初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

人に関わらない副業は?「ブログ」のメリット・デメリットを検証。

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • 人と関わらない副業ってある?
  • 最も人と絡まない副業を知りたい…
  • ブログのメリット・デメリットは?

副業は人と関わらないでヒッソリやりたい…

引きこもる女性

いざ「副業を始めたい」と思ったとき。

人間関係がついてまわるような面倒な職種だと、ちょっと腰が引けてしまうあなた…。

その気持は決して珍しいものでもなく、わりと普通のことかも。

本業は、会社に行って上司がいたり、いろいろ取引先やお客さんがいたりと常に「人に絡む」仕事が多いのはよくあること。

だからこそ「副業くらいは自分のペースでやりたい」と思うのはきっと多くの人が思うことなんだよね。

おしえてくん
副業はできれば自宅でやりたい派…
おしえるちゃん

これよく聞く話ね。

スポンサーリンク

人に関わらない副業はどんなものがある?

虫眼鏡で調べるイメージ
まず、とりあえず「人と関わらない副業」をネットで検索してみると…
出てくるのは例えば、
・プログラマー
・警備員
・清掃業
・クラウドソーシング
・新聞配達
などの仕事…。
ん、これって一人での作業があるだけで普通に仕事だし、思いっきり「雇用側」がいてルールとか面接とかの何ら評価も付きまとうし、お客の注文に応えるのが必要だよね。そして「副業」というよりもがっつり仕事なイメージ。
おしえてくん
うん、ちょっと「一人作業」って感じではないな…
おしえるちゃん
となると、どんな仕事が「人と関わらない」かと言うと…

【結論】人と関わらない副業No1は「ブログ」

ブログを楽しむ女性

どれぐらい稼げるかはあとで説明するとして…

「人に関わらない副業」のナンバーワンはやっぱり「ブログ」。

おしえてくん
王道っちゃ王道だね、ブログか…
おしえるちゃん

パソコンだけで出来てしまうのが強み。

書くだけならスマホだけでもOKだしね。

スポンサーリンク

副業ブログのメリット・デメリットは?

メリットとデメリットの天秤

本サイトでは「人に関わらない副業」のナンバーワンを「ブログ」にしているけど、

その理由をまず「メリット・デメリット」で説明していくね。

おしえるちゃん
まずは「メリット」からね。
スポンサーリンク

メリット①「費用」がリーズナブル

お財布のイラスト

株やFXのように一定の資金力が必要なわけでなく、物販やせどりのように仕入れが必要なわけでもない。

ブログでお金がかかるのは、

  1. ドメイン費用(毎「年」約1,000円)
  2. サーバー費用(毎「月」約1,000円)

この2つ。これらはオンライン決済が可能なので、誰かとやり取りも発生しない。

しかもドメイン費用は「永年無料」になるサービスを活用し、サーバー費用も月額700〜800円程度に抑えられる方法があるので「副業ブログの「安く・早く・簡単な」始め方。サーバーやドメインも解決。」をチェックしてみてね。

メリット②「調査」を一人で出来る

スマホで調査するイメージ

そして「ブログ」についてちょっと調べようと思ったとき。

ブログはパソコン1台で全ての情報が手に入るよ。

セミナーに行く必要もないし、何か教材を買う必要もなし。

WEB上にはさまざまなブロガーがブログのノウハウを記事にしていたり、YouTubeで語っている人も。

最初の一歩から、人と絡まずに自分のペースで情報収集できるんだ。

どんな題材でブログをやるか、その戦略については「ブログのテーマの決め方は?レッドオーシャンの「穴場」を狙おう。」をチェック。

メリット③「開設」を一人で出来る

ブログ開設をする女性

情報を集めたら、次は実際にブログを開設しよう。

この開設も、全てパソコン1台でOK。

ドメインやサーバーの契約って聞くとちょっと難しい感じもするかもだけど、こういったサービスもWEB上でオンライン化されているので、申し込みも設定も一人で完結可能だよ。

安くて早くてカンタンな設定方法は「副業ブログの「安く・早く・簡単な」始め方。サーバーやドメインも解決。」をチェック。

メリット④「ASP登録」も一人で出来る

ブログで稼ぐための最重要プロセスのひとつとして「ASP(アフィリエイト会社)に登録する」というのがあるけど、それも簡単に一人でできちゃう。お小遣い稼ぎのセルフバックをする際も活用できてお得だよ。

おしえるちゃん
下記の主要ASPは必ず登録しておこうね。

メリット⑤「設計」も一人で出来る

WEB制作の書類のイメージ

ブログの開設を終えたら「設計」に入るよ。

いきなり執筆するとあとあと後悔したり検索順位にも上がってこないブログになってしまうから、要注意。

ブログの勝負はこの「初期設計」で決まると言っても過言ではないほど大事。もちろん、この設計もパソコン1台で完結。

ここはとっても重要なフェーズだから「SEO対策の基礎と準備。アフィリエイト連携で副業ブログで稼ぐ。」を見て、稼げるブログの下地をしっかり作っておこうね。

初期設計は後回しにすると後で修正しにくいことばかりのなので、必ず最初にやっておこう。

メリット⑥「執筆」も一人で出来る

パソコンをする男性

そしていよいよ記事の執筆へ。

もちろんこれもコツコツ一人で書き続けるのみ。WEBライティングのスキルを書きながら養っていこうね。

「お客さん」は読み手になるユーザーだけれども、こちらから一方的に気を使って良い記事を書くのみで、ユーザーからこちらに絡んでくることはない。相当な人気ブログになればコメントや意見が出てくることはあるけど、その心配はまずしないで良し。

わからないことはWEB上のブロガーたちの記事を参考にしつつ、進めていくよ。

ブログを宣伝するため、SNSを使う場合は少しユーザーとの絡みがある場合もあるけど、それもまだ先の話。

おしえてくん
一人で出来ることがこんなに多いとは…
おしえるちゃん

わからないときは…

当サイトのカテゴリー「ブログを始める」の記事を全部チェックね。

メリット⑦「運営」も一人で出来る

気楽にブログを運営する女性

記事を書き溜めながら、SNSでシェアしたり過去記事をメンテナンスしたり。これも一人で出来る作業だよ。

ブログも有名になるまではSNSでシェアしても他者に絡まれることもないので、特に初期の1〜2年は気軽にやれる。

しかしもし、あなたやあなたのブログが著名になってきたら…そこで初めて「他者との接触(SNSでコメントや感想が出てくる)」は出てくるのでここは覚悟しておこうね。

メリット⑧「WEBマーケティング」の自主練習になる

検索順位上昇のイラスト

何から勉強していいか見当のつかない「WEBマーケティング」の練習が自然にできるよ。

誰かに教わるのはお金も時間もかかるけど、自分の肌で感じながらWEBでの集客を学んでいけるんだ。

例えば、広告と使って収益化していくGoogleアドセンスのノウハウ、マニアックな検索ワードでサイト訪問者を集める「ロングテールSEO対策」なんかも、実感しながら理解できるよ。

メリット⑨「WEBライティング」の勉強になる

マーケティングと同時に「WEBライティング」も勉強にもなる。

記事の書き方や構成を自分で調べながら手探りでやるのは、結果的に最も成長できる。

自分を少し追い込みながら、でもマイペースに成長できるよ。

関連記事:副業でWEBライティング。初心者向け解説と記事作成ノウハウも。

ブログよりもYouTube?

タブレットに映るYouTube

令和に入って「動画時代」となった今、旬なのは「YouTube」。

しかしYouTubeチャンネルで「コメント書き込みできません」と設定していると「閉鎖的」「他人の意見を聞こうとしない」という印象を持たれてしまうよね。

けれどブログなら、コメント機能をオフにしているブロガーも数多くいるので(コメントもらうならSNSでもらったほうが宣伝的にもいいので)読み手も違和感を持たない。つまりYouTubeよりも「人と関わらずに」運営できるのがブログなんだ。

また、YouTubeはカメラの購入やテロップを入れるアドビ・クリエイティブクラウドなどの編集ソフトも必要なのと、一度公開したものは編集ができないので一発勝負となる。しかし、ブログなら随時記事を編集し記事を成長させていくことが可能。

YouTubeもブログも「稼ぐ難しさ」は変わらない

お金のイラスト

収入で言えばYouTubeはチャンネル登録者1,000人で月収1,000円〜10,000円程度で、動画の再生回数が影響する。稼ぎにくい辛さは、最初は「月収入:数円、数百円」のブログと変わらないよ。

ブログでもYouTubeでも、市場の成熟度もさることながら「自分はどっちのほうが向いてそうか、やってみたいか」という感覚は大事だよ。どっちがラクということはなく、どっちにしろ激戦区であることには変わりないので。

おしえるちゃん
自分の適性も大事ね。

とはいえ、ブログで稼ぐのは大変

悩むイラスト

これまで「人と関わらない副業」としてブログの利点を見てきたけど、デメリットもあるので注意しよう。

なんと言っても「ブログの3大デメリット」はこちら。

デメリット①「1円でも稼ぐのが超大変」

落胆する女性

ブログで「月間100万円!」という個人事業主で開業するようなブロガーさんもたまにいるけど、それはあくまで一握り。そしてその金額も毎月稼げているとは限らない。

実際にブログで稼ぐのは1年かけても「月商千円」「月商1万円」いけばいい方。さらにそこから努力するとやっと光が見えてくる程度…。

1ヶ月の半分以上を執筆に費やして収入が数十円、数百円という状況にまず耐えられるか、というかそこまでブログに費やす時間を確保できるか…。

ブログを始める際は「まずは月商千円」「まずは月商1万円」を目指してやるのが良いよ(それでも超大変)。

デメリット②「Googleのさじ加減」

Google検索をするイメージ

ブログを「Google検索」「Yahoo JAPAN検索」で上位に表示させることは副業ブログで稼ぐの必須な条件。

しかし、その順位は全て「Google」が決めているんだ。(2020年現在Yahoo JAPANの検索順位もGoogleの検索エンジンが採用されている)

しかも「どうやってGoogleが順位を決めているのかわからない」というブラックボックス状態がデフォルト。

世のSEOコンサルタントも「きっとこうなんじゃないか」という”予想”でSEO対策のコツを発信しているだけなんだ。

また、3ヶ月に1回ほど「検索順位決定のルール改変(アルゴリズムのアップデート)」が行われるため。それまで上位に上がっていた記事があっても、ある日突然100位圏外にすっ飛ばされるということもあるある。

コツコツ積み上げてきた記事を、Googleからの予告もなく基準もわからずに闇に葬られるというのがブログ。これを副業として位置づけるのかどうか、取り組む前に検討が必要だよ。

当サイトでは、絶対の保障はできないけれど「なるべくGoogleさんに嫌われないサイトづくり」と「ちょっと稼ぐための下準備」を紹介しているよ。気になる人は「SEO対策の基礎と準備。アフィリエイト連携で副業ブログで稼ぐ。」をチェックね。

おしえてくん
どんなに頑張ってもGoogleさんのご機嫌ひとつなのか…

デメリット③「検索結果に表示されるまでのタイムラグ」

時計のイラスト

ブログやサイトを公開しても、すぐに検索結果に表示されるわけではないのも悩みどころ。

サイトがまだ新しい場合は特に、記事を公開しても3ヶ月〜6ヶ月は待たないと100位以内にも入ってこないんだ。

検索結果に反映されるまでに出来ることは「Google サーチコンソール」からサイトマップを送信し、Googleに記事の存在を認識してもらうこと。

また、他サイトからリンクを貼ってもらうのも有効だけど、出来たてで検索結果にも表示されない記事はなかなか他サイトからリンクなどしてもらえない。むしろ、出来たてのサイトに急にたくさんのリンクがつくのは不自然で、無理やり他サイトからリンクを貼ってもらっても評価の対象にならないか、最悪の場合ペナルティ(検索結果にいつまでも出てこない)になる可能性も。

そこで、twitterやフェイスブック等のSNSで記事をシェアし宣伝するといった手法を取ることになるのが初期にやること。もちろん、これでもユーザーの目に止まることは結構難しい。

いずれにしろ「記事を書いたら少しは誰かに見てもらえるはず」という予想は甘いので、ブログを一定数見てもらえるまでに時間がかかる覚悟が必要だよ。

当サイトも公開2ヶ月半で始まったばかり

当サイト管理人「たず」のイラスト サイト3つを運営する
当サイト管理人「たず」

ボク自身は「3つ」WEBサイトを運営していて、このサイト以外の2つのサイトは収益化できています。特にそのなかの1つは公開7年が経過し、Googleにも多くのページが認められ検索上位に掲出しておりとても調子が良いです。

しかし、出来たての当サイトはこれを書いている時点で「リリース2ヶ月半で55記事」程度。他ページも含めるとGoogleインデックスは90ページほどされていますが、収益化のスタートラインにさえも立っていません。お情けで入る数十円というのが実情です。少しづつ収益化してくるのは1年後以降にすこーしづつと見ているので、あと10ヶ月は副業とはいえタダ働きとなると。もちろん、ブログを始める前からこの状態は折り込み済です。これ単にお金が欲しいなら別にコンビニでバイトしたほうが稼げるわけです。

しかし、自分で当ブログのテーマを「20〜30代の方のキャリアアップの手助け」にしていて誰かの役に立ちたいということ、なおかつ当サイトで記事化する題材「転職・フリーランス・起業・副業」は全て自分の本業(WEB制作・教育事業)に活かせる題材にしているので、収益が出る前でも自分にとっては有益な資産・勉強になっているという利点があります。

もしこのブログがお金儲けのためだけのサイトで「自分の本業と全然関係ない、ダイエットや脱毛のアフィリエイトサイト」だったら……記事をたくさん書いても自分の人生には関係ないわけで、収益が出るまでの間も本業との相乗効果もなく、ずっと無駄な時間になります(ダイエットや脱毛のサイトが悪いという意味でなくボク個人にとっての話です)。そして、記事を書くだけ書いても収益に結びつかない場合は、目も当てられません。

このあたりの「ブログの題材は何がいいのか?」については「サラリーマンのおすすめ副業は「本業関連」?会社員の副業思考法とは?」にて詳しく書いているのでどうぞ。

噂で聞く「ブログは毎日更新が鉄則」なの?


答えはNOだよ。

毎日更新してもGoogleの順位が上がるわけではないので注意。あくまで「記事の質」に重点をおこうね。詳しくは「SEO対策の基礎と準備。アフィリエイト連携で副業ブログで稼ぐ。」をチェック。

ブログも人とは関わっている

人とのつながり

気をつけたいところは、一見自由なブログでも「実は人とは関わっている」ということ。

あなたが書いた記事は誰か「人」が読むわけで、その読み手は「お客さん」。

もしブログの人気が出れば第三者の読み手も増えていき、時にはアンチも出てきて、時にはASP(アフィリエイト企業の担当者)の人もブログの担当になってくれ優良案件や優位な条件を広告主から持ってきてくれることも。

こういった面では後々、ブログも人とのつながりは出てくることは知っておこうね。いつかはポジティブな人とのつながりができるよう、最初の段階から独りよがりの記事にならないよう、常にユーザー(読み手=お客さん)を意識して制作していこう。

しかし、副業のなかでも、

  • 人と直接関わらない
  • 始めるのに面接もないし書類審査もない
  • 履歴書も職務経歴書もいらない
  • 上司も部下もいない
  • 初期設定から実際の運用まで人付き合いが発生しない
  • 費用をリーズナブルで済ませられる
  • 自宅やカフェでできる
  • スマホでも作業可能
  • 動画のように特別な機材(カメラ、ソフト、照明等)もいらない

以上がブログの特長ってことになるよ。

おしえるちゃん
手軽だけど、お客さんあってのブログね。

副業も「本業」である

頑張るサラリーマンのイラスト

「気楽に副業をやりたい…」

という気持ちは持ちつつも、大事なのは「副業こそ本業かそれ以上のパワーでやらないと稼げない」ってことなんだ。

別記事で「副業の決め方「3ステップ」とは?種類とおすすめから業種を決定しよう。」でもここに詳しく触れているので覚えておいてね。

あなたがこれからやる副業も、本業と同じく「サービスを期待するお客さんがいる」ってこと。なので「副業だからちょっと手抜き」とかやっているとライバルに負けて稼げなくなっちゃうので注意。

【結論】人と関わらない副業ナンバーワンは「ブログ」

人差し指を突き上げる女性

と、いうわけで今回の結論は『人と関わらない副業ナンバーワンは「ブログ」』だったよ。

「ブログはオワコン」という話もあったり「いやまだまだロングテールなSEO対策などやれば勝てる」などいろいろな噂やツイートを見るよね。

ただし「人と関わらない」という観点から見ると、ブログはその条件を満たす副業であるのは確か。あとは根性を持って無収入の数ヶ月、1年間など耐えられるかどうか…。

もしブログを始める場合は、月額何十万を狙うでなく「まず1,000円」を1年ほどかけて狙うのが良いよ。コツコツ、確実にクリアできる目標からだんだんステージを上げていこうね。

おしえるちゃん
ブログは「初期設計」と「質」が命だよ。
スポンサーリンク