初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

仕事がないフリーランスの「原因ランキング」嫌われる理由とは?

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • 仕事がないフリーランスの原因ってなに…?
  • お客さんや発注側の心理ってどんな…?
  • 仕事がない個人事業主の特長は…?

仕事がないフリーランスの原因《TOP5》を紹介

ダメフリーランスに警告する人

会社員という、束縛だらけのステイタスからキャリアアップとして「フリーランス」や「起業家」に憧れる人は結構多いもの。

しかし、フリーランスになってもなかなか仕事を継続的にもらえなかったり、お客と疎遠になることもあるみたい…。

いったいその原因はどこに…?

今回は当サイトの管理人「たず」が実際に体験した「あるある」な「仕事がないフリーランスの原因」を実体験に基づいたランキングで紹介するよ。

これからフリーランスになる人も、いまなりたての人も、反面教師にして気をつけてみてね。

発注側で体験している「痛いフリーランサー」たち

当サイト管理人「たず」のイラスト WEB会社を経営する
当サイト管理人「たず」

ボク自身が現役のWEB制作会社経営をしていてフリーランスに発注することがとても多いのと、同時に自分自身が個人事業主でもあるので、WEB制作の過程において生じた実際の「イケてないフリーランサー=痛いフリーランス」の話やその原因の紹介していきます。

体感的に数が多いものを「トップ5」という独断と偏見のランキング形式にしていきますね。

まず結論としては…「フリーランスは会社員より厳しい”評価”の世界」ということ。

個人事業主としてフリーランスになる前に、この「怖さ」をどれだけ理解できているは大きなポイントです。

ではさっそく、ボクが見てきた「あるある」な「仕事がないフリーランスの原因 TOP5ランキング」を見ていきましょう。

スポンサーリンク

仕事がないフリーランスの原因《第5位》「仕事の質が低い」

同様するフリーランス

まずは「フリーランスに憧れて」なってしまった人にある現象から。

それは「単純に仕事の質が低い」というもの。

実は最近、こんな「なんちゃってフリーランス」が増えているような感じも…。

「個人事業主=フリーランス」を目指す方々にぜひ覚えておいていただきたいのは、フリーランス自身の「競合」とは「日々、そのジャンル・業界で揉まれまくっている同業種の人たち」ということ。つまり周りは「強敵だらけ」ということ。

例えば軽視されがちな「会社員」たちは、さまざまな面で「仕事を丁寧にやる」ことを毎日強いられているよね。

デフォルメして言えば、会社員の人たちって来る日も来る日も、厳格な上司から時に嫌味や圧を交えられ「見積書の書き方」「企画書の書き方」「プログラミングの技法」「デザインのコツ」「お客への礼儀」「言葉遣い」などなど注意されたり叱られたりしてる。

でもこれって裏を返せば「毎日めっちゃ修行している」とも言えるよね。ブラック企業はさておき。

覚悟が甘いと会社員に勝てない

もしフリーランスになる際に「サラリーマンみたいな修行が嫌だからフリーランスになったんだい!」という動機だと、もう会社員には一生勝てないよね。

なぜならサラリーマンたちは日々歯を食いしばって成長せざる得ない環境に追い込まれて、仕事の精度を上げているのだから。

フリーランスだけがパソコン1台で世界旅行しながらお仕事…? そんな甘くないよね。

関連記事:フリーランスのメリットとデメリットは?会社員との比較で検証する。

キャリアアップする社会人

フリーランスとは「そのジャンルのそのスキルに長けた人」がキャリアアップの過程でなるもの。もしくは、技術は完璧ではなくとも、徹底的に勉強しながら成長できる人がなるもの。

「フリーランスは自由でラクそうだし」「好きなことだけやれそうだし」「上司とかいないし」という甘い気持ちだと…同業者たちと同じ土俵にさえ立てないんだよ。

注意のマーク

「会社員が嫌だからフリーランス」は危なすぎる選択。

仕事の質が低い人にはそもそも仕事はこないし、もし来てもだんだん依頼はなくなっていく…。

あくまで「スキルがあるから独立」「このスキルでもっと稼ぎたいから独立」あるいは「スキルはそこそこだが絶対に成長してやる」「会社員にも他のフリーランスにも絶対負けない」という心持ちが大事。

何もかも完璧になってからフリーランスになるという必要まではないけれど、やはり「これだけは負けない」という技術、そして情熱は必須。

おしえてくん
フリーランスは厳しい世界なのね…
おしえるちゃん

うん。

会社員の人たち以上に自分を磨き、勉強し続けるのがフリーランスなのよ。

スポンサーリンク

仕事がないフリーランスの原因《第4位》「安請け合いする」

お気楽なフリーランス

最近はtwitterなどでも「即レス」の効果はいろいろな人が言っているので、実践している人も多いよね。

しかし同時に増えたと思われるのが…「即OK=安請け合い」。

おしえてくん

ん?

「即OK」と「即レス」ってちがうの?

「即OK」は危険だけど「即レス」は大事だから、このちがいは覚えておこうね。
メール返信のアイコン

  • 「即OK=内容も確認せずに引き受ける=安請け合い」
  • 「即レス=すぐにお礼など取り急ぎの返信をする。OKするかは案件の内容を聞いてから」
スポンサーリンク

「即OK=安請け合い」が必ずしも良いとは限らない

スマートウォッチでの着信

「即OK」をすることで「気に入ってもらおう」「即決キャラをアピールしよう」「仕事を断ったら次がないかも…」など、いろいろな思惑があるかもなのだけど…これもちょっと危ないかも。

ちょっと例で見てみよっか。

依頼側「このお仕事できますか?」

フリーランスさん「はい!やります!」

これ一見、「即決で話が早い人!」とも見えるけど…
意外と、依頼者側としてはちょっと不安がよぎることも。
なぜなら「まだ内容も金額も詰めてないのに、そんなに速くOKしちゃっていいのかな…?」「ヒマか」という心理も働く。
そして、即決の安請け合いはそこがフリーランス側の熱量の頂点になることが多く、以降は反応が遅めになることや、なかなか一定のクオリティに達しない仕事であるとこも…。
フリーランス側は「よし、また仕事決まった!」となり「多くの仕事のなかのひとつ」かもだけど、発注側にとっては「大事な大事な1つの依頼案件」。
この温度差が、あとあと両者のテンションとして差に出てくることがわりとあるんだ。
これを発注側が察すると「あの人、最初だけだったよな…」となり、次回以降は声がかからない。

停止の標識

むしろ仕事を受けるときは、相手の出方や案件の詳細や金額感をきちんと知る上でも「少しジラす」くらいでちょうどよい。

そのほうが発注側はむしろ「この人、仕事に飛びつかないな。売れっ子なのかな、ぜひ頼みたいかも」という心理にもなるもの。

仕事を受けるときはあせらず、大人になって、きちんと要件を確認しようね。

おしえるちゃん

あせらず、ちゃんと発注側と話をしようね。

激安だったり、超タイトな納期かもだし。

会話の例。例えばこんな感じで。

2名が会話する様子

依頼側「このお仕事できますか?」

フリーランスさん「ありがとうございます、まずちょっと内容を聞かせていただいてよろしいですか?」

こんな感じで「感謝はするし、やる気もあるけど、でもちょっと我慢してまずは内容・金額・スケジュール感」を聞く。
そしてできれば、そのあともすぐにOKせずに「他の案件の兼ね合いもあるので…何日くらいまでお返事さしあげればよろしですか?」と冷静にかえす。
そして本当に冷静に一人で検討し、なるべく速く返答する。
フリーランスとしては仕事を探す段階からはもちろん、嬉しい依頼を受けた時さえもあせらないで対応しようね。
おしえてくん
即OKしないと嫌われそうで怖いんだよな…
おしえるちゃん

気持ちはわかるけど…

即OKしないからって嫌ったり離れていくお客さんなら仕方ないわよね…

安請け合いはあとあとの銭トラブル、そしてスケジュールトラブルをよく招くのでいいことはあまりないの。

慎重に仕事の受諾は検討してね。

仕事がないフリーランスの原因《第3位》「早いだけ」

早いだけのフリーランス

そして意外と多いのが「早いだけが特長」のフリーランス。

一見、仕事が早いというのは良さそうだけど…

それはあくまで「質」が伴っていることが大前提。

単に早いだけだと「ちゃんと考えて作ってるのかな」「説明もナシにデザインだけ送られても…」となると。

おしえるちゃん
早い「だけ」の人も気をつけてね。

エアコンのイラスト

例えば、あなたの部屋に「エアコン設置の工事」を業者に依頼した場合。

  • 30分で終わったけど。設置方法もいい加減で落ちてきそうなエアコン
  • 2時間かかったけど、不安なくずっと使えそうなもの

どちらがいいかは、言わずもがな。

でもなぜか、

フリーランスになるとお客側の気持ちを忘れて、

「自分もお客も時間はないんだ!早きゃいい!」と考えているような人も結構いるんだよね…。

パラレルワークが当たり前のフリーランス、しかし「早さだけの仕事」にこだわりすぎると、あとから修正が多く入って結局は長い案件になってしまったり、そもそも全部やり直しになったりすることは多々。

制作側にとっても依頼側にとっても、お互いに良いことがなくなってしまうよ…。

関連記事:フリーランスの働き方「パラレルワーク」とは?副業・複業で稼ごう。

おしえてくん

さっさと仕事終わらせたくなっちゃうんだよな…

気をつけよ…

解決法はコレ!

いいねのイラスト

解決法ズバリ「面倒でもちゃんとお客と打合せ」をしようね。

自分から連絡してアポとって、オンラインでもオフラインでもケースにあわせて顧客にヒアリング・取材をする。

ここでニーズをしっかりつかみ、突っ込んだ質問や疑問をお客や発注サイドにぶつける。こういうちょっとした取材ってアポとったりするのもちょっと手間なんだけど、とってもいい効果があるんだ。例えば、

  1. 打合せで「会話」するのでお客との絆が深まる(以降の仕事がしやくなる)
  2. 打合せでのお客の言葉をもとに作れる(提出物の裏付けがある)
  3. きちんと段取りをもって進める人だという印象を与えられる(自己ブランディング)

こんな感じで、メリットが多いんだよ。

打合せ「0回」でデザインを提出された話

当サイト管理人「たず」のイラスト WEB会社を経営する
当サイト管理人「たず」

僕自身、いろいろワイルドなフリーランスと仕事をした経験がありますが、例えばこんなこともありました。

「WEB制作の仕事を依頼して、まだ案件の内容を伝えてないのにいきなりデザインを出してきたデザイナー」というパターン。

まさに「早いだけ」と…。打合せ「0回」にも関わらず。

もらったデザインもたたき台とかでなく、きっちりデザインをしてしまっているもの。

もちろん、いただいたデザインはこちらの希望が反映されてなく…(話をしてないのだから当然)

見当違いなものだったのでそれは却下に。

後日ちゃんとミーティングをさせてもらい、細かい要望を伝えて、作り直してもらいました。

イチかバチかで出すのってのは「その提出物を確認する相手の時間も奪う」ということ。

ギャンブルみたいな仕事の仕方は、周りにも迷惑をかけてしまうので「急がば廻れ」で段取りをしっかりとしましょうね。

仕事がないフリーランスの原因《第2位》「音信不通」

疲れ果てたフリーランス

そして《第2位》。

意外に多いのがこの「音信不通」。

仕事の途中で連絡が途絶えてしまい、やっと連絡がついたときは「かなり忙しかった」「ちょうど連絡しようと思っていた」「週明けにお電話するつもりだった」という弁明が入るのも、あるある。

おしえるちゃん

いまはLINEでもslackでもSMSでもすぐ連絡できる時代。

「言い訳」は余計に関係を悪くするので注意ね。

依頼側からすると「忙しいのは仕方ないので、事前に連絡をもられえば納期の調整や仕切り直しなどもできるのに」といったところ。

つまり、早めに相談して欲しいというのが本音。

もしあなたがフリーランスになった際は、お客へはもちろん協業パートナーや同じにチームの仲間にも「きちんと連絡をくれる人だ」と思ってもらえるよう《報連相》(報告・連絡・相談)に努めようね。

なぜ音信不通にしちゃうの…?

困るサラリーマン

せっかくのお仕事なのに、なぜフリーランスは音信不通になるかというと…

ひとつは「お客や発注先に連絡すると、追加でなにか頼まれそうだから」というの心理も働くみたい。

でもそこでお客や協業パートナーを避けてしまうと余計状況は悪化していくので注意。

むしろ仕事は受諾側から積極的に連絡して「これでいいですかね?」「ここどうしましょう?」「こんなアイディアあるんですが」と《相談するキャラ》を確立しよう。この状態は「相手を追う立場」なので、実は客からもOKがもらいやすいんだ。

逆に、お客や発注先から「あれどうなってんの?」「進捗の連絡いただけますか?」と「追われる立場」になってしまうとかなり厳しい。以降のチェックの目も厳しくなるし、なんだか関係も急に険悪になってしまうよ。

電話のイラスト

もし、こちらが連絡するたびに余計な追加発注や無理難題ばかりしてくる客がいたら…もうそれは永遠に治らないので「許容範囲を超えるために仕事自体をお断り」するのが一番。

もったいないけど、そのお客のおかげで他の仕事ができなくなっちゃうもんね。なのでお断りする際も責められたうえでのギブアップでなく「相手を追う立場」の状態で能動的に話ができるようにしよう。

断ろうとすると、急に我に返って素直になるお客もいたりするからね。

こういった仕事の途中キャンセルや追加仕事の際に別料金を交渉できるよう「契約書」を作っておくのも大事だよ。下記のリンクでは無料の契約書ひな形(WORDファイル、PDFファイル)をダウンロードできるのでチェック。

こちらをチェック:【無料契約書サンプル付き】請負契約と委任契約って何?秘密保持契約も解説。

仕事がないフリーランスの原因《第1位》「遅刻する」

寝坊したフリーランス

そして《第1位》。

最も多いのは「遅刻」。

例えば一緒に客先に行く場合も、事前の待ち合わせ場所に何分も遅れて遅刻してくるというフリーランスはあるある。

「せめて事前に連絡をもらえれば…」と思うもののそれもなく、待っている側はただ不安にかられる時間をすごす。

遅れる当人は「1分くらいなら」「5分以内なら」と時間を見ながらいろいろ考えていたとしても、姿も連絡もなければ混乱を招くのみ。

仕事をする際には「時間ピッタリも当然遅刻」という心得て、お客や協業パートナーとはお付き合いしておくのが良いよ。

協業パートナーとしては大事なお客の打ち合わせを前々から段取りしている分、遅刻など絶対にできない事情があり常にあせっていることを理解しておこうね。

目覚まし時計のイラスト

1秒でも1分でも5分でも。遅れる場合は電話やLINE等で事前に一報を入れようね。
この地味な気配りが「この人とは安心して仕事できるな」となって次の仕事につながったりもするんだ。
もちろん、そもそも遅刻はNGなので「絶対に遅刻しない人」を目指してフリーランス活動をしていこう。
「打合せ」はもちろん「砕けた飲み会」でも遅刻しない

当サイト管理人「たず」のイラスト 個人事業主でもある
当サイト管理人「たず」

ボク自身が個人事業主としても会社代表として気をつけているのは「お客や協業パートナーに関わる全てのことに遅刻しない」ということ。

それは、お付き合いでの会食なども同じです。

「まあ今日は砕けた飲み会なので…」というような意識は持たず、きちっと守ることは守るというのをやっています。

それをやっていて面と向かって褒められることもないですし、それが仕事に繋がっているという証拠はありません。

しかし、仕事って仕事そのものの精度も大事ですが「誰に依頼したいか」が重要と思ってます。腕は良くてもルーズだったり乱暴な人には誰も関わりたくないですよね。

そう考えると「あの人は信用できそうだな」という下地を常に作っておくのは、地味にとっても大きなことだと思っています。なので「この打合せは遅刻できない」「あの会食は少し遅れていい」など色分けせずに「全部30分前に現地到着」など明確なルールを自分で作っておく。

そうすれば毎回わざわざ考えずに済み、案件によって差別するようなこともなくなりますよ。

技術はあって当たり前。マナーの精度が求められる。

考えるフリーランス

ここまで見てくると、売れないフリーランサーは遅刻や音信不通など「マナー」が欠けていることが目立っている印象。

たとえ技術はあっても、同じような技術を持った人はゴマンといるわけで、発注側はすぐに発注先を切り替えてしまうよ。

技術はあって当たり前。

仕事はその内容も大事ながら「どんな人と一緒にやりたいか」も同じかそれ以上大事なため、決して技術一辺倒にならないようにしようね。

社会的マナー、なんて言うと堅苦しいけど、やっぱり「(面倒だったり不利な内容でも)ちゃんと返信する」「時間を守る」などで、自分というフリーランサーは他とちがうことを相手に印象付けよう。

これはもはやフリーランスに限った話でもなく、会社を設立して起業家になる場合も、もちろん会社員でも同じこと。

「技術+マナー」で、売れっ子フリーランサーを目指そうね。

【結論】フリーランスは会社員社員より厳しい”評価”の世界

勉強するフリーランス

ということで「仕事がないフリーランスの原因 TOP5ランキング」を見てきたよ。

結論としては「フリーランスは会社員より厳しい”評価”の世界」ということなんだ。

お客はもちろん、協業パートナーからも「いつも見られている」ことに気づいておこう。

「フリーランス=自由ではなく、フリーランス=厳しい世界」。

独立する際には「独立した後にこそ、さらに成長し続け、一人の人間として力をつけていこう」と覚悟を決めようね。

おしえるちゃん
成長した先に、ちょっとした自由があるんだよ。
スポンサーリンク