初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

フリーランスになるには?会社員からの独立方法「5パターン」を解説。

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • フリーランスってどうやってなるの…?
  • 会社員からの独立方法は…?
  • サラリーマンが独立のとき気をつけることは…?

【結論】「フリーランスのなり方は5パターン」

フリーランスをやっている人に「どうやってフリーになったの?」と聞くと、

十人十色という感じで、本当にそのなり方はさまざま。

しかし、絞っていくとだいたい「5パターン」にわかれるのでそれを見ていこうね。

おしえてくん
いろいろあんのね。
おしえるちゃん
じゃあさっそく見ていこう!
スポンサーリンク

その①「惚れさせ独立パターン」

顧客と相思相愛のイメージ

将来独立したいなら、

会社員時代からしっかりと顧客に尽くし成果を上げる。

お客さんからの信頼を圧倒的なものにしておく。

つまり「お客を惚れさせておく」ということ。

お客さんと直接打ち合わせする営業や、WEB系ならディレクター職にはやりやすい策だよ。

そして独立後に、お客さんのほうから声をかけてもらうということ。

「独立したんなら、引き続きあなたに仕事頼みたいんだけど」と。

このパターンの特徴は?

  1. 会社員の間に顧客をしっかりつかんでおく
  2. お客から「あなたが独立するならあなたと仕事したい」と言わせる
  3. 会社員の間に「いかに客を惚れさせておくか」がポイント

ここを厳重に…

  • 会社員時代にお客に「独立するからボクの会社と取引してください」は横取り
  • 客の横取りは裁判で訴えられることもある
  • 裁判にならなくても「遺恨」を生み、ずっと恨まれてあとあと面倒になる可能性
おしえてくん

ああ、あくまでお客さんに、

「あなたがいい」と言ってもらうのね。

おしえるちゃん

そうね。

お客さん自身の能動的な判断なら古巣の会社も抑制はしきれないからね。

独立トラブル回避体験談

当サイト管理人「たず」のイラスト フリーランスも起業家もやってる
当サイト管理人「たず」の体験談

ボクのいた古巣の会社は結構過激なブラック目な面のある会社でした。

退社する際に罵倒はもちろんさまざまな仕打ちを受けたんですが、そのなかであったのが「同業界の会社で2年間仕事するな」という誓約書。

いわゆる「競業避止義務規定(きょうぎょうひしぎむ)」ってやつ。

でも実はこれ憲法の「職業選択の自由」から逸脱する面がある、その会社のめっちゃ個人的な強制とも感じますよね…。なので法的拘束力は「原則ない」と。これから会社辞める人、こういった書類には「サイン拒否」が最も良いですね。でもサインを半ば強制された際はそれでも、きちんとルールを守れば大丈夫。

例えば注意するのは「機密情報の情報漏えい」。同業の転職先にて、古巣の機密情報を漏洩した場合は裁判になることも。もちろんこれも違反しなければ問題ありません。つまりもしものときにそなえ「前職からの明確なノウハウ(前職の機密情報・顧客情報・前職の会社ツール等)」は使用しない。

会社の「就業規則」にはこういった「競業避止義務規定」などがよくあるので、今回のフリーランスのなり方としてご紹介した「お客に惚れさせて独立する」っても会社からしたら「横取りだ!」となる可能性。だいたいそう見えてしまいますよね。

なので、きちんと「お客さん自身が、お客さんの判断で自分を指名してくれた」ことを示せるようにしておきましょう。そして退職後も「競業避止義務規定」に相反しない、フェアな働き方をすると。

そしてそもそも「どんな仲がいい同僚や部下にも、転職先の会社名は絶対に言わない」のが身を守る手段です。

特にブラック系の会社にいるかもという方は、このあたり慎重に。

関連記事:ブラック企業の見分け方は?転職前に気をつけたい「9つのポイント」

ボクのいた会社でも本当にお客の判断で「独立した人に仕事の依頼を乗り換えた」お客さんがいました。

しかし、古巣は何も言えずでした。お客を拘束できないですからね。

横取りは本当にモメるのでいけませんが「お客がついてくるほど仕事ができる人」になればいいわけです。

どんな会社でも就業規則に「お客に好かれるな」とは書いてないからです。

その②「平日夜と週末副業パターン」

夜遅くまで働いているイメージ

 

これも「会社員からの独立の場合」ね。

そしてめっちゃ辛いパターンのやつ。

スキルがすでにある人はもちろん、

「自分には独立の実力がまだまだ…」と思う人もこの手法になってくる(それか退職後に学校行くか)。

サラリーマンだけでも通勤含めメッチャ疲れるのに、出勤前と帰宅後に副業したり、独立のための勉強をするんだ。

おしえてくん
ハードだね…
おしえるちゃん

「休みなし」ってやつね。

週5日は会社員、

土日祝は副業というサイクルよ。

このパターンの特徴は?

    1. 平日は会社員・平日の夜と土日祝は副業
    2. 二足わらじなのでめっちゃハード
    3. 本業と関係ある副業のほうが学習コストは低く済む

注意のマーク
ただし、激しくハードに仕事することになるのでお客や発注側に嫌われないよう注意しよう。仕事がなくなってしまうフリーランスの特長や危険性については「仕事がないフリーランスの「原因ランキング」嫌われる理由とは?」をチェック。

平日と週末も副業にあてる

当サイト管理人「たず」のイラスト フリーランスも起業家もやってる
当サイト管理人「たず」の体験談

ボクはこの「平日夜と土日副業パターン」を経ての独立でした。

いやー、やばい大変でした…

会社員時代の副業経験としては「WEBマーケティング(集客)」や「WEBライティング」の仕事を知り合いの人脈からいただき。

それがF1スポンサーにも名前を連ねる外資の超大手の仕事だったんです。

その仕事で運も良く成果を出させてらって、前年比200%というような数値が2〜3ヶ月出ました。

その仕事が独立のきっかけになりました。

平日遅くに会社から帰ってきて、さらに土日祝も副業にあてる生活。打ち合わせは土曜日に都心に出かけていったり。

本業のほうも当然忙しかったので死にましたが(泣)そっちも結果を出せていたので、なんとか両方うまくいかせた感じですね。

スポンサーリンク

その③「パラレル独立パターン」

パラレルワーカーのイメージ

会社員から独立する場合に「ひとつ保険」をつくっておくやり方。

2つ以上の仕事を「並行(パラレル)」するかたちを取るんだ。


  • ひとつの仕事はエージェントを利用し「企業常駐で週3〜5」の稼ぎ口を確保、
  • もうひとつの仕事は余った日に行う

プログラマーであれば「週3はIT企業に勤務」「ほかの日はWEB制作やシステム開発案件」みたいな。

フリーランスに強いIT系エージェントと面談し、固定給の仕事を紹介してもらうのがいいよ。

関連記事:フリーランスの働き方「パラレルワーク」とは?副業・複業で稼ごう。

このパターンの特徴は?

  1. ひとつの会社に縛られない
  2. ひとつは常駐なので収入が安定する
  3. 会社も案件も区切りあるとこで辞めれる
スポンサーリンク

おすすめIT系フリーランスのエージェントは?

おしえてくん

IT系でパラレルワークに強そうな、

おすすめのエージェントは?

おしえるちゃん

例えば、

「利用者の4人に1人は初めてフリーランス」という「エミリー」さん、

リモート案件も取り揃える「Midworks」さんなんかは有名だね。

おすすめエージェント①「エミリー」

エミリーのWEBサイト

サイトに掲載していた平均年収が「819万円」と謳っていた時期もあり、高価格帯が期待できるエージェント。「利用者の4人に1人は初めてフリーランス」というだけあって、フリーランスデビューした方へのサポートも手厚いのがポイント。登録・サポート無料。

 

おすすめエージェント②「Midworks」

MidworksのWEBサイト

フリーランスでも正社員級の保証が付いていることで話題のエージェント。「税務保障・保険補助・経費補助」などの手厚い待遇、そしてリモート案件や週3案件など、常駐以外の案件を用意しているのも特長。エンジニアが選ぶ「IT系フリーランスエージェント」の1位を獲得。登録・サポート無料。

 

おすすめエージェント③「レバテックフリーランス」

レバテックフリーランスのWEBサイト

案件の「7割」はエンド直・元請直で業界トップクラスのサポートを誇る優良エージェント。オフラインの勉強会やイベントにも積極的でフリーランスの働き方を広範囲に手厚くサポート。金融系から最近ではディープラーニング、AI系も。登録・サポート無料。

その④「円満退社パターン」

円満退社のイメージ

会社員からの独立なら「円満退社からのフリーランス」という手も。

元いた会社と友好な関係だったり、独立を応援してれるような社風ならば「元の会社から独立後も仕事をもらう」というスタイル。

これも意外とあるパターンだよ。

おしえてくん
平和なパターンね…

このパターンの特徴は?

  1. 仕事内容を変えずに独立できる
  2. 在宅勤務で今までの会社の仕事ができる
  3. 退職の意志を示しても会社との関係が良好なパターン

その⑤「実践留学・学校入学パターン」

学生のイメージ

会社員の間はなかなか独立の準備や勉強ができない…

そんな方は、実務経験を積める実践型の長期留学、実践を行う学校でスキルをつけてから「独立」。

ポイントは学ぶだけでなく「実践で実務経験」を積める学校であること。

例えばプログラマーなら、

在学中にクラウドソーシングなどで仕事をし力をつけ、卒業後はエージェントを使って「週3の常駐仕事」なども平行する。

このパターンの特徴は?

このパターンの特徴は?

  1. 在学中に実務経験を積むのでフリーランス体感できる
  2. 実績を作ってそれを営業に使える
  3. 大変だが比較的早めに独立できる

「個人事業主開業の手続き」や「仕事の探し方は?」

さまざまな働き方をするフリーランスのイラスト

人によってさまざまな独立の仕方かあるんだよね。

では、実際に個人事業主になるときはどんな手続などを踏むんだろう?

おしえるちゃん
それぞれ記事にしてるよ〜

個人事業主の開業の仕方はこちら。

税務署で個人事業主の開業届を出す男性

正式に「税務署」へ、フリーランス独立を登録して開業する方法は…

こちらの記事から:「個人事業主」の開業ってどうやんの?開業届を出すまでの流れは?

フリーランスの仕事の探し方はこちら。

インターネットで仕事を探すフリーランス

「フリーランスになったあとの仕事の取り方」については…

こちらの記事から:フリーランスの仕事の探し方は?案件を獲得する「6つの営業方法」

会社は上手に辞めよう/しばらく失業手当という手も

なおここまで見てきてわかる通り、

「サラリーマン→フリーランス」の流れは「王道ながらも慎重に」といったところ。

いざ、会社を辞める際は「年金・住民税・所得税」の知識も持っておこうね。

このあたりの話については…

こちらの記事へ:退職や転職の手続き方法とは?「年金・住民税・所得税」の4ステップ。

しばらく「失業保険」で暮らそうかという人は…

こちらの記事を:失業保険(失業手当)のもらい方は?自己都合や会社都合退職も解説。

【結論】「フリーランスのなり方は5パターン」

と、いうわけで今回の結論は「フリーランスのなり方は5パターン」というお話だったよ。

フリーランスになる、と言ってもそのルートはさまざま。

自分にあった道を選ぼうね。

おしえるちゃん

独立に決まったルールはないから、

自分のイメージに近いもので進んでみよう。

スポンサーリンク