初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

副業でWEBライティング。初心者向け解説と記事作成ノウハウも。

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • WEBライティングって副業にどうなの…?
  • WEBライティングのメリット・デメリットは…?
  • WEBライティングのやり方を知りたい…

【結論】おすすめの副業は「WEBライティング」

WEBライティングする女性このIT・WEB時代においてのオススメ副業スキルは「WEBライティング」。

初期投資も必要なく、かかったとしても自分のブログの開設費用程度。

単純作業でなく、時代のスキルであるためキャリアアップの武器にもなるスキルなんだ。

また、新型コロナウイルスのような事態においても外出せず仕事できる点も利便性高い。

「プログラミングで稼げれば最高だけど、技術もないし習うのもお金かかるし、いまから勉強しても稼げるまでに相当時間かかるだろうし…」

と、パソコンでの副業や自宅で稼ぐことを諦めていた人は、この「WEBライティング」に注目してほしいところ。

スポンサーリンク

WEBライティングって何?

考える女性

そもそも「WEBライティング」とは…?

それは「インターネット上のブログやホームページに記事や原稿を書く」こと。

WEBライティングは小説や作文、論文とは異なり、

  • せっかちなネットユーザーから好まれる構成で、
  • Googleという検索エンジンからも高評価を受けられる。

という、ちょっとだけ特別なスキルが必要なライティング技術のことだよ。

①WEBライティングの「メリット」は?

マルのイラスト

副業視点のWEBライティングのメリット・特長としては、

  1. 特別な資格が必要なく、
  2. ソフトの購入も求められず、
  3. 将来にも重宝するスキル。

ということ。

おしえてくん
おお〜三拍子そろっている…!!
おしえるちゃん
さらに…
  1. インターネット時代に「テキスト」は不可欠
  2. どのサイトにも広告にも「文字」は必要
  3. ゆえに企業は優秀なライターを常に求めている

WEB上のテキストとは、テレビでいうところの音声。

わかりやすく、人の心に刺さるように商品説明を書くのは「セールスライティング」とも言われる。

WEBライティングのスキルはこのIT・WEB時代に必須のスキルであり、プログラミングやデザインと並ぶ立派な技術のため「自分の資産」としておける価値もある。

しかも、パソコンやスマホがあれば場所を選ばずに仕事ができてしまうよ。

おしえるちゃん

もちろん、デメリットあるから注意ね。

デメリットは…

スポンサーリンク

②WEBライティングの「デメリット」は?

バツのイラスト

反対に、副業視点のWEBライティングのデメリットとしては、

  1. 仕事の単価がとても低い
  2. 実は専門技術である
  3. 下手だと支払いされないことも

以上の3点があるんだ。

特にギャランティーはピンきりで、特に駆け出しの頃は「1文字0.1円」「1記事100円、500円」などもざら。そのうえで「実は専門技術」なので、当記事で紹介する基本要素はきちんと知っている必要があるんだ。

おしえてくん
「実は専門技術」か…
おしえるちゃん
WEBライティングは「字が書ければOK」というわけではないの。
スポンサーリンク

WEBのルールやSEOに配慮したライティングスキルが必要

SEOとパソコン

WEBライティングは「字が書ければOK」というわけではなく、

大原則として、

  1. 「ユーザー」が読みやすく、
  2. 「Google」から評価され、
  3. 「競合」よりも優れた文章。

以上が必要になってくるんだ。

おしえてくん
うわ…やっぱライティングも無理そうだな…
おしえるちゃん

ライティングは「仕事しながら」学ぶのが最も上達するけど、

最低限の基本ルールを知っておいて、

WEBライティングに挑戦しようね。

WEBライティング基本ルールを覚えよう

パソコンでライティングしている人

自分でブログをやる際はもちろん、仕事でWEBのライティングをやる際に最低限知っておくことを解説していくよ。

大きなポイントは先ほど説明した3つ。

  1. 「ユーザー」が読みやすく、
  2. 「Google」から評価され、
  3. 「競合」よりも優れた文章。
おしえるちゃん

この3つはマーケティングの基礎であり、

SEOの基本でもあるの。

ひとつづつ解説していくね。

ユーザーが読みやすい構成

スマホで記事を読む人

WEBライティングで忘れてはならない第一の存在が読み手である「ユーザー」。

あなたが普段WEBで記事を読む時に「最後まで読んでしまう記事」と「途中でやめてしまう記事」があるように、自分が書き手になったときに「ユーザーが読みやすい構成」にする必要があるんだ。

この文章構成は大きく分けて「2つのタイプ」があるのを知っておこうね。

WEBライティング文章構成①「SDS法」

鉛筆のマーク

まず最初は「SDS法」から。

これは英語の頭文字をとっている言葉で、以下を表しているよ。

  • S:Summary(概要)
  • D:Details(詳細)
  • S:Summary(結論)
おしえるちゃん

SDS法はシンプルで、

文章の書き方として王道だよ。

SDS法の例は…こんな感じ。

  • S(概要):本日はなぜ睡眠が大事かお話します。
  • D(詳細):こんな効果やこんな影響があるからです。
  • S(概要):以上の理由から睡眠がとても大事だというお話をさせていただきました。

注意のマーク

WEBライティングは読書感想文や作文とはちがうので、ちょっと注意ね。

つまり「起・承・転・結」で書く媒体ではないってこと。

WEBメディアで記事を読むユーザーは「早く結論が知りたく」「せっかち」であることを覚えておこう。そのため、WEBでのライティングは上記の「SDS法」や次に紹介する「PREP法」のように冒頭に結論を持ってきて伝える必要があるんだ。

例えるならWEB上の記事は「プレゼン」と同じ。読者にプレゼンテーションしている意識を持って、簡潔で詳細でわかりやすい文章を目指そうね。

WEBライティング文章構成②「PREP法」

鉛筆のマーク

そして次は「PREP法」。

こちらの英語の頭文字をとっているよ。

  • Point:要点・結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:要点・結論
おしえてくん
さっきより少し細かいね。

PREP法の例は…こんな感じ。

  • P(結論):本日は睡眠に最適な枕をご紹介します。
  • R(理由):なぜなら枕は快適な睡眠に欠かせないからです。
  • E(事例):例えば枕にはこんな効果や事例があるんです。
  • P(結論):以上の理由でこの枕をオススメいたします。
おしえるちゃん
こちらも論理立てて「読者にプレゼン」する意識ね。

Google検索エンジンから評価される設計

Google検索のイメージ

WEB上の記事を評価する大きなひとつの存在が「Google」。

Googleはロボットを使って世界中のサイトは毎日評価付けして検索順位に反映しているので、Googleのロボット(クローラーと言う)が理解しやすい設計をする必要があるんだよ。

これは「SEO対策」にも直結する考えなので、基本ルールを知っておこうね。

①SEOの対策ワードを決める

Google検索画面

WEBライティングの仕事をする場合、すでに発注者からSEOの対策キーワードを提供されることも多いよ。

もしライティングとは別に「SEO対策の仕事」も同時発注された場合は(この2つは別々に料金をもらうべきボリュームの仕事なのでSEOは無償で受けてはだめ)、自分でSEOキーワードを調査・選定し戦法に提案しよう。

SEOのキーワード選定については「ロングテール戦略でSEO対策。逆パレートの法則で検索上位へ。」をチェック。

②タイトルにSEO対策ワードを入れて30文字に収める

スマホで検索する人

決定したSEO対策のキーワードを元に「記事のタイトル」を決めよう。

記事のタイトルはSEO上でも最も大事な要素のひとつ。

検索結果にも最も大きく表示されるので、文字が途中で途切れたり、途切れるとしても、SEO対策ワードをタイトル冒頭や前半に持ってくること。

そしてタイトルの文字数は30文字以内がベスト。オーバーしても32文字まで。

そうすることでGoogleの検索エンジンに「このキーワードで検索順位を上げたいんです」「このキーワードを主題に書いている記事なんです」を伝えることができるよ。

③h1・h2・h3・h4を配置

段落のチェック表

WEBの記事にはタイトルの他に「h1・h2・h3・h4」という要素があるんだ。

これは言ってしまえば「段落」のこと。

  • h1:タイトルと同じ内容で設定することが多い。「タイトル≒h1」。ワードプレスのテンプレートやプラグインでは「タイトル=h1」という設定になっている。
  • h2:文章内の最も大きな段落
  • h3:h2よりも詳細
  • h4:h3よりもさらに詳細
おしえるちゃん
下記のサンプル画像を見て、タイトルからh4までの位置関係を把握してね。
タイトル・h2・h3・h4を配置の設計

上記画像はあくまで当サイトのテンプレートを使用したものなので、サイトによって色やデザインは変更できるよ。

タイトル(≒ h1)にはSEO対策のメインキーワードを入れるけど、

h2・h3・h4には関連語句である共起語を入れていくんだ。

共起語とはSEOのメイン対策ワードに関連する、よく検索で使われているワード。共起語ツールを使ってh2・h3・h4に入れていくキーワードを決定しよう。

ここまでの手順で文章の「構成」「段落」が完成するので、あとは段落に沿って文章を書いていくだけだよ。

④記事を書く

パソコンで文章を書く人
これまでに見てきた「SDS法」「PREP法」そして「タイトルやh2・h3・h4」を固めてから文章を書くと、内容が途中でブレたりせず、ユーザーにもGoogleロボットにも記事の意図が伝わりやすい文章が書けるよ。

そして、文章の書き方には迷ったたり行き詰まりぞうになったら。

競合サイトの文章を研究し、それを自分の記事だとどう表現できるかを考える。パクリはダメだよ。パクったり、似たような文章になるとGoogleからの評価も落ちるので検索にはいつまでたっても上がってこないので。

おしえるちゃん

ここでちょっと冒頭のまとめを復習。

この3つが大事なのね。

  1. 「ユーザー」が読みやすく、
  2. 「Google」から評価され、
  3. 「競合」よりも優れた文章。

④ディスクリプションを書く

記事が書けたら、検索結果にも表示される「ディスクリプション」を書こうね。

ライティング仕事ではディスクリプションまで求められないことがあるけど「SEO的にディスクリプションも作っておきました」なんて提案できるとクライアントに喜んでもらえるかも。


ディスクリプションは文字数も120文字程度で「文章の要約」になるので、記事を書いたあとなら割とラクに作成できるよ。ここで注意なのは2点。

  • 「SEOのキーワード」を入れ込む
  • 「ユーザーがクリックしたくなる誘いの文章」になっているか
おしえてくん
なるほど意外と重要なのね…

⑤内部リンク・外部リンクを貼る

リンクが繋がるイメージ

記事を書き終わったら、

同サイト内の他のページに、

  • 内部リンクを貼れないか
  • 内部リンクを貼ってもらえるか

をチェックしよう。関係し合う、関連記事同士の内部リンクはSEO効果もあるしユーザーにも便利なので良き。

さらに、内部リンクを貼り終わったら、

外部のオーソリティ(専門性の高い)サイトにリンクを貼るべきかを検討しよう。こちらから外部のサイトにリンクをたくさん貼る必要はないけれど、記事の構成上「ここで専門性の高いサイトのリンクがあるとユーザーには便利だし、Googleにも記事も信憑性を上げているアピールにもなるな」ということなら採用。

オーソリティ(専門性の高い)サイトとは「Wikipedia」や「公共性の高いサイト(省庁、市などの地方自治体サイト、大学のサイトや研究論文)のことだよ。

コツコツと実践で実績を積み上げる

当サイト管理人「たず」のイラスト プロのWEBライターでもある
当サイト管理人「たず」

ライターはプログラマーに比べるとほんとギャラが安いです。市場も低価格化が進んでいるので、なかなか良い案件がない。

しかし、まずは低価格でやってみて「短時間で上質な記事を書ける」ようになること。この「短時間」が何気にポイント。なぜなら早く書ければ単価が安くても時間あたりの給与は上がるからです。

反対に、長くダラダラ時間をかければかけるほど、自分の時給は激安になっていきます。

初期の段階から「早く、そして上質な記事を書けるように」意識していきましょう。そのうち「お得意さん」のお客さんができて、そのあたりからだんだん単価交渉もできるようになります。

だんだん、新たな得意先では高めの価格で引き受けるなど、自分のギャラを上げることも忘れずに。

WEBライティングを練習&仕事を探そう

ここまでで大体書き方がわかったら、

  1. 自分でブログを作って練習して
  2. 慣れてきたら仕事に挑戦する

この流れでWEBライティングに挑戦していこう。

①WEBライティングの練習は?

BLOGのアイコン

自分でブログを作って、最低でも20本は書いておきたいところ。

1記事の質に注力し、さらに最低1記事2,000文字は書く。

書きながらSEO設計したり、タイトルやh2〜4タグの設置するなどして慣れていこう。

ブログの安くて早くて簡単な作り方は「副業ブログの「安く・早く・簡単な」始め方。サーバーやドメインも解決。」をチェックしてね。
稼ぐためのブログのSEO設定は「SEO対策の基礎と準備。アフィリエイト連携で副業ブログで稼ぐ。」で記事にしているよ。
ブログのテーマ(主題)の決め方は「ブログのテーマの決め方は?レッドオーシャンの「穴場」を狙おう。」をチェック。
おしえるちゃん
この4記事は要チェックね。

②WEBライティングの仕事はどこで探す?

仕事を探すイメージ
WEBライティングの仕事を探すのは下記のサイトが有名だよ。

ココナラ

ランサーズ

クラウドワークス

サグワークス

おしえてくん
緊張するけどやってみるか…
おしえるちゃん

まずはアカウント作って、

どんなライティング案件があるか自分で見てみようね。

冒頭でも紹介した通り、WEBライティングの仕事のギャラは特に最初びっくりするほど安いので注意。しかし、本記事で紹介したSEOや構成の知識を持って付加価値の高いを仕事をすると、報酬額を上げていくことができるので、まずは「お金より経験」を積み上げて、だんだんと逆転させていこうね。

ライティングにも「UI/UX」感覚を

UI/UXの設計図のイメージ

昨今デザインやプログラミングの世界では当たり前の言葉となった「UI」と「UX」。

簡単に言うと、以下のとおり。

UIとは?

ユーザーインターフェイス。サービスやWEBサイトの見た目。目に見える範囲の接点。

UXとは?

ユーザーエクスペリエンス。サービスやWEBサイトによって得られる体験。価値。

おしえるちゃん

ライティングにもこの「UI/UX」のセンスは必須なの。

改行などの見た目の読みやすさ(UI)と、

その記事により得られる価値・体験(UX)を意識してね。

【結論】おすすめの副業は「WEBライティング」

と、いうわけで今回の結論は『オススメの副業は「WEBライティング」』だったよ。

副業に迷ったとき「時間・場所・お金」に縛られてしまう場合は、どこでも仕事ができて用意に費用もかからないWEBライティングがまずはオススメだよ。

おしえるちゃん

副業で稼ぎながら、

時代のスキルを身に着けちゃおね。

スポンサーリンク