初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

出世する人の思考法。平社員から役員となった弱小リーマンの秘策とは?

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • サラリーマンとして出世したい…
  • 転職するとき役職が欲しい…
  • 社内で頭ひとつ抜け出るには…?

出世は人生転換への「きっかけ」になる

出世した人のイラスト

出世。

それは、時間もかかれば精神もすり減らす苦行…

当然スキルを上げ続けて、秀でていることが必要…

つまりとっても大変なんだけど、

出世を達成すると給与や待遇のみならず「より良い条件で転職」というキャリアアップができる。

つまり「転職」「起業」など人生の幅を広げる大きなきっかけになるんだ。

おしえてくん

平社員よりかは役職あると履歴書も職務経歴書も「バエる」しな、、、

自信がつきゃ起業もしたくなりそう…

おしえるちゃん
問題はどう出世するか、ね。
転職や起業のノウハウは数あれど、そもそも有利な転職・自信を持った起業のエンジンとなる「今いる会社でまず成り上がる方法」は意外と目にしないもの。当サイトではそんな「サラリーマン出世術」をときどき記事化しているよ。
自分がやってきた出世の思考法を伝授します
当サイト管理人「たず」のイラスト 平社員から執行役員
現在は海外起業家の
当サイト管理人「たず」

ボクが「手取り13万円の平社員・弱小リーマン」から最終的に「執行役員」まで上がっていった手法のひとつを本記事でお伝えします。

ほんとにTHE・平社員のときの、ひとまずの現状突破方法は「転職を有利に成功させるには?コツは社内エアポケ・職歴充実にあり。」に書いてます。こちらを先に読んでおくのもオススメ。

本記事では実際に「具体的に社内のとあるポストを狙う」に使った考え方のひとつをお伝えします。

スポンサーリンク

【結論】「ずらし出世」で「辞められたら困る人」になる

ステップアップのイメージ

出世のコツとして使える概念は「ずらし出世」。

「ずらし出世」とは?

例えば「営業部」で出世を狙う場合


  1. 部門内の「仕事キャラ」を把握
  2. 空いている仕事キャラになる
  3. 上司・部下から「頼られる人」になる

「なんだそんなことか」と思わないでね…

出世とは「そんなこと」の積み重ねなんだよ。魔法はないの。

イメージは「お笑い芸人」
当サイト管理人「たず」のイラスト 平社員から
執行役員に出世体験した
当サイト管理人「たず」

よくお笑い芸人を見て「◯◯さんとキャラかぶってる」と評価をする人がいますよね。

「あのポジションはあの人だけでいい」など。

思えばお笑いでも歌手でも「かぶってない」「そして実力がある」人はニーズがあります。

会社内もそれと同じように考える。熱血営業マンが多い営業部なら、キャラをずらして「数字に強い理系営業マン」に自分がなる。

ここでは元々理系でなくても数字に弱くても関係なく、そうなるように努力しその「社内唯一のポジション」をさりげなく獲るということ。出世には結果のみならず「頼れるヤツ感」は必須中の必須なんです。

そして同僚や上層部から「データはあいつが強い」お客さんから「◯◯さんは数字に基づいた話をいつもしてくれるから信頼できる」と言わしめるのを目標にする。

会社内の仕事で目立つときに結果のみならず「頼られキャラ」でも存在感を出すことで、社内外の好感度・認知度を上げていくんです。

会社は支え合いの世界

老若男女のビジネスパーソン

どんなに小さい会社でも、会社はあなたに、

「活躍して欲しい」

「そして頼れる存在になって欲しい

と思って採用しているんだよ。

ここがポイント。

「頼れる存在になる」ことが社員として大前提であり、出世のポイントになるんだ。

社内から「ニーズがある人」になれるか。

「めっちゃニーズありまくる人⇒会社は辞めさせたくない⇒そして出世」だからね。

スポンサーリンク

しかし現実は厳しい…

落胆する人のイラスト

しかし、あなたの周りには「優秀な先輩社員」や「下から突き上げてくる後輩」もいるよね…。

ここであせって「やみくもに努力」「twitterで見つけた部分的な技」なんぞ取り入れても効果は知れているんだ。

「自分の出世コンセプト」がないと、努力や技だけではブレブレになってしまうし自分でも飽きる。

「どうしたら、どんなキャラなら将来的に頼られるのか」を分析し「自分の出世コンセプト」を決めよう。

おしえてくん
twitterでの有益な情報も宝の持ち腐れか…
おしえるちゃん

「ノウハウコレクター」になってるなら注意ね。

自分の「出世コンセプト」を決めてるかな?

そのうえでならきっと効果あると思うわ。

スポンサーリンク

「◯◯なら◯◯さん」になる

コンセプトを決めて出世するイメージ

目指すのは「◯◯さんは、◯◯の人」という代名詞を目指すこと。

「分析なら山田さん」

「BtoCデザインなら高橋さん」

というように。

強みをたったひとつでいいから、まずは持つんだ。

「出世のからくり」を知っておく

 

みんなに頼られるサラリーマン

ただ結果を出しても「なんか頼りない」「もうひと超え」になり、出世は早まらない。

大事なのは「結果+頼れる人」であること。

出世とはつまり「辞められたら困る人」になるということなんだ。

会社からすると「役職と給与でつなぎとめる」という状態が出世のからくり。

経営サイドの胸中を知っておけば、いかに「頼られキャラ」に高速でなるのが出世を早めるかわかるはず。

さりげなく聞き込みもしてみよう

耳のイラスト

仕事しながら「どんなやつがいたら仕事が助かるか」を先輩や上司や部下にも聞いてみる。

そこで出てきた声を集計し「出世コンセプト(キャラ)」を固めていくよ。

「出世のからくり」を知っておく

社内にいない「ずらしキャラ」を狙え

  1. 熱血営業部のなかで「データ系営業マン」になる
  2. 「新規事業開発担当的ポジション」を取る(上層部に「金儲けの案」を提案するキャラ)
  3. オウンドメディアの刷新・企画を上司に常にプレゼンする(自社メディアに興味ない社員多いため)
  4. なりたいポジション(部長や役員など)を観察し「足りないキャラ」を抽出しそのポジを取る

どんな小さな会社のなかでも自分の居場所、他の人ができないポジションを取る=「頼られる」「アレはあいつに聞こう」となるんだ。

これが出世のスタートであり、この繰り返しが出世なんだよ。

「辞められたら困る人」になる
当サイト管理人「たず」のイラスト 平社員から
執行役員に出世体験した
当サイト管理人「たず」

ボクの場合は営業で言うと、ゼネラルな知識(デザインやプログラミングなど)を持つのが普通の社内で「完全に受注額・受注数に特化でぶっちぎる」というキャラで部長にまでなった経験があります。

ゼネラルがかっこよく、それが当たり前の社内で「完全に数字で圧倒するヤツがいない」という空洞・エアーポケットを発見し、そこに自分のキャラをずらして設定。(関連記事:転職を有利に成功させるには?コツは社内エアポケ・職歴充実にあり。

最初はもちろん「あいつ何やってんだ」な目で見られます。「外ばっか行ってサボってんのか」と経理の人に交通費まで細かくチェックされて、実際に返金まですることも。

それでも結果を出すために空き時間で営業しまくり、だんだん「辞められたかなり困る人」になっていきました。

いま自分が起業して経営サイドにいるから痛いほどわかりますが、本当に「辞められては困る人に、辞められたら絶対に困る」のが会社です。

会社は「誰にもとっかえが効かないキャラ」にほど「役職と報酬」を大きく用意して「繋ぎ止め」しなくてはならないのです。

実際に会社を辞めるときは…?

退職届のイラスト

で、実際に会社を辞める段階になったら…「年金や住民税や所得税」のこと、さらに「失業保険(失業手当)」のことも知っておかないとだよ。

詳しくはそれぞれの記事をチェックね。

税金関係は…:退職や転職の手続き方法とは?「年金・住民税・所得税」の4ステップ。

失業保険は…:失業保険(失業手当)のもらい方は?自己都合や会社都合退職も解説。

退職前、退職後におすすめ別の転職サービスは?

転職エージェントに相談する風景

退職の手続きも進行しつつ、きっちり進めておきたいのが「転職活動」。

年収やポジション、勤務地などなどキャリアアップのための要望を叶えていきたいよね。

そんな要望を実現するために

  • 膨大な求人データから希望に合う会社をピックアップ
  • 履歴書の添削
  • 職務経歴書
  • 面接日程の調整
  • 面接の練習
  • 給料交渉

などなど、さまざまなサポートを「無料」でしてくれるのが転職エージェントだよ。

おすすめ転職エージェントは?

おすすめする女性

関連記事は…【20代】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

関連記事は…【30代】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

「IT系」のおすすめ転職エージェントは?

パソコンのイラスト

関連記事は…【IT業界の転職エージェント】エンジニアやデザイナーにおすすめは?

「っていうか起業したいぜ」という方はこちら

【結論】「ずらし出世」で「辞められたら困る人」になる

と、いうわけで今回の結論は『「ずらし出世」で「辞められたら困る人」になる』だったよ。

社内を観察し、上司や部下にさりげなくヒアリングし「出世コンセプト」「自分のキャラ」を設定しよう。

そしてとりあえず動いてみるんだ。

自分のエンジン、自分のコンセプトで動くから少し仕事が面白くなってくるよ。

そして会社から評価を得で知見を身につけたときが「年収アップできる転職」「キャリアアップ」「起業」の選択肢が出てくるとき。

関連記事:転職で年収を上げるには?「6つの年収アップ転職方法」とは?

おしえるちゃん
未来を「選べる人」になろうね。
スポンサーリンク