初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

「個人事業主」の開業ってどうやんの?開業届を出すまでの流れは?

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • フリーランスで独立したい…
  • 開業届ってどこの誰に出すの…?
  • 個人事業主ってどうやってなるの…?

【結論】「個人事業主の開業は意外と手軽」

個人事業主の開業。

結論としては「個人事業主の開業はわりと手軽」なので驚くかも。

とは言っても、なんだかんだと用意するものはやっぱりあるから…それを見ていこうね。

 

おしえるちゃん
個人事業主の開業の手間は「会社設立の20分の1」ってとこかな。
スポンサーリンク

個人事業主の開業の流れは?

まずは個人事業主の開業の「全体の流れ」をつかんでおこう。

個人事業主 開業の流れ

個人事業主の開業の流れ:全体図

おしえてくん

うわー…

結構すごいある…

おしえるちゃん

ぱっと見そうかも。

けど上のSTEP【③】【④】はオンラインでぱっと終われるし、

【⑥】は必要ない場合もあるので意外と軽いのよ。

全体の流れは、ちょーざっくり言うと、こんな感じ。

  1. 「印鑑」をチェック(認印でOK)
  2. 「マイナンバーカードの個人番号」を用意
  3. 「開業届」を税務署に提出
  4. 「青色申告承認申請書」も税務署に提出
  5. 「事業開始等申告書」を都道府県税事務所と市区町村役場に提出
  6. (従業員を雇用するなら)「社会保険の加入手続き」も申請
おしえるちゃん
じゃあ①番から見ていこうね。
スポンサーリンク

①まずは「印鑑」をチェック

個人事業主の開業の流れ①:印鑑

おしえてくん
まず「印鑑」を用意なんだ?
おしえるちゃん

だね。

とりあえず、印鑑から説明していくね。

個人事業主の場合は会社設立とちがって、開業にあたって本格的な実印は取り急ぎいらないけど「認印(みとめいん)」はいるんだ。

「認印(みとめいん、にんいん)」とは、どこにも届け出をしてないハンコのこと。

例えば宅急便の受け取りなんか使ってる、簡易的なハンコね。

個人事業主の届け出はこの「認印はOK」。でもインク付きのシャチハタのハンコはNG。「朱肉を使うハンコ」とおぼえておこう。

スポンサーリンク

個人事業主の印鑑早見表

◯:必要
△:あればベスト
✕:いらない

個人事業主会社設立
①代表個人の「印」
②代表個人の「印」
③会社実印(代表者印・屋号印)
④銀行印
⑤角印(社印)
⑥住所印(ゴム印)
  • 実印:市町村の役所に届出した印鑑
  • 銀行印:銀行に届出をしている印鑑
  • 認印:どこにも届出してないハンコ

個人事業主の書面を作るのに、宅急便の受け取りなんかで使っている「認印」があれば作成はできてしまうんだ。

しかし、ちょっと注意事項もあるので下の話をチェックしてみてね。

〜安易な「認印」多用は気をつけよう〜

「認印」は文房具屋さんなんかでよく売っているものでOKだけど「シャチハタはNG」。

朱肉に押す印鑑なら、普段あなたが宅急便の受け取りなんかに使っているものでも開業申請に使えるから大丈夫。しかし…

個人事業主でも「代表個人の実印」「屋号印(自分でつけた屋号の名前が入っている印鑑)」はあると、事業家としての「しっかり感」を出せるのでオススメ。

認印は誰でも気軽に買えるだけに第三者があなたと同じモノを購入できてしまうリスクも。

なので、個人事業主として活動していくうえで「なんでも認印でペタペタ」というのはちょっと事業家としてはチープかも。また、将来銀行の融資を受ける際など正式な契約では認印は使えないので、事業モデルによっては最初から実印の必要有無も検討しておこうね。

なお、株式会社などの事業用・印鑑セットで販売されているのは上記の表の「③会社実印④銀行印⑤角印」であることが多いよ。

個人の実印の「値段」は?

お金のイメージ

いろいろ探してみると「個人の実印」の値段はこんな感じ。

安すぎるものでレビューがよくないものは避けたので、下記は「無難なところ」でセレクトしているよ。(※表記値段は2020年5月時点)


①「認印」まで付いて2本で「1,580円」(amazon)

「黒水牛」素材の実印


②「1,880円」の硬派なチタンタイプ(amazon)

「チタン」素材の実印


③「3,080円」のちょっと良い個人実印(はんこプレミアム)

「薩摩本柘」素材の実印


 

②マイナンバーカードの「個人番号」を用意

個人事業主の開業の流れ②:マイナンバー

個人事業主の開業準備には「マイナンバーカードの『個人番号』」が必要だよ。

家に「通知カード」はあるかな? もしカードがなくても通知書があれば番号はわかるよ。

マイナンバーは、個人事業主やフリーランスの人たちにとって意外と手続き関係の書類で使うことがあるので用意しておこうね。

〜マイナンバーカードの”個人番号”が必要〜

開業届の作成には「マイナンバーカードの”個人番号”」が必要なんだ。

通知カードの一番上に記載されている12桁の数字(下画像の矢印箇所)があなたの「個人番号」だよ。交付申請書に記載されている申請書ID(23桁)ではないので気をつけようね。


(カード画像:地方公共団体情報システム機構より)

これを機にマイナンバーカードを作成する人は、住民票のある自宅に通知カードと共に「交付申請書」が簡易書留で届いてるはずなので、それを手元におきつつマイナンバーカード総合サイトの『マイナンバー交付申請』からオンラインや郵送などで申請しようね。スマホからも申請可能だよ。

なおマイナンバーカード自体は申請から取得まで1ヶ月ほどかかるので、これ機に持っておく人は早めに手続きを済ませよう。

 

③「開業届」を作成

個人事業主の開業の流れ③:開業届

おしえるちゃん

じゃー「開業届」を見てみよっか。

個人事業の開業・廃業等届出書(開業届)の画像
(国税庁WEBサイト「個人事業の開業・廃業等届出書」より)
おしえてくん
ん、「開業届」って書いてないんだね。
おしえるちゃん

うん。

正式名称は「個人事業の開業・廃業等届出書」ね。

この書類は控えも含めて「二部」いるから手書きはキツイので、オンラインサービスを利用して終わらすのがおすすめ。

勉強のイメージ

開業届を無料で作成できるので有名なのが『開業 freee』だよ。

オンラインサービスのいいところは、いちいち「書き方の見本」などを見て悩まなくていいところ。

質問に答えていくだけで書類がデジタルでできちゃうし修正も複数プリントもラク。

使い方については『無料で「開業 freee」を活用して個人事業主で開業する方法は?』で解説しているから見てみてね。

こちらもオンラインの『開業 freee』なら、自宅にいながら手に入るんだ。

用紙は「税務署」にも置いてあるので、個人事業主活動をする管轄の税務署を調べて直接取りに行ってもOK。

PDFなら国税庁のホームページ「[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続」の中段あたりのリンク「個人事業の開業・廃業等届出書(提出用・控用)(PDF/865KB)」からダウンロードできるんだ。

④「青色申告承認申請書」を作成

個人事業主の開業の流れ④:印鑑

税制上の優遇措置がある「青色申告」の承認申請用の書類も作成しておこうね。

個人事業主は儲けるほど税率は高くなるんだけど、その儲けを「65万円減らして計算できる」ってこと。減らせるってことはその分、払う税金も少なくなるってことね。

青色申告特別控除は簡単な帳簿づけでも最大10万円の控除を受けることができるけど、せっかくならここは「65万円」の控除に挑戦したいよね。

おしえてくん
よくわかんないけど作っておくか…

パソコンのイラスト

これも『開業 freee』なら、青色申告申請書もオンライン内で自動作成可能。

使い方については記事『無料で「開業 freee」を活用して個人事業主で開業する方法は?』で解説しているから見てみてね。

もちろん、税務署にも用紙は置いてあるよ。PDFなら国税庁のホームページ「[手続名]所得税の青色申告承認申請手続」では中段あたりの「所得税の青色申告承認申請書(PDF/506KB)」からダウンロードできるんだ。オンラインサービスは使わず用紙で作成する場合はプリントアウトして使おうね。

おしえるちゃん

下記は、

青色申告特別控除を受けるための条件ね。

青色申告特別控除を受ける「3つ」の条件とは?

1.「事業所得」または「不動産所得」であること

お金のイラスト

事業所得とは?

小売業やサービス業、自由業など「自営業」による所得。プログラマーやブロガー、YouTuberもここに入るよ。先物取引なんかも事業所得に入るんだ。

不動産所得とは?

一定の事業規模の不動産による所得。目安はアパートは「10室以上」貸家なら「5棟以上」といったところ。

2. 記帳が「複式簿記」であること

鉛筆のイラスト

単純に使用用途を記載する「単式帳簿」でなく、借方と貸方の「複式簿記」による帳簿づけをしている人が対象だよ。

「複式簿記」と言われるとなんだか複雑な感じもするけど、いまは会計ソフトを使えばそこまで大変じゃないんだ。「会計freee」はこの「複式簿記(仕訳)形式に対応してる」ことも明言しているんだ。

3. 貸借対照表と損益計算書を確定申告書に添付すること

書類のイメージ

確定申告書には「複式簿記」で作成した損益計算書と貸借対照表を添付しようね。なんかよくわからないけど難しそう…。

という人でも「個人事業主向けの会計 freee」なら、この貸借対照表も作成できるんだ。

〜ちょっとトリビア〜

「なんで「青色」とか「白色」って言うの?」

実はとても歴史があって、昭和24年の連合国総司令部(GHQ)マッカーサー最高司令官の時までさかのぼるんだ。マッカーサーの要請で来日したカール・S・シャウプ博士が日本の納税制度を整理しようとした際に、日本人の運転手に「青色はどんな印象?」と聞いたそう。そこで運転手は「とても気持ちがいい色ですね」と答えたことから、確定申告書の色を「青色」にして、それ「シャウプ勧告」っていうので定めたんだって。白色申告は、青色の紙以外で申告する人は白色だったからだそう。まさかの「ノリ」で決めたという説が有力みたい。

⑤「開業届」と「青色申告申請書」を税務署に提出

個人事業主の開業の流れ⑤:印鑑

1.開業届を届け出るメリットは?

勉強のイメージ

実は開業届けって税務署に出さなくても、罰則はないんだ。

でもこれをやっておくことで「節税」に効果を発揮する「青色申告」(次項にて説明)が可能になったり、自分で決めた屋号(社名のような名称)での口座もクレジットカードも作れるし、ビジネスの取引するうえで体制が整うんだ。なのでとっても大事。

税務署で手続きの際にもらえる自分用の「開業届の控え」は大事にとっておいてね。口座作成など、いろんな手続きに必要になるから。

2.開業届を持ってく「税務署」ってどこにある?

役所のイメージ:税務署

自分の「自宅の住所を管轄にしている税務署」だよ。

もし住所とはちがうエリアに事務所を構えても、開業書を持っていく税務署はあくまで「自宅の住所」を管轄下にしているところね。

税務署の場所は『開業 freee』なら自動で、自分で調べるなら国税庁ホームページの「税務署の所在地などを知りたい方」からチェック。

3.開業届はいつまでに税務署に持っていく?

時計のイラスト

開業届けは原則「開業してから1ヶ月以内」に提出ね。
提出期限が「土日祝」になる場合は、これらの日の「翌日が期限」。
最初が肝心だから早めに出しちゃおう。
おしえるちゃん

おつかれさま!

一人でフリーランスやるならばここまでで終了だよ。

ただ、以降の⑥番は一応確認してみてね。

 

⑥-1「事業開始等申告書」を都道府県税事務所に提出

個人事業主の開業の流れ⑥:印鑑

おしえてくん

「開業届」と「青色申告申請書」と…

他にまだある?

おしえるちゃん

次は、都道府県税事務所と市町村に提出する「事業開始等申告書」というのがあって。

サンプルで「東京都」のものを見せるね。

こんな感じの書類だよ。東京都主税局の「事業開始等申告書」から取得できるんだ。よく見るとエクセルのあるのでダウンロードしようね。

事業開始等申告書の画像
東京都主税局の「事業開始等申告書」【PDFとエクセル】

「事業開始等申告書」の提出義務はしなくも罰せられない。

けれど、自分が事業活動する地方自治体(都道府県税事務所・市区町村役場)に一応「事業開始等申告書は出したほうがいいか」確認しよう。法律が知らない間に改正になっていたら大変だしね。

期限も開業から「15日以内〜1ヶ月以内」と短いのでまずは聞いてみようね。

参考までに、下記は東京都の「都税事務所」の場所一覧だよ。ちがう県で活動する人は「自分の県名+都道府県税事務所」「自分の県名+市区町村役場」で検索してみて。

・東京都主税局『都税事務所等 所在地・電話番号』のページへ

・東京都庁『官公署一覧』のページへ

⑥-2(従業員を雇用するなら)「社会保険の加入手続き」も申請

おしえてくん
最初から誰かを雇う場合ってやつね。
おしえるちゃん

うん。

もし従業員を雇うなら必「社会保険の加入手続き」が必要よ。

 

もしあなたが個人事業主で開業する際に「従業員」を雇用する場合。

注意のイラスト

労働基準監督署とハローワーク(公共職業安定所)で労働保険(労災保険と雇用保険)に加入することが義務になっているよ。

従業員のみならず、一人以上の従業員を雇っている個人事業主自身にも加入の義務があるんだよ。

 

なるだけなら個人事業主にはすぐなれる

個人事業主の開業の流れ:全行程完結

おしえてくん

ふー。

なんとか終わったぞ…

おしえるちゃん

こういう申請って、書面はとっつきにくいけど…

オンラインサービスでやっちゃえば、比較的速攻で終わるのがいいとこね。

例えば、たった一人でプログラマーやデザイナーで個人事業主の開業をするなら、従業員に関する社会保険の手続きはなくなるからシンプルだよ。

「開業届」と「青色申告申請書」ができたら自分で税務署に一度行ってみて直接届出るのもOK、郵送でも可能(しかしいつ承認もらえるかは日程は読めない)なので、自分にあったかたちでやってみようね。

税務署に行って開業届が受理されるのって「え、これで終わり?」と拍子抜けするくらいすぐ終わるよ。

【結論】「個人事業主の開業は意外と手軽」

と、いうわけで今回は「個人事業主の開業は意外と手軽」というお話だったよ。

そんなに身構えずとも、個人事業主での独立ってすぐにできちゃうんだよね。

おしえてくん

ふー…

しかしやっぱり初めてだし、手続きとまどいそう…

おしえるちゃん

そのあたりをショートカットする方法は、

無料で「開業 freee」を活用して個人事業主で開業する方法は?

に書いたので読んでみてね。

スポンサーリンク