初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

転職前に考える「4通り」のキャリアアップ。あなたはどのタイプ?

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • 転職ってどういうふうに考えるといいの?
  • 他の人ってどういう転職をしているの?
  • キャリアアップについて知りたい…

【結論】転職前に「4通りのキャリアアップ」で考える

転職するならキャリアアップをしたい、という人も多いはず。

しかしひとくちに「キャリアアップ」と言っても、同じ業界でずっとがんばる人や、全然ちがう業界を渡り歩き経験を積んでいく人などそのパターンはさまざま。

こういった「仕事の仕方」で、当然会社の選び方も変わってくる。

今回は「転職前に考えたい4つのキャリアアップ」を見ていくよ。

おしえてくん
いろんなキャリアアップの仕方があるんだね。
おしえるちゃん

参考になる「4パターン」を見て、

自分に合いそうなキャリアアップを考えてみようね。

スポンサーリンク

4通りのキャリアアップ・転職パターン

「4通りのキャリアアップ」のオリジナル図

おしえてくん
へー、結構あんだね…
おしえるちゃん

ではこの4つを説明していくよ〜

①「同企業型」キャリア

同企業型パターンのイラスト
いったん転職したら、骨を生める覚悟で同じ会社で定年まで勤め上げる。平社員からだんだんとステップアップし、課長、部長、幹部、あわよくば社長とキャリアアップをするパターン。大きな環境の変化を望まず、コツコツ積み上げるタイプ。
スポンサーリンク

同企業型キャリアのメリットは?

一つの会社を段階的・支配的に理解していくので、その会社内では誰にも負けないマエストロ(権威・専門家)になれる。幹部になれば給与的にも大きく跳ね上がり生活も安定する。まさにスーパーサラリーマン。

スポンサーリンク

同企業型キャリアのデメリットは?

「その会社でしか通用しない人」なる危険性がある。会社内ではどんなに偉くても、他の会社に行きたくても行けない可能性も出てくる。また、会社が倒産したら他社でやり直しになる。

②「同分野型」キャリア

同分野型パターンのイラスト
会社は点々とするけれど、プログラミングなら「プログラミング〜エンジニアリング」など同ジャンルの仕事をしながらその分野を極めていくスタイル。いわば職人系。

同分野型キャリアのメリットは?

会社を極めるのでなく「その業種の技」を極めるので、他の会社に転職するたびキャリアアップし昇給もできる。

同分野型キャリアのデメリットは?

例えばプログラミングなら「一生勉強」が強いられる。常に新しい情報や若い世代と張り合っていくというループも発生。また、自分が極めてきたジャンルが衰退したり、AIに取って代わられたりすると用ナシ・過去の人になってしまう。

③「変動型」キャリア

変動型パターンのイラスト
毎回職種を変えて新しいことに挑戦するパターン。ひとつの仕事を極めるスペシャリストでなく、幅広くいろいろできる「ゼネラリスト」といったところ。新しいことが好きな人向け。

変動型キャリアのメリットは?

関連性のないジャンルの経験は、逆に言えばさまざまな領域のビジネスに入っていけるチャンスや人脈形成を見込める。また、経験豊富な人材を求める会社や、新規事業の立ち上げにも強くなる。

変動型キャリアのデメリットは?

特化したスキルがないため、自他ともに「どっちつかず」「中途半端」という印象となる。それが転職に関しては不利に働くことも。

④「連携型」キャリア

連携型パターンのイラスト
業種も業界も変更する転職だけれども、それぞれの経験が「最終目標」に向かってつながっているパターン。例えば「ITを勉強した次は教育業界で経営を学び、最後は自分で学校やスクールを運営する」など。

連携型キャリアのメリットは?

あくまでビジネス・人生の目標に沿って経験を積んでいくので、一見関連性がないものでもひとつひとつの勉強濃度が濃く、確かなスキルとなって身についていく。

連携型キャリアのデメリットは?

目標としている最終形態のビジネスが時代遅れになったり、例えば新型コロナウイルスのような不測の事態で衰退した場合、人生の大きな方向転換を迫られる。

キャリア形成の失敗談・反省点

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回・起業7年目の
当サイト作者「たず」

「コネクティング・ドット」つまり「点を線にする」という考え方は有名ですが、まさに転職活動がその言葉に当てはまります。

ボクの場合は当記事の4パターンで言うと「②同分野型キャリア」としてIT業界を経験を積み、海外事業や教育事業をやりました。

「IT」という得意分野と「教育」という初めてのジャンルの融合。しかし反省なのは「④連携型キャリア」の思考で、独立前にちゃんと教育事業の勉強をどこかの会社するべきだったなと。

いまは経験に経験を積んでなんとかなりましたが、やはり「やったことないこと」をいきなりやるのはリスクでした。

「点を線にする」という考えで、計画的な転職をすることをオススメします。もし計画的にいかなくても、計画があることで軌道修正や方向転換を納得したうえでできるからです。

自分のキャリアプランを持って転職にのぞむ

キャリアを積み重ねるイメージ

20代、とくに30代でのキャリアづくりは、一生を左右する部分も持っているよ。

大げさな話ではなく、これはとても大事なこと。

しかしだからと言って「超安全策」などない現代、自分で思い切った決断をしていくことはやっぱり必要。

転職をする際には単に給料や待遇などのスペックだけを追わず「人生のキャリアプラン」を描きながら決めようね。

おしえてくん
プランとか苦手なんだけどな…
おしえるちゃん

わかるよー。

だからこそ今回の「4つのキャリアアップ」に照らして、

自分に合いそうな方向で転職活動すると、

企業を見る目が変わってくるの。

それがキャリアプランの第一歩ね。

関連記事:転職で年収を上げるには?「6つの年収アップ転職方法」とは?

キャリアアップ相談はプロのアドバイスを

転職エージェントとの面談

自身の転職を視野に入れたキャリアアップの相談はプロの転職エージェントにするのがオススメ。

今回の4通りでいうとどれに自分が近いのか、ハッキリしてない段階からでもアドバイスをもらいだんだん目標を明確にしていこう。

転職エージェントは無料で相談できて「履歴書・職務経歴書のチェック」「面接のレクチャー」「転職先との面接日程調整」「給料交渉」もしてくれる優れたサービス。

転職を効率化し、精度の高い転職を実現するために活用しようね。

関連記事は…【20代】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

関連記事は…【30代】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

関連記事は…【IT業界の転職エージェント】エンジニアやデザイナーにおすすめは?

【結論】転職は「4通りのキャリアアップ」で考える

と、いうわけで今回の結論は『転職は「4通りのキャリアアップ」で考える』だったよ。

転職するときに給与・待遇といった「スペック」のみならず「人生でどのようなキャリア形成が自分にあっているか」を整理しながら動いてみよう。

おしえるちゃん
中長期の転職思考を持とうね。
スポンサーリンク