個室スペースが確保されている。ただし間取りに限界があったり、受付やラウンジは共用スペースになっていることが多い。

シェアオフィス

個室・固有スペースがなく全て他社・他者との共用となる。条件を満たせば登記もできる。毎月の光熱費や家賃などの固定費を抑えられるメリットもある。

バーチャルオフィス

住所は取得し可能であれば登記もするが、実際にそれだけで仕事はそこではしない。仮想のオフィス。

登記もできる

レンタルオフィスやシェアオフィス、バーチャルオフィスは登記もできるメリットも。予算を抑えたい起業家やサテライトオフィスを作りたい会社にも好都合だね。(会社によっては例外もある可能性あるので問合せ時に要確認)

おしえるちゃん

ちなみに、社員が増えてきたなど会社が成長してくると、

「貸事務所」を借りるわね。

貸事務所

レンタルオフィスやシェアオフィスと異なる「実際に敷金礼金も払い、内装も工事し、事務用品も全て用意する」かたちのオフィス形態。人員が増えてきた際に、レンタルオフィスから貸事務所に移行することが多い。

貸事務所はお金かかります

当サイト管理人「たず」のイラスト 現在は貸事務所で会社を運営の
当サイト作者「たず」の体験談

ボクは起業時はリージャス渋谷のレンタルオフィスで、いまは日本用には貸事務所を構えいます。そこに提携しているフリーランスの方が出たり入ったり仕事したりする用です。

やはり貸事務所はお金は結構かかりますね。電話からWi-Fiから椅子・テーブル、モニターもなにかも全て自前なうえに敷金礼金もガツンかかかってくるので。

お金は、レンタルオフィスから貸事務所に移行する際は覚悟です。

レンタルオフィス・シェアオフィスって一般的なの?

バーチャルオフィスのイメージ

格安のレンタルオフィスって初めて聞くと「え?それって一般的なの?」と思う人もいるかもね。

でも結論、めっちゃ一般的。

現在はコワーキングスペースの個室スペースで会社を登記したり、企業が地方進出や東京進出をする際にいきなりオフィスを借りるとコストオーバーなので「まずはレンタルオフィス」なんてのはあるある。

例えばリージャス以外でも日本全国46拠点なら、

全国展開のバーチャルオフィスKarigo

なんかも。

まずは問合せフォームから質問してみるといいよ。

なお、レンタルオフィスで登記を考えている場合は、必ず申し込み前に「登記は可能か」を聞いたうえで検討に入ろうね。

住所はホームページや名刺、パンフレットの大事な要素

名刺のイラスト

立地や住所の大事さは、会社を起業するとほんとによくわかるんだ。


  1. 自社ホームページ自社の住所を記載するとき
  2. 請求書に自社の住所を記載するとき
  3. 名刺に自社の住所を記載するとき
  4. 「お客さん」「取引先企業」「銀行」などが自社で会社の信用度をチラ見
  5. ちょっと打合せするときに立地が良いと便利
  6. お客さんに「御社で打合せしましょう」と言われたときに対応できる

などなど。

ビジネスは「見栄えよりも仕事の中身で勝負だぜ!」とカンタンにはいかず、細部にこだわってブランディングしておくのが大切。

ブランディングすることで「印象や集客の自動化」をしておけるかがポイント。特に人手がないスタートアップはね。

背伸びしすぎたり、盛ったりではなく、会社の立地にこだわるのは「意識高く持っています」という姿勢だよね。

社長として、起業家として、あるいは個人事業主として、ぬかりない体制を少しづつ作っていこう。

格安レンタルオフィスまとめ

オフィスのイメージ

今回紹介した「リージャス」さんや、格安レンタルオフィスのURLをまとめておくね。

おしえてくん

オフィスひとつとっても、

いろんな手があるんだなあ…

住所以外にもたくさん準備が

当サイトでは今回の「起業時の立地や住所」以外にもスタートアップに必要な基礎知識を記事にしているから、チェックしてみてね。

関連記事は…

法人カードは何がいい?会社設立後やフリーランス用のクレジットカードは?

「会社名」の決め方は?アイデアやネーミングの「11のコツ」とは?

株式会社の「会社設立」の流れは?起業の仕方や費用はどんな感じ?

【結論】格安レンタルオフィスで解決

と、いうわけで今回の結論は「格安レンタルオフィスで解決」だったよ。

WEBサイトのデザインや社名だけなく、立地や住所にもちゃんとこだわろうね。

おしえるちゃん
起業では固定費は上手に下げておこうね。
スポンサーリンク