初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

転職の「面接」のコツは?企業に聞かれる「6つの質問」とは?

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • 転職での面接って何を聞かれるの…?
  • そもそも面接とか苦手で緊張する…
  • 事前に面接の答えを用意したい…

【結論】転職時の面接は「6つの質問の法則」がある

企業面接を受ける女性

転職において避けては通れない「面接」。

今回は転職時においての面接の「6つの質問の法則」を紹介するよ。

転職の面接時、企業からよく聞かれる質問は下記の6つ。

  1. 前フリ【自己紹介をお願いします】
  2. 過去の質問【何をしてきましたか?】
  3. 現在の質問【何をしていますか?】
  4. 未来の質問【何をしたいですか?】
  5. 志望の動機【なぜ当社を選んだのですか?】
  6. 逆質問タイム【何か質問はございますか?】
おしえてくん
言われてみれば、確実に聞かれそうやなコレ…
おしえるちゃん

シンプルな質問だけに、

明確に回答しないとアウトってやつね。

スポンサーリンク

「6つの質問パターン」を知り、攻略しよう

3つの「はてなマーク」

ではさっそく、転職の際の企業面接で聞かれる「6つの質問」を攻略していこうね。

この6つの質問は、企業や担当者によって、いろいろな聞き方になるのでそれぞれの「よくあるパターン」も書いていくよ。

①前フリ【自己紹介をおねがいします】

面談の序盤はアイスブレイク(場の緊張を和ませる)も含め、

面接官が「まずは話してもらおう」ということで軽く「自己紹介」をお願いしてくるのが定番。

こっちが自己紹介している間に、面接官は「話し方」「身なり」「雰囲気」と同時に「簡潔に話せる能力があるか」をチェックしているんだ。

本当はプロフィールは履歴書と職務経歴書を見ればわかることだけど、まずは話を本人の様子・人なりを見るための「前フリ」の質問なんだね。

  1. 簡潔に自己紹介をお願いできますか?
  2. 長所と短所を教えてもらえますか?
  3. 特技・所持スキルはなんですか?
スポンサーリンク

②過去の質問【何をしてきましたか?】

面接官に聞かれる2つ目の質問は「過去」について。

「これまでやってきたこと」を簡潔に話せるか、

そして「現在までの自分にストーリー(※後述)をつなげて話せるか」がポイントになるよ。

退職理由はネガティブな内容にせず「ポジティブな理由」にするのはもちろん「だからこそ、御社への転職動機につながった」という流れを意識しようね。

  1. これまでの職歴を2〜3分でお話していただけますか?
  2. 前の会社を退職された理由は?
面接ではネガティブな言動はNG。前職で辛いことや、くやしいことがあっても、恨み節を出さないようね。「前の会社も良かったが、御社ならもっと自分の力を活かすことができる」などポジティブな退社理由にしよう。
スポンサーリンク

③現在の質問【何をしていますか?】

そして、面接官に聞かれる3つ目の質問は「現在」のこと。

現在のステイタス(就活状況・仕事など)についてだよ。

「他社も受けているか?」「他社に受かったらどうするか?」や、

現在仕事をしてればその「やりがいは?」など、抽象的な質問をされることも。

  1. 現在どのような仕事をしていますか?
  2. 仕事のやりがいはどんなときに感じますか?
  3. 他社の面接は受けられてますか?
  4. 他社に受かったらどうしますか?

④未来の質問【何をしたいですか?】

そして、4つ目は「未来」のこと。

計画を持って動いているか?

建設的で論理的な人生設計ができているか?

をチェックする質問ね。

  1. 弊社でやりたい仕事は?
  2. 弊社をどのように発展させてきたいですか?
  3. これからのキャリアプランは?
  4. 5年後になりたい姿は?

⑤志望の動機【なぜ当社を選んだのですか?】

そして5つ目は「志望動機」。

転職希望先の会社情報をWEBサイトや社長ブログ、オフィシャルSNS等で事前に情報収集しておこう。そしてそれらを「自分の志望動機に絡めて回答する」とキレイ。

自分の希望、自分のビジョンだけでなく「会社の繁栄・発展」「転職先と自分が融合することで得られる両者の相乗効果」等、自分を採用するべき必要性・有効性をアピールしよう。

  1. なぜ弊社に興味を持ったのですか?
  2. 弊社があなたを採用するメリットは?
  3. 同業他社と弊社のちがいは何ですか?
  4. 弊社で担当したい業務は何ですか?

⑥逆質問タイム【何か質問はございますか?】

質問している様子

そして6つ目。

これまでのさまざまな質問に答えることができても…まだまだ安心するなかれ。

最後は企業側から「何か質問はございますか?」と聞かれることも多々。

これはこっちから企業に質問できる、いわば「逆質問タイム」。

この場合は「明らかにホームページに書いてあること」や「当たり障りないもの」は単なる情報不足と評価されてしまうのでNG。きちんと意志のある質問でアピールしよう。

  1. 何か質問はございますか?
  2. わからないところはありましたか?

アピールを込めた質問とは?

例えば…

  • 「採用いただいた際、入社までに勉強しておくことはありますか?」
  • 「配属予定である部署は今どんなお仕事に取り組まれていますか?」
  • 「御社で活躍されている方の共通点があれば教えていただけますか?」

など「面接時だからこそ聞ける質問」で、入社意志・真剣度の高さをアピールしよう。

ポイントはひとつ「ストーリーがあるか」

本のイラスト

自己紹介から「過去・現在・未来」として「志望動機」まで、一貫して「御社を選んだ理由」というストーリーで紡いでいけるかがポイント。

もし、質問に対する回答のひとつひとつは優等生でもストーリーがないと…

面接官から見て自社にアプローチしてきた理由を感じることができなければ「なんでうちを選んだのかな?」「別にどこでもいいんじゃないか?」「さっきから、あまり核心めいた回答がないな」となってしまう。

転職テーマのない転職は失敗につながるので注意しようね。

関連記事:転職あるある「5つの失敗談」から学ぶ転職の成功の秘訣とは?

年代によっても変わる面接官のマインド
当サイト管理人「たず」のイラスト 企業で面接官も経験ある
当サイト管理人「たず」

WEB系・ブランディング系を主にしていた企業で、役員をやりつつ面接官も数年やった経験があるボクから、面接側からのお話をしたいと思います。

※会社や募集職種によって変わるので、あくまで下記は「いち面接官経験者」の話として「ひとつの感想にすぎない」としてご参考までに。

※職種イメージは「IT系」「クリエイター系」と思ってください。

20代中盤以下の場合

  1. 第一印象はかなり大事(部屋に入ってきた瞬間の印象)
  2. 身だしなみもとっても重要
  3. 話し方
  4. 社会人としての基本的なマナーがあるか
  5. すぐに辞めそうじゃないか

このあたりは心象に大きく関わります。「え、話の内容じゃないのかよ」と思うかもですが、実は面接によっては「似たような回答」が連発される(特に営業職)ため、面接人数が大きくなればなるほど、面接官も非常に疲れてくるんです。20代中盤以下の選考は特に実績が少ない人も多いので、このあたりは合否を左右していました。スキルが横並びになりがちな20代においては、重要な要素と思います。

私のいた会社の場合ですと「クリエイターだからってラフすぎる格好」な人はNGでしたし、時間ぴったりにくる人もルーズさがあるということで落選していました。実力だけでも合格しない場合もあると。


20代後半の場合

  1. 前職のスキルを自社で存分に活かしてくれそうか
  2. 半年以内にチーフやアシスタントマネージャーに育成できそうか
  3. 職歴が過去と現在と未来がつながっているか
  4. 新規部門や新規企画で主力になってくれそうか

20代の広範になると、30代レベルではないにしろ「即戦力」が合否にシフトします。大きな役職ではなくても、社内や部門のチーフ的な存在になれそうかどうか。

20代後半でもまだまだ幼さが残る転職者も多いため「大人度」もみていましたね。甘えが見えるような経歴や話の内容だと、20代後半からだと採用に至りませんでした。


30代以上の場合

  1. たった今社内に合流しても働けるような即戦力かどうか
  2. 自社の弱みや未開拓領域を補強できるスキルや経験があるか
  3. 職歴が実際に過去と現在と未来がつながっているか
  4. 自社にいる人材と合いそうかどうか・社風とマッチするか
  5. マネジメント経験の有無(ない人は「やってみたいか」どうか)
  6. プレイングマネージャー経験の有無(同上)
  7. (面接する部門長が)自分の部下にしたいかどうか

30代になるとご覧のとおり「即戦力」が条件です。THE 中途採用ですね。身だしなみなどはもはや当たり前の領域で、条件にも入ってこないほどの常識です。

ただし「話し方」に関しては20代の選考同様「そこまでうまくなくても、キャリア設計・ストーリーがあるか」を重視していました。多少話が下手でも「本当にうまくないのか」「面接緊張して話せないだけなのか」は面接官からはわかりますので、それよりも言わんとしている「内容」をが大事です。

〜メラビアンの法則〜

鏡のイラスト

「聞き手への影響力は『言葉』よりも『言葉以外のもの』のほうが圧倒的に高い」という心理学研究の結果。

人の第一印象は「会って3秒ほど」で決まり、影響力のパーセンテージ比率は、

  • 視覚情報(見た目・しぐさ)55%
  • 聴覚情報(話し方)38%
  • 言語情報(話の内容)7%
    おしえるちゃん

    なんと印象の「93%」が雰囲気で決まると…

    めっちゃ「見た目」「身だしなみ」大事説ね。

話しの上手さより「転職に至る一貫性」が大事

オンライン会社面接の様子

転職での企業面接となるとどうしても緊張してしまい「うまく話そう、うまく話そう」と思ってしまいがち。

そしてそれ自体はもちろん良いことなので問題ないんだけど、

覚えておきたいのは「話の上手さよりも、過去〜現在〜未来へとつながる一貫性(ストーリー)」があるかどうかってこと。

おしえてくん
一貫性か…
おしえるちゃん

転職に至る現在に一貫性があるほど、

「強い志望動機」と言えるからね。

本記事で随所に語ってきた「過去〜現在〜未来」とつながる、自分のキャリアプラン、キャリアアップ。

これらについて一貫しているかどうかはとても重要なんだ。

「自分のキャリアを活かし、御社にこういうふうに貢献できるから転職を望んでいる、そして将来は御社でこうなりたい」という「ストーリー」の軸があるかが大切。

自分の夢だけを語るストーリーでなく、転職先の企業の発展を含めたストーリーであることがポイントだよ。

キャリアに一貫性がない場合は?

もし自分のキャリアに一貫性がない場合でも「将来やりたいこと」に結びつけるなどの策は必要。単に「なんとなく仕事を点々としている」印象を持たれないようにしようね。

「6つの質問の法則」まとめ

おしえてくん
基本の6つ、この答えを用意しとくと…
おしえるちゃん

そして個別に考えるのでなく、

自己紹介の段階から「流れ」「ストーリー」を意識してね。

  1. 前フリ【自己紹介をお願いします】
  2. 過去の質問【何をしてきましたか?】
  3. 現在の質問【何をしていますか?】
  4. 未来の質問【何をしたいですか?】
  5. 志望の動機【なぜ当社を選んだのですか?】
  6. 逆質問タイム【何か質問はございますか?】

面談の回答レクチャーは「無料」でプロに教わる時代

転職エージェントに相談する風景

面談でのウケの良い回答の仕方、企業によっての面談の特性など、

一般人からするとなかなかわからないことを無料で教えてくれるのが、昨今大活躍の「転職エージェント」。

非公開求人含め多くの求人案件を持っている大手転職エージェントでは「面談の指導」や「履歴書・職務経歴書のチェック」さらには「企業との面接日程調整」「給料交渉」もしてもらえるよ。

勝負の面談においては丸腰でのぞまずに、まずはプロのアドバイスを聞いておこうね。

おすすめ転職エージェントは?

おすすめする女性

関連記事は…【20代】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

関連記事は…【30代】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

「IT系」のおすすめ転職エージェントは?

パソコンのイラスト

関連記事は…【IT業界の転職エージェント】エンジニアやデザイナーにおすすめは?

【結論】転職の面接は「6つの質問の法則」がある

と、いうわけで今回の結論は「転職の面接は「6つの質問の法則」がある」だったよ。

面接官や企業によって質問の仕方は異なるけど、この6つの回答を用意できれば、本番も心強いからね。

おしえるちゃん

面談は「準備で8割」決まる。

作戦立ててのぞもうね。

スポンサーリンク