初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

会社の口コミや評判の調べ方は?転職の失敗を防ぐ「2つの方法」

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • 転職で失敗したくない…
  • 転職先の評判や口コミを知りたい…
  • ブラック企業には転職したくない…

転職はリスクもある

落ち込む社会人

転職というと「新天地で新しい気持ちで働ける!」というイメージがあるけど、

一方で「ハズレの会社に入ると終わり」「元の会社にも戻れないし詰む」などのリスクも…。

そんなとき、行きたい会社のリアルな評判や口コミを見れたり聞けたら…

スポンサーリンク

【結論】転職前にネットとリアルで口コミ調査を

会社の事前情報をつかむための結論は「ネットとリアルで口コミ調査」をすること。

おしえてくん
ネットとリアルで口コミ調査…?
おしえるちゃん

そう。

自分の感覚でなく第三者のデータや意見を参考にするの。

使えるリソースをすべて使ってリスクヘッジを

積み上げるイメージ

このネット社会、大企業から中小企業までさまざまな会社の情報がネットで公開されているんだ。

それらをチェックせず、単に「直感」「面談がスムーズだったから」「最初に合格くれたから」「そこしか受からなかったから」という理由で決めてしまうのは危険でしかないよ。

転職活動は確かにストレスと不安の毎日が続くけど、最後の最後まで、コツコツと。

そのコツコツの全てがキャリアアップにつながる。

転職先の決定にあせりは禁物ね。

スポンサーリンク

厚生労働省も警鐘を鳴らす「ブラック企業」

深夜まで作業するサラリーマン

会社の口コミや評判を知る際に、待遇や風土に潜む「ブラックさ」も気になるところ…

厚生労働省の「確かめよう労働条件:労働条件に関する総合情報サイト|厚生労働省」にても「ブラック企業」の定義が語られていたり、厚生労働省出典の資料では過去のブラック事案、ブラック企業の実名リストなんかも公開されているんだ。

関連記事:ブラック企業の見分け方は?転職前に気をつけたい「9つのポイント」

おしえてくん
政府の厚生労働省の関連サイトにも「ブラック企業」なんて言葉が載ってるんだ…
おしえるちゃん

それだけ一般化していて、

事案も多いって推察できるわよね…

スポンサーリンク

「会社の評判・口コミ」の調べ方【ネット編】

パソコンを見て驚く女性

では、さっそく調べていこね。

まずこれから紹介する企業評価の口コミサイトを活用しよう。

退職者から、元いた会社の口コミを集めている評価サイトを活用するんだ。

匿名ながら誰でも書き込めるわけでなく、ユーザー登録を経て閲覧や書き込みができるため、信ぴょう性を高める努力をしているサイトだよ。

今回は下記の2サイトを紹介するね。

 ①転職会議

「転職会議」WEBサイトURL:https://jobtalk.jp/

おしえてくん

すごい…口コミだけで16万件以上…

(※2020年6月時点)

おしえるちゃん
ちょっとポイントを見ていこうね。
※以下キャプチャ画像は社名は消してありますが、実際のサイトでは社名も表示されます。

①リアルな退職者の声が読める

やはりこういった評価サイトの目玉は「実際に働いていた人」の口コミ。
「年収・評価制度」「退職理由」「仕事のやりがい」「入社後に感じたギャップ」などカテゴリ別にわかれているよ。

元社員の声

口コミのカテゴリのキャプチャ

②レーダーチャートと総合評点

口コミの書き込みが多ければ多いほど、データにもボリュームが出る。直感性のあるレーダーチャートと口コミの人数別でわかる総合評点がポイント。

退職者の声の評価チャート

③年収分布

その会社の年収分布も見れちゃう。自分の転職後の給与イメージの参考にしよう。

年収分布

 

②openwork

「openwork」WEBサイトURL:https://www.vorkers.com/

おしえてくん
評価サイトって結構あんのね…
おしえるちゃん
このopenworkもとても有名だよ。
※以下キャプチャ画像は社名は消してありますが、実際のサイトでは社名も表示されます。

①リアルな退職者の声が読める

「入社理由と入社後のギャップ」「経営者への提言」「退職検討理由」など生々しいコメントは読み応えあり…。

会社内の部署・ポジション別の投稿も見れるなど、なかなか切り込んだ構造。

会社への提言のキャプチャ

ポジション別のキャプチャ

②レーダーチャートで直感性が高い

パッと見で会社の空気や待遇がわかるレーダーチャートがあるよ。ここで総合評価をチェック。

評価レーダーチャート

③平均年収も見れる

口コミで書き込みが多いところは年収も見れるよ。転職後の現実的な給料がわかる仕組み。

年収のグラフ

いろんな口コミあるけれど…

口コミする人たちのイメージ

口コミ評価サイトは「ユーザー登録」しないと書き込めないので、通りすがりの人が適当に書き込めない仕組みになっているよ。

誰が書き込みしたかは匿名だけど、事前にユーザー登録している以上、極端に悪意のコメントの書き込みやウソ・捏造の投稿は抑止されているんだ。

退職理由や背景は十人十色。

冷静に、情報のひとつとして公平に読んでおきたいよね。

おしえてくん
参考になる口コミばかりだから影響されちゃうな…
おしえるちゃん

とってもリアルな口コミばかりだからね〜

でも自分の軸もちゃんと持っておこうね。

口コミサイトは非常に参考になる

当サイト管理人「たず」のイラスト ブラック企業経験もある
当サイト作者「たず」

会社宿泊は当たり前とか、なかなかの条件で働いていた経験もあるボクとして、元いた会社の口コミを見ると「完全に合ってるわ…」としか言えない情報ばかりでした。

どれも事実に即していたので、今回ご紹介した会社の口コミ評価サイトは信憑性は高いと思って使っています。

ただし「あんまり口コミに影響されすぎない」バランスも大事。どうしても、口コミって辛口になりがちなので…

今回ご紹介しているサイトはどちらも大企業だけでなく、中小企業ももちろん抑えているので、小さな会社でも結構口コミ出ます。

閲覧にはユーザー登録がいるけど、それも恣意的な口コミをさせないためのサイト側の防衛策。

ぜひ一度、試してみてくださいね。

「会社の評判・口コミ」の調べ方【リアル編】

転職エージェントに相談するいらすと

口コミと言っても、それだけを信じて自分で転職先を決めるのはちょっとリスク。
そこで、無料で相談できる「転職エージェント」にも聞いてみるのは確実だよ。
「話を聞きながら、アドバイスをもらえる」から、単にサイトを1人で閲覧してモヤモヤするのとは全くちがう収穫がある。
ネットの情報に影響されるとネガティブな情報だけを持ってしまい身動きできなくなるから、リアルな「人」にも聞いてみるのはとっても大事。
転職エージェントは生の情報をたっくさん持っているから、実際に気になる会社があったら「口コミサイトではこんな評価があって、このあたりが不安で…」と包み隠さず相談するのがオススメ。
また「転職エージェントに紹介してもらった会社を、口コミサイトでチェックもしてみる」という逆の方法も有効だから覚えておこうね。

おすすめの転職エージェントは?

おすすめする女性

すべての転職エージェントは「無料」で活用できるよ。

実績ある大手転職エージェントは非公開求人数の豊富さと情報量で、さまざまな提案や相談にのってくれる。

下記に厳選しているので、チェックしてみてね。

【結論】転職前にネットとリアルで口コミ調査を

と、いうわけで今回の結論は「転職前にネットとリアルで口コミ調査を」だったよ。

ネットだけの情報にまどわされない冷静さも持ちつつ、転職エージェントに相談しつつ進めるのが無難なところ。

人生の一大イベントとも言える転職、ひとりで悩んであせって決めないでね。

おしえるちゃん
ちょっと手間でも、ネットとリアルをうまく使おうね。
スポンサーリンク