初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

「ドメイン名」の決め方は?調査方法や取得費用は?無料の裏技も。

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • ドメインってどう決めるの…?
  • ドメインってどこで買うの…?
  • 取得とか登録とか無料で済ませたい…

【結論】「ドメイン決めは慎重に」

ブログをやろうと思ったり、会社設立とか個人事業主で開業する際に「WEBサイトを作ろう」となったとき。

コンセプトやデザインはもちろん大事だけど…

そもそもサイトは「ドメイン」と「サーバー」そして代表的なところだと「ワードプレス」がないとサイトは作れないんだ。

今回の結論は『ドメイン決めは慎重に』。

勢いで付けずにまずはノウハウを学んでいこう。

おしえるちゃん
今回は「ドメイン」にスポットを当てるよ。
スポンサーリンク

そもそもドメインってナニ?

まず「ドメインって何?」ということこだけど。

例えばiPhoneのアップル社で言うと、URLは以下。

https://www.apple.com/

この上記のなかの

https://www.apple.com/

この赤文字の部分のことだよ。

おしえるちゃん

ソニーなら「sony.com」とか、楽天なら「rakuten.co.jp」とかね。

ドメインは「世界でひとつ」

覚えておきたいのは、ドメインの取得は「早いもの勝ち」ってこと。

ドメインって世界にひとつしかないものなの。

だから、自分の社名やサービス名にぴったりなドメインがあった場合…

すぐに購入しておく必要があるよ。

ドメインは「英語」で取得しよう
注意のイラスト

一時期、そして今でも「日本語ドメイン」というのは販売されているけどやめておこうね。

日本語ドメインっていうのは例えば「アップル.com」というもの。

一見、日本人にはわかりやすいけど、これは無数の英語で作成されていて実際は「https://654%6&t4nch%4$9dmmcjn97h4dgs6%h4o.com/」のようなぐちゃぐちゃの文字の羅列になっているんだ。

メールアドレスもこの文字列になってしまうし、日本語ドメインは使えないサーバーもある。

日本語ドメインはやめて「apple.com」というような半角英単語で取得しよう。

スポンサーリンク

ドメインってどうやって決めるの?

おしえてくん
ドメイン決めるのに、何を理解しておけばいいのかな?
おしえるちゃん

まずは「ドメインの構造」ね。

〜ドメインの構造を知ろう〜

WEBサイトのイラスト

ドメインは「2つの要素」で成り立っているよ。

◯◯◯.com
◯◯◯.co.jp

こういったドメインの

① .com.co.jpという「ドメイン末尾」

② ◯◯◯という「オリジナル部分」

上記の①②の要素がドメインなんだ。

 

スポンサーリンク

ドメイン末尾にはどんな種類があるの?

おしえるちゃん
まずはドメイン末尾の「co.jpや.com」から解説していくね。

「co.jp」ドメイン

これは会社の顔となるコーポレートサイトに使うことが多いよ。「co.jp」ドメインは原則「一法人ひとつ」と決められているよ。

「.com」や「.net」ドメイン
これはサービスサイトやブログに使用されることが多いよ。
「.jp」ドメイン
これは日本に住んでいる人しか取得できないので「日本」「メイドインジャパン」を訴求したいときはありだね。
おしえてくん
ドットコムとかドットネットとかあるけど、何を使うといいの?
おしえるちゃん

ぶっちぎりで「.com」ね。

サービスやブログなど、最も有名で安心感あるドメインだよ。

次に「.net」ね。世界中の有名なサービスで使用されているから。

 

GAFA(Google/Apple/Amazon/Facebook)を始め、世界の名だたる企業は「.com」。間違いないドメイン末尾だよ。

調べるイメージのイラスト


  • グーグル:google.com
  • アマゾン:amazon.com
  • フェイスブック:facebook.com
  • アップル:apple.com

各会社は日本法人や日本でのサービスサイトはドメイン末尾を「co.jp」にしているね。

.com」や「.net」の語源ってなんだろう?

パソコンのイラスト


  • .com」コマーシャル(commercial
  • .net」ネットワーク(network
  • .org」オーガニゼーション(organization

最も有名で抑えておきたいのは「.com 」ついでIT系にも多い「.net」。

.org」も有名だけど元来の意味は「オーガニゼーション:非営利団体」を対象にしていたもの。

しかし現在は営利団体も使用しているので問題があるわけではないよ。

ドメインほんとにあった話

当サイト管理人「たず」のイラスト 当サイト管理人「たず」の体験談

「.xyz」のドメインは、過去フェイスブックに投稿できないケースも実際にありました、

友人のサイトをシェアしようとしたら「.xyz」ドメインでは「怪しいサイトの可能性がある」とかなんとかの警告がFacebook上で出てしまい…。

ドメイン販売では日本一の『お名前.com』ではよく「ドメインのセール」をやっているけど、初年度が安いだけで次年度以降は他のドメインと対して値段も変わらなかったりもするので値段に釣られないようにすると安全です。

また、ドメインは複数年契約しても単年契約しても毎年かかる値段は同じ。

なので、購入時も最初は1年契約で十分。更新期限の3ヶ月ほど前からたっくさんお知らせメールがくるので大丈夫です。

ドメインの名前の決め方は?

そしたら次は、ドメイン「◯◯◯.co.jp」や「◯◯◯.com」などの「◯◯◯」のところ。

このオリジナル部分の考え方も知っておこうね。

おしえるちゃん

Googleが「最適なドメインの決め方」を出してくれているから、それをギュッーっとまとめるよ。

ドメインの決め方「3つのポイント」

注意のイラスト

①短いこと
短いと入力しやすいため「2語」くらいにとどめよう。

②わかりやすいこと
一発で覚えられるものにしよう。

③ブランド名や商品名や地域を入れる
ドメイン名=ブランド名=ウェブサイト名、というように一貫して同じにする。

例)「おしえてキャリア」=「oshiete-career.com」

希望のドメインが取れなくてもあきらめない

おしえてくん
いい感じのドメインって、だいたい取られてんだよな…
おしえるちゃん

そうね。

しかし「アイディア勝負」よね。

例えばあなたが「宇宙ドットコム」というサイトを作ろうと思ったとき。

しかし「uchu.com」のドメインはもう取られていたと…。

その場合の考え方や調査方法は例えば…


英語で訳す
宇宙を「space」「universe」「cosmos」などから考える

ハイフンを入れる
「u-chu」「uni-verse」

類義語から連想
「宇宙 類義語」などでネット検索し、関連語句から考える

略語から連想
「utu(宇宙)」「unvs(ユニバース)」で調べてみる

記号・数字から連想
宇宙=無限=メビウスの輪「∞」から「uchu00」「universe00」とする
こういったさまざまな着想から「わかりやすくて覚えやすいオリジナルドメイン」を考案しようね。

ドメインはメールアドレスにも反映されるよ

決定したドメインはWEBサイトのURLに使われるだけでなく、そのサイトの「メールアドレス」にも使われるのを覚えておこうね。

例えば…「http://www.〇〇〇.com」というドメインだと…

名刺のイラスト

「高橋(takahashi)さん」という方のメールアドレスは、

takahashi@〇〇〇.com

となるよ。

おしえるちゃん
つまり、あんまりドメインが長かったり複雑だったりすると、メールアドレスもすごいことになってしまうので注意が必要ね。

ドメインは「お名前.com」がいい?

おしえてくん
ドメインってどこで売ってんの?
おしえるちゃん

最もメジャーなのは、日本国内シェア87.1%の『お名前.com』ね。

トップページからいきなり探せるようになっているよ。こんな感じ。

本記事の後半で「ドメインの調べ方・買い方」を説明するね。

「お名前.com」トップページの写真

キレッキレの「ConoHa WING」あらわる

おしえてくん
やっぱり「お名前.com」が一番良い方法?
おしえるちゃん

んー、実は今だったら「ConoHa WING(コノハウィング)」がベストね。

ここなら定期サーバー契約すれば、新規登録ドメインなら「ドメイン購入費無料」「毎年の更新費用」も無料なんだよね。

おしえてくん
ドメイン関係が永久無料ってマジか。。。
おしえるちゃん

他社からサーバー移管した場合も「移管費用無料」「ドメイン更新毎年無料」だよ。

キレッキレですわね。

「ConoHa WING」トップページの写真

ConoHa WING(コノハウィング)」は「中長期サーバー契約(WINGプラン)」をすると、ドメイン購入費が無料&毎年更新も無料。

WEBサイトをつくるとき、ブログを持ちたいときは必ず「サーバー」が必要になるので「サーバー&ドメイン購入は同じ会社でセット購入がお得」と覚えておくと、あとで後悔しないよ。

同じ会社だと管理もラクでめっちゃストレスフリー。

使うとわかるけど「ConoHa WING」は良い

当サイト管理人「たず」のイラスト 当サイト管理人「たず」のおすすめ

「ConoHa WING」というのは2018年に始まった新しいサービスだけど、運営は日本で一番有名な「お名前.com」をやっているGMO社さんなんですよね。

ボクもこの「コノハウィング」を使ってます。

サーバー36ヶ月で契約(月額760円)して、ドメインは購入費(1,280円)も毎年の更新費用(毎年かかる1,280円)も「永久無料」に。

質や値段ともに非常に良いサービスなので、気になる方は別記事『副業ブログの「安く・早く・簡単な」始め方。サーバーやドメインも解決。』もチェックしてみてくださいね。

「お名前.com」でのドメインの調べ方

おしえてくん
ドメイン、ちょっと調べてみたいな。
おしえるちゃん

うん、あせって買わずにまずは調べるだけが良いよ。

とりあえず、調べるだけなら「お名前.com」をいじるとグッド。

おしえてくん
アカウントとか作る必要ある?
おしえるちゃん
ないよ、大丈夫。
トップページからいきなり探せるようになっているよ。こんな感じ。使い方を説明するね。
「お名前.com」トップページの写真

①まずは「お名前.com」トップページへ

おしえるちゃん

「調べる」だけなら無料だからやってみようね。

お名前.com」のトップページの空欄「取得希望の文字列を入力」という箇所。

ここに例えば今回は「car」と入れてみたよ。

「お名前.com」の検索機能の写真
おしえるちゃん
そして「検索」を押すと、次の画面に。

②購入可能ドメインを確認

「お名前.com」のドメイン調査結果の写真
おしえるちゃん
こんなふうに「買えるドメイン」「買えないドメイン」を教えてくれるんだ。

メールマークとPマーク

ドメインを調査していくと「メールのマーク」や「Pのマーク」があって一応そこも選べるようにはなっているよ。けどそれらは基本的に「買えない」と思っておくといいよ。

  • メールのマーク:現在の所有者が手放したら連絡します
  • Pのマーク:非常に高価な値段のドメインです

という意味なんだ。

③複数のドメインをチェック

おしえるちゃん

希望のドメインがない場合、

下の画像のように、赤矢印の箇所に希望の候補を複数入力して「検索」をクリック。

すると他の候補で買えるドメインをチェックできるんだ。

「お名前.com」の機能:追加でドメイン調査できる見本写真

おしえてくん
複数を見比べながら探せんのね。

③料金の確認へ進む

おしえるちゃん

目星をつけたら緑のボタン「料金確認へ進む」(スマートフォンだと「次に進む」)を押して値段を見てみようね。

クリックしても購入ではないから安心してね。

料金確認ボタンの見本

④値段は「複数年」でも確認する

おしえるちゃん

するとこんなふうに「1年契約の場合」の値段を教えてくれるんだよ。

試しに、下記を選択してみたよ。

・car-racing.net(空いていたドメイン)

・car.com(メールのマークだったドメイン)

・car.site(Pマークだったドメイン)

お申し込み内容の写真
おしえてくん
プレミアムドメインは地雷だなこりゃ。
上記の結果の解説
  • car-racing.net(空いていたドメイン)
    →値段もリーズナブルで購入できる。
  • car.com(メールのマークだったドメイン)
    →誰かが所持しているので手放すの待ち(事実上取得できない)
  • car.site(Pマークだったドメイン)
    →プレミアムで高すぎてお話にならない

ドメイン取得費用の目安は?

お金のイラスト

目安としては「購入費用は1,000円前後」が無難。

毎年の更新費用も同額で「1,000円前後」くらいが一般的。

よく見る価格は「1,280円」なので、ここをマックスで見ておくと常識的な価格というところ。

おしえてくん

じゃあ、今回の場合は「.net」で決まりだね。

599円とかマジでやすい〜

おしえるちゃん

ところが〜

ここでちょっと待ってね。

ちゃんと「複数年でいくらになるか」を見るのがコツ。

初年度だけが安いことはよくあるのよ。

複数年の料金の調べ方:プルダウンメニュー
ドメインの値段チェックは”複数年”でチェック
注意のイラスト
初年度だけ安いことがよくあるので、注意。基本的に2年目以降は同じ値段にはなっているけど、心配な場合はそれ以降もチェックしておこうね。あとドメインって「複数年まとめ買いしても安いことはない」ので、特別な理由がないなら「まずは1年契約」で全然OK。「お名前.com」の場合は、更新期限の通知は更新3ヶ月ほど前からたっくさん(ほんとうにたくさん…)くるので大丈夫だよ。

⑤オプションはチェックせずにOK

おしえるちゃん

複数年でも値段が納得できたら…

オプションは何もチェックせずにOKだよ。

「お名前.com」のオプションメニュー

⑥もし買う場合は、初めての場合はアカウント作成し購入する

初めての場合は個人情報、クレジットカードを入力してまずはアカウント作成ね。すると購入できるんだ。

購入したドメインはあなたの「お名前.com」のアカウントに購入済みとして保存されるってこと。

これで誰も同じドメインは買えないよ。

おしえるちゃん

途中でオプションやオススメが出ても、スルーしてOK。

まずはドメインだけを抑えるのがコツ。

アカウント作成画面へのボタンの写真

ドメイン費用は各社で微妙にちがう

お金のイラスト

例えば「お名前.com」だと「初年度800円、次年度以降の更新費用が1,280円」といったかたちで「初年度だけ安い」ことはよくあるよ。キャンペーンなんかも多い。しかし受取拒否できない無数のメールがくる、管理画面がわかりにくいなどのマイナス点も。

このあと紹介する「ConoHa WING(コノハウィング)」だと「ドメイン取得も更新費用も1,280円、しかし新規サーバー契約者はドメイン取得も更新費用も無料」という太っ腹。

このように、各社一律では決してなく、会社によってちがうことを知っておこうね。

【裏ワザ】
ドメイン取得費用・更新費用が無料になる方法

おしえるちゃん

いま紹介した「お名前.com」さんと同じGMOさんがやっているサービスで。

ConoHa WING(コノハウィング)」さんがわりと最強なので紹介するね。

これはドメイン関連費用が無料になる裏ワザとも言えるテクニック。

「ConoHa WING」のロゴマーク

「ConoHa WING」の特長

ここの「独自無料ドメインサービス」が結構おトク。

サーバー定期プラン「WINGパック」(3ヶ月とか12ヶ月とか)を契約すれば…


  • 「新規ドメイン無料」「毎年のドメイン更新費用無料」
  •   サーバー乗り換えの人は「ドメイン移管費用無料」「毎年のドメイン更新費用無料」
おしえてくん
つまり、どゆこと?
おしえるちゃん

簡単に言うと、

「お名前.com」さんでドメインを買うとお金がかかるけど、

「ConoHa WING」は中長期プランのサーバー(WINGプラン)を契約すれば「ドメインは永久無料」ってことね。

おしえてくん
毎年1,200円くらいかかるのが永久無料…
おしえるちゃん

ブログ始める際、どっちみちどこかの会社と「サーバー契約」ってのをしないといけないの。

今からブログやサイトを立ち上げる人は「ConoHa WING」でお得に始めると管理もラクで幸せ確定。

「ConoHa WING」自体のドメインやサーバーの詳しい取得方法は下の記事をチェックしてみてね。

一度決めたドメインは変更しない

ドメインは「一度決めたら変えない」のは、インターネットでの鉄則。
サイト運用の途中でドメインを変えてしまうと…
Googleさんに蓄積されたあなたのサイトのデータは「全てゼロ」に戻るので、検索結果からは消えてしまうことに。
たとえブログを立ち上げて数週間でも、検索結果にはまだ現れてなくても、たくさんのデータが蓄積されているからそれをゼロにするのは多大な損失になっちゃうの。
おしえてくん

えー

途中で気分が変わってドメイン変えたらダメなんだ?

おしえるちゃん
それはNGね…

注意のイラスト

サイトを運用して、何ページも作ったあとにドメインを急に変えてしまうと…

Googleさんのなかの基準がリセットされ、検索順位からも消えてしまうし…

ユーザーもあなたのサイトにいつものようにアクセスできなくなってしまうなど、いろいろ面倒になるんだ。

ちょっと緊張だけど「ドメインは一発勝負」で覚えておいてね。スペルミスでの購入なども気をつけるんだよ。

まとめの前のまとめ

おすすめ!のイラスト

「お名前.com」は複数のドメインが調べやすいから、ドメインを調べるだけならまずは「お名前.com」を活用。

「お名前.com」で目星をつけておいて、いざ「ドメイン購入、サーバーも検討」となったら「ConoHa WING」を選んでドメインは無料でGETが賢いやり方。

「お名前.com」も「ConoHa WING」も同じ会社が運営しているから、「お名前.com」を使い捨てってことでなく同じ会社のサービスを上手に活用っていう発想ね。

なお「お名前.com」もサーバーをやっているけどクオリティも評判も「ConoHa WING」に断然軍配だよ。

【結論】「ドメイン決めは慎重に」

と、いうわけで今回は「ドメイン決めは慎重に」というお話だったよ。
自分で副業や起業でWEBサイトをつくるまでは、あまり気にすることのなかった「ドメイン」。
しかし実はいろいろテクニックや考え方があるのがわかったね。
おしえるちゃん

まずはちょっと調べてみよっか

 

スポンサーリンク