初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

【IT業界の転職エージェント】エンジニアやデザイナーにおすすめは?

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • エンジニアやデザイナーの転職サービスってある?
  • 信用できるIT系転職エージェントだけ知りたい…
  • IT業界の転職のコツも知りたい…
目次

【結論】自分の「IT転職エージェント」を探し出す

フロントエンドにバックエンド、デザイナーにディレクターなど、

IT系の転職市場は変わらず活況。

コロナウイルスのさなかでも暇なエンジニアはいなかった、なんて言われるほどIT系クリエイターの需要は高まるばかり。

おしえてくん

でも転職サービスって数が多くて…

転職のときにどこを使えばいいんだか…

おしえるちゃん

今回は「ここなら間違いない」という転職サービスを紹介していくね。

複数の会社と面談してみて「自分のパートナー(転職エージェント)」を決めるのが成功の秘訣。

スポンサーリンク

【お急ぎの方は】以下の「7サイト」が当記事の答えなので抑えておこう

本記事では確実に安心できる会社、当サイト管理人が使ったことがあったり、取材をしたり担当者に会ったことがあったり、WEB上での評価も高く安心できるところだけを紹介するよ。

IT系転職の必勝法は?

「市場の様子」「自分の要望を整理整頓」しておく

重要のマーク

エンジニアとしてスキルがあるならなどはきちんと「次の転職で求めること(給与や待遇、ポジションなど)」を転職エージェントに伝えようね。

また、自分がまだちょっと経験が浅い場合は「自分の市場単価(つまり希望給料)をやや下げる」ことで希望の会社やプロジェクトに入りやすくなる傾向があり。

IT系の転職の際は、


  • 転職サイト・転職エージェントサイトで「給与感」「待遇感」をざっと見てから、
  • 転職エージェントの専門的な話を聞きつつ、
  • そのうえで最終決定。

この「3ステップ」が手堅いところだよ。

つまり「市場の様子」をプチ調査してから、転職エージェントの話を冷静に聞いて、決定と。

スポンサーリンク

転職「サイト」転職「エージェント」のちがいは?

おしえてくん
転職サイトと転職エージェントのちがいってなんだっけ?
おしえるちゃん
あ、それは下の図のようなちがいね。

転職サイトと転職エージェントの図

  • 転職サイト:自分で求人を探し・自分で応募する
  • 転職エージェント:無料で求人を探してくれる・無料で給与交渉や面談日程の調整もしてくれる
  • 両方の属性が1つのサイトに収まっている転職サービスもある
スポンサーリンク

自力での就活はもはや時代遅れ、そして危険

「全て自分で就活」はちょっと危険

注意のイラスト

転職エージェントなんてめんどくせー!自分で転職サイトで調べて応募だぜ!というのはちょっともったいない。。。

なぜなら、こんなリスクがあるから。


  • 自力で応募だと学歴や職務経歴書の質で落選する
  • そもそも転職エージェントは完全無料

しっかり転職エージェントを活用がクレバーだよ。

エンジニアの転職意識は?

円グラフのイメージ

転職サービスのお話にいく前に、この話題をひとつ。

以下は、エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」さんが20~59歳の会社員4,000人(!)を対象に「転職」に関するアンケート調査を行った結果だよ。

※fabcross for エンジニア「エンジニア意識調査」よりデータ引用

  • 20~50代エンジニアの41.8%が転職経験アリ
  • 転職した理由は「収入アップのため」(41.0%)
  • 転職経験のあるエンジニアの半数が転職エージェントを利用している
  • 転職エージェントを「利用して良かった」60.2%、「後悔している」のはわずか4.0%
  • 転職しない理由は「転職活動が面倒」「勇気がない」「今の業務に満足している」
おしえてくん

転職エージェントの需要半端ないなコレ…

おしえるちゃん

もはやIT系転職には欠かせない存在よね。

実際に3社の転職エージェンシーにインタビュー

当サイト管理人「たず」のイラスト WEB制作会社経営の
当サイト作者「たず」

本記事は、3社のIT系転職エージェンシーにて業界の同行や採用のポイントのインタビューを行ったうえで書いています。(※記事を読むとだいたいわかるかもしれませんが、ひいきや情報にかたよりが出ないよう、また固定のイメージがつかないように社名は伏せておきます)

また、ボク自身がWEB制作系の会社を経営しているので、IT系が専門でもあります。

教育系のビジネスもやっているので、未経験からのIT業界の転職も何人も見てきました。

これらの知見を持って、でもなるべくシンプルにIT系の転職サービスをご紹介していきます。

IT業界向けの転職サイト・転職エージェントは?

それでは、IT系・エンジニア系の転職サイト・転職エージェントを紹介していくよ。

本記事では確実に安心できる会社、当サイト管理人が使ったことがあったり、取材をしたり担当者に会ったことがあったり、WEB上での評価も高く安心できるところだけを紹介するよ。

おしえるちゃん
じゃ、いってみよー

①レバテックキャリア

レバテックキャリアのWEBサイト

「レバテックキャリア」とは?

エンジニア特化で15年、IT転職業界最大級のIT人材総合サービス「レバテック」のエンジニア求人・転職サービス。

アドバイザーが年に3,000回以上企業を訪問し、5,000件を超える求人の中からの提案で「内定率90%」「270万円年収UP」の実績も。他に「レバテッククリエイター」や「レバテックフリーランス」など多彩に転職・求人サービスを展開。※各数値情報はレバテックキャリア ホームページより

「レバテックキャリア」がIT系の転職にオススメの理由

※各数値情報はレバテックキャリア ホームページより

  1. 転職エージェントのエンジニア知識・スキルが高い
  2. 年収アップ率60%・平均年収アップ額50万円(2019年2月時点)
  3. 15年間のノウハウと約5,000件の求人数(2019年2月時点)
  4. IT系エンジニアの転職サービスの定番というブランドと信頼
  5. 転職開始から内定まで最速1週間・実際に選考を受ける企業「平均6件」(決定者実績(2018/4~2019/9))
IT業界精通、屈指の転職エージェントに強み

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回・WEB会社経営の
当サイト作者「たず」

レバレックさんを利用した人の話で圧倒的に多いのは「転職エージェントのエンジニアスキル、ナレッジがとても高い」ということ。これはよく聞きます。

一般的な転職エージェントだと、ともすれば「自分よりIT業界に詳しくないのかな」という担当者がつく可能性もありますが、このレバテックさんではむしろ「自分よりベテランだ」とか「すごい詳しくて頼れるな」と思える担当者さんに出会える期待ができるのがポイント。現役の実体験ユーザーからリアルな高評価を受けています。

ボク自身が運営しているスクールでも、このレバテックさんはオススメしているIT専門転職エージェントなんですよ。

なお、デザイナーやディレクター、プロデューサー職の求人・転職サービスなら次に紹介する「レバテッククリエイター」をチェック。

②レバテッククリエイター

「レバテッククリエイター」とは?

エンジニア特化で15年、IT転職業界最大級のIT人材総合サービス「レバテック」の「WEB業界・ゲーム業界の専門転職エージェント」版。

デザイナーやディレクター、プロデューサー職の求人・転職サービスを行っている。アートディレクターなどの職種検索に加え、フォトショップやイラストレーターなどの業務ツールでの絞り込み検索も可能、スキルと経験からマッチング求人を探せるのも特長。

「レバテッククリエイター」がIT系の転職にオススメの理由

※各数値情報はレバテッククリエイター ホームページより

  1. WEB業界・ゲーム業界の専門転職エージェント
  2. 常時案件1,000件以上
  3. デザイナーやディレクター、プランナー職に強いという貴重性
  4. 登録者数15万人(2020年3月現在)
  5. 業界内最高レベルの高単価・高い専門性のコーディネーター
貴重な、デザイン・ディレクター系転職サービス

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回・WEB会社経営の
当サイト作者「たず」

プログラマーの求人が活況というなかで「デザイナー」「ディレクター」などのIT系求人も実はニーズが高いです。

しかし、ニーズは高いが目立った専門転職サービスがないようにも見えるWEB・ゲーム業界の「デザイナー」「ディレクター」の専門転職エージェントがこの「レバテッククリエイター」。

ボクのいるWEB業界でもたまに聞くのが「プログラマーは求人多そうだけど、デザイナーってどうなんですかね…?」という不安の声を聞くので、その不安を解決するサービスですね。IT系転職のトップブランドのひとつレバテックさんが運営というのも安心。

デザイナーやディレクター、プランナー、フロントエンドエンジニアなども抑えておきたい専門エージェントです。

③マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×ITのWEBサイト

「マイナビエージェント×IT」とは?

1973年創業の人材広告企業・人材情報サービスの老舗ブランド「マイナビ」がIT・Web業界に特化させたITエージェントサービス。

コンサルティングファームから大手SIer、WEB・ゲームなどのエンジニア系、メーカーやベンダーなどIT特化の幅広い実績。IT業界の転職市場に精通した専任制チームからなるキャリアアドバイザーが転職をサポート。

母体となる「マイナビエージェント」は全国主要都市11拠点のサポート体制(京橋・新宿・横浜・札幌・仙台・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡)※2020年7月時点

「マイナビエージェント×IT」がIT系の転職にオススメの理由

※各数値情報はマイナビITエージェント ホームページより

  1. サービス利用者・現役エンジニアからも高評価で各評価サイトでも話題
  2. 社内SE求人「1人あたり53件」(2020年6月25日時点)
  3. コンサルファームからメーカー、大手SIer、WEB・ゲーム系など幅広い
  4. 非公開求人・独占求人も充実(2020年6月25日時点。IT・クリエイティブ系職種 非公開求人数6,754件 / 12,999 件)
  5. キャリアアドバイザーにIT業界出身者が多い/紹介先企業例も世界的IT企業多数
大手の安定感は提案の幅の広さにも

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回・WEB会社経営の
当サイト作者「たず」

元々ITに強いマイナビさんが「IT・WEB」に特化して提供するのが「マイナビエージェント×IT」。実は、個人的にかなりイチオシです。

「社内SE求人 1人あたり53件」(2020年6月25日現在:WEBサイトより)というのも「大手ならではの保有求人数とサービスの質」がなせる結果というところ。

マイナビのIT版、使ってみてください。じつは、ここ最近のIT系転職エージェントで言うとこの「マイナビエージェント×IT」さんは数多くの辛口評価メディアでもトップレベルで評価が高いんです、ほんとに。率直に「ロジカルで厳しい目線を持つエンジニアからの評価を幅広く受けているなんてすごいな」という感想。

提案の幅の広さ、利用者満足度の高水準、そして転職結果。これら総合的に見て、実際に使ったさまざまエンジニアが推す理由もわかると思います。

ボクは仕事で、このマイナビの担当さん数名と何度も採用の仕事をしたことがあるんですが、非常に求職者・転職者の立場に立った提案や考え方をされています。ユーザーからは見えない裏方の仕事も熱心で素晴らしいな、という感想を企業側からも持ちました。このあたりも、高い評判に結びついてるんですねきっと。


さらに、同じマイナビさんのサービスとしてWEB・ゲーム関連に特化の「マイナビクリエイター」もあるので、このあとすぐにご紹介します。

↓こちらはデザイナーやディレクターもカバーする転職サービスです↓

④マイナビクリエイター

マイナビクリエイターのWEBサイトTOPページ

「マイナビクリエイター」とは?

1973年創業の人材広告企業・人材情報サービスの老舗ブランド「マイナビ」がWeb・ゲーム・IT業界のクリエイター向けに特化させたITエージェントサービス。

ITクリエイター転職にとって重要なポートフォリオの添削、Web・ゲーム系クリエイター関連の独自ノウハウ。サービスの質を担保するため「専任キャリアアドバイザー1人あたり毎月『20名』までをベース」にするなどこだわりのサポート体制。

母体となる「マイナビエージェント」は全国主要都市11拠点のサポート体制(京橋・新宿・横浜・札幌・仙台・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡)※2020年7月時点  ※数値情報はマイナビクリエイター ホームページより

「マイナビクリエイター」がIT系の転職にオススメの理由

  1. Web職・ゲーム業界ではトップクラスの保有求人数(WEBサイトより)
  2. Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーが担当
  3. ポートフォリオ作成サービス「MATCHBOX」の魅力
  4. 企業が求める正確なポートフォリオ作成のアドバイス
  5. 独自の求人マッチング力も評判
デザイナー、ディレクターに嬉しい転職サービス

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回・WEB会社経営の
当サイト作者「たず」

WEBディレクターにWEBデザイナー、マークアップエンジニアにゲームプランナーまで。

大手マイナビが「マイナビエージェント×IT」と共に提供しているのがこの「マイナビクリエイター」です。

Web・IT・ゲーム業界の出身の転職エージェントが多数在籍するため「転職に効果的なポートフォリオ」の作り方やブラッシュアップもアドバイスをもらえます。履歴書・職務経歴書の添削や面接時のアドバイスも、書類モノが苦手なクリエイターには嬉しいところ。アーティスト肌の人には、こういった「事務的フォロー」はめっちゃ助かるんだよなほんとに…。

マイナビクリエイターさんのサービスは「ものづくり系クリエイターの苦手な部分、フォローしますよ」感があるので、わかっているな〜という印象。しかも母体は安心の「マイナビ」ですからね。

そして「求人数=チャンスの数」とも言えるので、業界トップクラスの「保有求人数の量」は期待が持てます。

⑤リクルートエージェント

リクルートエージェントのWEBサイト

「リクルートエージェント」とは?

1977年創業の最大手、株式会社リクルートキャリアが運営する転職支援実績No.1(※転職支援実績は累計45万名以上(2018年3月期)リクルート社調べ)の総合転職エージェント。

全国区の求人をカバーし、厳選非公開求人数は約20万件。※各数値情報はリクルートエージェント ホームページより

「リクルートエージェント」がIT系の転職にオススメの理由

※各数値情報はリクルートエージェント ホームページより

  1. 厳選非公開求人数が約20万件(2020年6月17日時点)
  2. 転職実績No1(創立約40年の期間で転職者は累計約45万人(2018年3月期)
  3. NTTコムオンライン NPSベンチマーク調査「転職エージェント部門」第1位(2018年)
  4. ITエンジニア系の部門があり専門性に特化/エンジニア→コンサルなどの同業種・別ポスト転職にも有効
  5. 全国主要都市12拠点でサポート(丸の内・札幌市・仙台市・宇都宮市・千葉市・立川市・横浜市・静岡市・名古屋市・京都市・大阪市・神戸市・岡山市・広島市・福岡市 ※来社難しい場合は電話面談も可)※2020年7月現在

非公開求人のイメージ

企業のホームページや転職サービスサイトなどに掲載されていない求人のこと。

主な特長としては企業が「事業戦略に直結しているプロジェクトのため世間一般に公開をしないでおきたい」「求人掲載まで待てないのですぐに転職エージェントに知らせ募集したい」「該当ポストを募集していることを他社に知られたくない」などの背景があることが多い。

よって公開求人に比べ、企業が求める「能力・スキル・ポジション」が明確で即戦力を求める傾向にある。キャリアアップを目指す方には非常に有益な募集情報。

キャリアアップ的キャリチェンジにも有効

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回・WEB会社経営の
当サイト作者「たず」

IT完全専門の転職エージェントは、経験年数や高いスキルが求めらます。

リクルートエージェントは元々ITの求人に強く、非公開案件だけでも「20万件以上」というスケールですから、持っている求人の数が群を抜いてるのが強み。転職では、そのエージェントが持つ保有求人数がそのまま「チャンスの数」とも言える。リクルートエージェントさんは確実にエージェントのリストに入れておきたいです。

そして、リクルートエージェントの「IT求人」とは、決して「プログラマー系のみ」「デザイナー系のみ」ということでなく、キャリアアップに強いということも特長。

例えば「今まではIT現場で社内SEだけでやってきたけど、次はコンサル系の会社、ビッグデータ系の営業職で年収アップ・キャリアップを狙う」など。単にエンジニアのエンジニア転職だけではないと。IT系クリエイターやエンジニアの「次のキャリア」を相談できる、懐の深さも魅力です。

なお、リクルートでボクの知人が3名働いてましたが、2名は独立しています。転職エージェント自身もキャリアップをし、優秀な起業家も多いのがリクルートさんの特長。中長期的なキャリア相談ができる転職エージェントがそろっているのが強みですね。

⑥テックスターズエージェント

「テックスターズエージェント」とは?

IT系のフリーランスエンジニア、デザイナー(個人事業主)専門のエージェントサービスである「Midworks」を運営する「株式会社Branding Engineer」が運営。

IT・ゲーム業界に特化で、個性豊かな専任のキャリアアドバイザーを揃える。

「テックスターズエージェント」がIT系の転職にオススメの理由

  1. 運営会社はフリーランス転職エージェントで著名な「Midworks」を運営
  2. 少人数精鋭の転職エージェントゆえ親身で掘り出し物求人の期待ができる
  3. 会員登録で求人サイト「テックスターズ」も併用できる
  4. 転職エージェントが全員エンジニア経験者や独立支援をしている
  5. 各エージェントが個性的で専門性が高い
濃い情報を聞けて人生相談もできるエージェント

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

この「テックスターズエージェント」さんは新し目の転職エージェントさんです。

IT・WEB・ゲーム業界特化の専門。

実際にこの「テックスターズエージェント」さんの転職コンサルタントのお一人とお話したのですが「とにかく情報がリアルで濃い」「転職というフィールドを超えて人生相談・中長期キャリアの相談もできる」という感想を持ちました。とても勉強になりました。

テックスターズエージェントさんは「転職エージェントが全員エンジニア経験者や独立支援をしている方」だけで構成されており、少人数の有能なスタッフで構成されているため、しっかり相談にのってくれます。

濃いメンツで構成されていて担当者のハズレはなそうです(でも求人数は大手に比べて少ない面はあり)。

大手の話も聞きつつ、このようなマンツーマンでしっかり相談に乗ってくれるエージェントさんも抑えていくと良いですね。

転職エージェントのデメリットはある?

おしえてくん

結構、転職エージェントのいい話が続いたけど…

デメリットも知りたいな。

おしえるちゃん

WEB上にはいろいろ感想があるよね、転職エージェントの

ただそれらは「ユーザー側に実は原因がある」だったり「相性」だったり。

当たり外れがある?IT系転職エージェントの現実


IT系転職エージェントの各社を調べると「希望の求人がなかった…」「あまり紹介してもらえなかった…」などなど、

など、ミスマッチのお話はいくらでも出てくるんだ。

でも悪評には流されないのが安全。

なぜなら、トラブルの原因は例えば、


※個人の感想です。

  • ユーザー側の準備不足
  • そもそも相性が悪かった
  • ユーザーが「お客様モード」
  • エージェントが新人だった
  • たまたま求人がなかった
  • ユーザーの実績が足らず、それを補うやる気も足らなかった
  • 求人の条件を満たしてなかった

などなど、いろいろな理由が考えられるので。

複数の転職エージェントを登録前からただ見比べていても、それはあくまでWEB上の一部の情報に過ぎない。

まずは話をしてみて「いまの自分にフィットするかどうか」を自分の肌で確かめるが一番だよ。

合わない転職エージェントは「交代」のお願いを

選手交代のイラスト

もし、転職エージェントと合わないと思ったらすぐに「担当変更」の手続きをしよう。

多くのエージェントはお問合せフォームからそれを受け付けていたりするので、理由を書いて送ると交代してくれるよ。

クレーマーにならず冷静に

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

エージェント変更の希望をする場合は、エージェントさんに一方的な文句を言うとかはやめておくのが無難。

なぜなら、原因はこっちにある可能性は結構あるので。

あんまりひどいクレーム文だと、次のエージェントさんもこっちを警戒して力を発揮できないかもしれないです。

もしあんまり求人を紹介されなかったり、なんとなく噛み合わないことがあると、色々言いたいことがあるかもしれないですが…

マナーを持って最後までサービスを使うのが得策です。

例えば、担当者さんの変更理由は「自分も初めての転職でわからないこともあったので条件が曖昧だったかもしれませんが…」「アプリ系の情報にもうちょっと詳しい方がもしいたら…」など冷静かつ温和に進めて、次の可能性も閉ざさないでおくと安全。

関連する記事は:転職エージェント相談時の注意点。初心者が気をつける活用法とは?

IT系・エンジニア系の転職エージェントまとめ

おしえるちゃん

んじゃ、この記事紹介したド定番の

転職サイトと転職エージェントのまとめね。

女性や20代・30代の方はこちらもチェック

さまざまな年代の人々

今回紹介サービス以外にも当サイトでは「20代」「30代」「女性」に絞った転職サービスも特集しているよ。

気になる方はチェックしてみてね。

20代におすすめ

【20代】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

会社の評判・口コミを知りたい場合は…

転職候補の会社がいくつかできたら、転職エージェントに社風や内情など「会社の評判」を聞いてみようね。

さらにネットでの「元社員の口コミ」を集計している評価サイトもおすすめ。

会社の口コミや評判の調べ方は?転職の失敗を防ぐ「2つの方法」に詳しく書いているのでチェックしよう。

【結論】自分の「IT転職エージェント」を探し出す

と、いうわけで今回の結論は『自分のIT転職エージェントを探し出す』だったよ。

大手はしっかり抑えつつ、中規模エージェントともまずは話をしてみること。

会社よりも「人」なので、自分の転職エージェントを見つかるまで少し動いてみよう。

おしえるちゃん
根気よく、じっくりいこうね。
スポンサーリンク