初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

【30代】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • 30代の転職ってやっぱ不利…?
  • 初めてor久々だから転職のコツ知っときたい…
  • 30代に合う転職サイトと転職エージェントは?
目次

【結論】「30代の転職戦略」でのぞむ

働き盛りの30代。

仕事もわかってきて部下ができたり。

仕事はいろいろ変えてきたけど、昔より大人になっていたり。

20代の時とは働き方も考え方も変わってくるよね。

そんな30代には…どんな転職のコツがあるだろう?

おしえてくん

30代の転職って真剣度ちがうよな…

おしえるちゃん

大丈夫大丈夫。

「30代の転職戦略」を持っておけばOKよ。

「30代の転職戦略」でキャリアアップ

重要のマーク

「20代の転職のときに使ったから…」という理由だけで馴染みあるサービスを使うのでなく「30代には30代にあった転職エージェントや転職サイトを使う」のがポイントだよ。

給与アップや役職アップ。

あえてのキャリアチェンジ。

30代は20代と異なり、人生の勝負の転職にもなるからね。


  • まずは転職サイトで希望の業種やレベルを物色し、
  • 自分のキャリアを整理整頓し、
  • 複数の転職エージェントと話して選別する

地味だけど、この基礎的な戦略こそ大切。

以上を心得ておこうね。

30代の転職サービスに心強いセレクトをします

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

ボクは転職3回を経て最後の会社では執行役員になりました。(いまは起業して海外に住んでます)

30代の後半になるくらいから部長→役員とキャリアアップしたかたちです。

そんなボクが実際に使ったり、中の人と話したり飲んだことがあったり、WEBやSNSでも評価が安定しているオススメの転職サイト、転職エージェントを紹介していきますね。

幅広いサービスの会社からハイクラスのものまで、ニーズ別に選別します。

スポンサーリンク

【お急ぎの方は】以下の「7サイト」が当記事の答えなので抑えておこう

本記事では確実に安心できる会社、当サイト管理人が使ったことがあったり、取材をしたり担当者に会ったことがあったり、WEB上での評価も高く安心できるところだけを紹介するよ。

自分を「良質な商品」にできるか?

おしえてくん
しかし30代だと、転職自体不利じゃない…かな?
おしえるちゃん

若さで採用してもらえる20代とは確かに空気はちがうわ。

でも、30代は若さでなく「経験を売る」フェーズなの。

30代の転職こそ自信をもって

気合いを入れているポーズ


  • 採用側からすると「30代は脂が乗る一歩手前」という見方。
  • しかし就活側は「もう30代だし…」と弱気。

この「ねじれの関係」を覚えておこう。

つまり弱気になるだけ意味なく、結果も悪くなり、損。

平常心でのぞむだけで、弱気な他の候補者よりも目立てる。

前向きで採用側の気持ちが読めている人が就活を制すのが30代だよ。

30代は「企業が欲しい商品」になりきる

当サイト管理人「たず」のイラスト 採用担当もしていた
当サイト作者「たず」

ボクは企業で面接官や採用広告の作成、クライアントの採用支援もやっていました。

その経験からすると、この人材不足の現代で「30代だからアウト」はないです。男女ともに。

20代は確かに若さが売りで、採用側も「荒削りだが、育てられるかな」くらいで採用することも多々。

30代は応募側が「自分のキャリアの整理整頓」ができていて「採用側の企業が希望する思考・スキル」があれば、企業側は採用します。

職務経歴書を「採用側の企業が希望する思考・スキル」に整えることがポイント。でもそれって難しい。その難しさを具体的に、企業別に、戦略を一緒に立ててくれるのが転職エージェントなんだという思考を持ちましょう。

だからエージェントに「甘える」とか「丸投げで頼る」「最初のエージェントが合わないからあきらめる」などは失敗のもと。

「自分をプロデュースする」視点で、でもそれには客観性も必要なのでエージェントを起用するという立て付けがいいです。

関連記事:転職エージェント相談時の注意点。初心者が気をつける活用法とは?

スポンサーリンク

30代は転職の「検討者」と「経験者」でこんなちがう

以下は、転職サイトの定番「リクナビNEXT」さんの「30代の転職意識調査」の一部引用だよ。

転職の「検討者」と「経験者」では意識の差があることがわかるね。

リクナビNEXT「30代前半の転職って、有利? 不利?」よりデータ引用

30代前半、転職希望者の不安 「転職活動は不利だと思う?」

不利だと思う:57.5%

不利だと思わない:40.0%

有利だと思う:2.5%


転職経験者の声

不利だと感じなかった:50.4%

不利だと感じた:31.9%

どちらとも言えない:17.7%

おしえてくん
へー、転職前と経験者ではこんなちがうと…
おしえるちゃん

転職経験者は…

「不利だと感じなかった」が「半数以上」なんだよね。

スポンサーリンク

「転職サイト」と「転職エージェント」のちがいとは?

意外と混同しがちな「転職サイト」と「転職エージェント」のちがいを明確にしておこうね。

おしえるちゃん
下の図のようなちがいがあるよん。

転職「サイト」転職「エージェント」のちがい

転職サイトと転職エージェントの図

  • 転職サイト:自分で求人を探し・自分で応募する
  • 転職エージェント:無料で求人を探してくれる・無料で給与交渉や面談日程の調整もしてくれる
  • 両方の属性が1つのサイトに収まっている転職サービスもある

注意のイラスト

いきなり転職エージェントにふんわり頼るのは転職失敗のもと。

まずは、見よう見まねでいいので「転職サイト」で自分の興味ある業種や業界、キャリアップとしてどんなスキルがあればいくらもらえるのかを把握しようね。

そして「自分の市場価値」「希望する次のポジション」をつかんだうえで「転職エージェント」に相談する。

このプロセスがあるだけで、自分から要望や悩みごとの解像度が上がり、エージェントとの意思疎通が成り立つ。

この記事中盤で紹介するけど、

  1. 転職サイトで物色
  2. 転職エージェントに具体的に相談

このプロセスでいってみようね。

30代におすすめの手堅い転職「サイト」編

では、30代におすすめの「転職サイト」からご紹介。

本記事では確実に安心できる会社、当サイト管理人が使ったことがあったり、取材をしたり担当者に会ったことがあったり、WEB上での評価の高い安心できるところだけを紹介するよ。

おしえてくん
まずは「転職サイト」からね。
おしえるちゃん

30代の不安に応える、手堅いところを紹介するね。

 

①doda

dodaのWEBサイト

「doda」とは?

創業60年以上、総合人材サービスの大手パーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)が運営する「転職サイト+転職エージェント」のハイブリッドサイト。

WEBサイト掲載中の求人情報の数は国内最大級。職種・勤務地・こだわり条件など希望条件にマッチした絞り込みの求人検索も可能。各専門サイトでは「IT系・モノづくり系設計・メディカル・グローバル人材・エグゼクティブ」などに多様に展開。

「doda」が30代の転職におすすめの理由

※各数値情報はdoda ホームページより

  1. 30代の求人も「質・量」ともに高い
  2. 業界最大級の求人数(2020年7月2日時点で95,301件※非公開求人含む
  3. 転職者満足度No.1(電通バズリサーチ調べ インターネット上での人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数)
  4. 東京では3日間で10,000人が訪れる来場者数・出展企業数NO.1の「dodaフェア」も全国主要都市で開催
  5. 10万人が利用する「dodaアプリ」でさらに転職活動を強力サポート

非公開求人のイメージ

企業のホームページや転職サービスサイトなどに掲載されていない求人のこと。

主な特長としては企業が「事業戦略に直結しているプロジェクトのため世間一般に公開をしないでおきたい」「求人掲載まで待てないのですぐに転職エージェントに知らせ募集したい」「該当ポストを募集していることを他社に知られたくない」などの背景があることが多い。

よって公開求人に比べ、企業が求める「能力・スキル・ポジション」が明確で即戦力を求める傾向にある。キャリアアップを目指す方には非常に有益な募集情報。

dodaは守備範囲の広さも魅力

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

求人エリアは全国区で、安定した評価の転職サイト。守備範囲の広さも魅力です。

ボクがdodaを活用していたのは20代中盤〜30代にかけてで、転職のたびに自分の目で世の中の会社の給与や必要スキルの相場を把握してました。

自分的に経験豊富でもなかった時代、ボクの場合は広告代理店を主に探していた時期です(ライターもしていたので広告業界狙い)。

「大手でなく中小でとっとと出世したい」という目標があったので(実際には「とっとと」なんて甘かったですが)中規模の会社を物色してました。

dodaは使う際に「転職サイト」と「転職エージェント」がセットになっているので、そこがポイント。

なぜなら、転職の精度を高めるには、


①まずは自分で転職サイトで仕事を探してみて、

②転職エージェントに相談する。


という流れが良いので。

dodaさんはここが「一社完結」なので、ストレスなし。たくさん求人を見て、またそのあとはすぐ誰かに相談したくなるものですが、これがdodaさんだとシームレスにできるということですね。

ただでさえ時間がかかったり、1人で悩みがちな「30代の転職」を仕組み自体でサポートしている点はさすが。一見さりげないけど、実は大きなポイントです。

転職サイトと転職エージェント、フレキシブルに使えるdodaで転職活動を効率的に進められます。

②リクナビNEXT

リクナビNEXTのWEBサイト

「リクナビNEXT」とは?

転職者の8割が利用する業界最大手の株式会社リクルートキャリア運営の転職サイト。「おすすめしたい転職サイトNo.1」「使いやすいと思う転職サイトNo.1」「転職をサポートしてくれると思うサイトNo.1」(いずれも外部委託調査会社調べ:2018年12月)。

2020年7月3日時点で公開求人数は「42,179件」「今週の新着求人1211件」と圧倒的な求人数と質が魅力の転職サイト。日本全国の求人情報をカバーし、求人情報は「勤務地・職種・スキル・資格」などから絞り込み検索可能。

転職ノウハウを網羅したサイトコンテンツも充実しており転職成功のヒント満載の求人・転職のサイト。求人企業や転職エージェントから直接オファーが届くスカウトサービスも。

「リクナビNEXT」が30代の転職におすすめの理由

※各数値情報はリクナビNEXT ホームページより

  1. 「転職先と出会えたサイトNo1」「利用満足度No.1」(外部委託調査会社調べ:2018年12月)
  2. 営業・IT・建築など幅広い業種で未経験職もカバー
  3. 女性の転職も求人・特集ページ共に充実
  4. 出稿側の企業からの信頼も厚く定番の媒体
  5. スカウト機能が充実や限定公開求人も充実
採用側としても信用できるリクナビNEXT

当サイト管理人「たず」のイラスト 採用担当もしていた
当サイト作者「たず」

ボクがいた会社(企業ブランディング・マーケティング系)は「30代の求人はリクナビNEXT」とほぼ決まってました。

特に営業職の募集時は「業界未経験でも、他の業界で実績があれば会ってみたい」という感じで、幅広く募集できる媒体を求めていたからです。

そうなると前述の「doda」さんか「リクナビNEXT」さんは採用活動にはうってつけ。

採用広告を作るにあたり、企業へのヒアリングも熱心です。採用が決まったあとも「◯◯さん、どうですか?」と、ちゃんと働いているか、企業とマッチしているかのアフターチェックも欠かさない。つまりそれだけ「求職者・転職者のために裏方でがんばってくれている」ということなんですよね。

そして応募者側のみならず、企業側の対応やヒアリングにも熱心だからこそ、質の高い転職サービスであり続けるられるんだな、というのが企業側で見てきた感想です。

企業側からすると「リクナビNEXT」で2週間募集するだけでがっつり人が集まるので、そのなから毎回ほぼ100%採用していたかたち。「採用率の高さ」を採用側としてとても感じていました。

なので「採用に熱心な、いい人材を求めている会社」は自然とリクナビさんに集まるという流れができているんだと思います。

③ビズリーチ

ビズリーチのWEBサイト

「ビズリーチ」とは?

国内最大級の「ハイクラス転職サイト」。約4,400人の登録ヘッドハンター(2020年7月時点)や優良企業から非公開案件を含むハイクラス優良求人のスカウトがくるサービス。

無料で使えるサービスに加え、プラチナスカウトやヘッドハンターのサポートを受けれるなどの有料サービスが年収750万以上の「ハイクラス会員」750万円未満の「タレント会員」にわかれる。※各数値情報はビズリーチ ホームページより

「ビズリーチ」が30代の転職におすすめの理由

※各数値情報はビズリーチ ホームページより

  1. 35歳以上転職後年収850万円・職成功者6割(サイトより・2018年6月時点)
  2. 公開求人数「111,000」件(2020年7月時点)ハイクラスの非公開求人も
  3. 経営幹部・外資系・高収入を狙える
  4. 採用企業数(累計)13,300社(2020年7月時点)
  5. 企業やヘッドハンターから「スカウト」が届く利便性
ビズリーチでハイクラス転職を自動化する

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

ボクはビズリーチは起業してサラリーマンを引退した後もでずっと何年も登録してました(無料会員)。

登録のきっかけは、創業社長だった南壮一郎さんの著書を読んだのがきっかけ。創業前に打合せをよく渋谷の道玄坂のロイヤルホストでしていたそうで、のちにボク自身も起業してからそこで同じように打合せをしており、勝手にシンパシーも感じております(笑)

その社長さんが起業家としてすごい魂を込めてゼロから作り上げたの「ビズリーチ」ということで、その熱意に期待して登録したのが最初です。

やはり「企業側からのスカウト」から始まる就活なので、安心感というかスカウトが来ると期待感が持てます。「この人、いいかも」と企業は思ってくれているわけですから。そして基本「ハイクラス求人の転職活動が自動化・省力化」できるのが忙しいサラリーマンには嬉しすぎる。

「現状の年収=実力」とも言えるので、自分の年収によって来るスカウトの量やヘッドハンターたちの動きもかわるという印象。いかに自分が求められているかの指標にもなります。まさに勝負の30代以上向けという空気も感じますね。

無料プランでも十分空気感はわかるし使える機能も豊富なので、まずは登録してスカウトを待つと、マッチする企業との出会いがあるかもしれません。

30代におすすめの転職「エージェント」編

おしえてくん
お次は、30代向けの「転職エージェント」と。
おしえるちゃん

転職サポートしてくれのが「転職エージェント」。

30代のおすすめを見てこうね。

①リクルートエージェント

リクルートエージェントのWEBサイト

「リクルートエージェント」とは?

1977年創業の最大手、株式会社リクルートキャリアが運営する転職支援実績No.1(※転職支援実績は累計45万名以上(2018年3月期)リクルート社調べ)の総合転職エージェント。

全国区の求人をカバーし、厳選非公開求人数は約20万件。※各数値情報はリクルートエージェント ホームページより

「リクルートエージェント」が30代の転職におすすめの理由

※各数値情報はリクルートエージェント ホームページより

  1. 厳選非公開求人数が約20万件(2020年6月17日時点)
  2. 転職実績No1(創立約40年の期間で転職者は累計約45万人(2018年3月期)
  3. NTTコムオンライン NPSベンチマーク調査「転職エージェント部門」第1位(2018年)
  4. 同じくリクルートのハイクラス「キャリアカーバー」との併用も効果的
  5. 全国主要都市12拠点でサポート(丸の内・札幌市・仙台市・宇都宮市・千葉市・立川市・横浜市・静岡市・名古屋市・京都市・大阪市・神戸市・岡山市・広島市・福岡市 ※来社難しい場合は電話面談も可)※2020年7月現在
転職エージェント界トップレベルはさすがの実力

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

リクルートエージェントは「まずは登録・使ってみる転職エージェント」の定番中の定番。

ボクの知人も3名働いてましたが、提案してくれる幅の広さ=転職エージェントの知識量はさすがの一言でした。しかも「このレベルは社内にゴロゴロいますよ」と。この層の厚さこそ、リクルートエージェントが40年近くもトップを走ってきた証拠なんだと思います。

20代はもちろんのなのですが、さらに本格的にキャリアアップをもくろむ30代からの転職にも強いパートナーです。

『転職実績No1(創立約40年の期間で転職者は累計約45万人)』の実力はトップレベルで、30代の転職において安心して相談でき、非公開求人含めたスケールメリットでさまざまな提案を期待できます。

リクルート社で鍛えられた腕のいいエージェントたちは、土日の相談も可能。遅くまで今の会社で働いているサラリーマンには嬉しい限り。平日、定時で会社上がれることもそうそうないですもんね…。リクルートエージェントは、このあたりのサラリーマンの本音を理解してくれているのはさすがですね。

あと、30代で「年収800万円以上」を狙うならば…同じくリクルート社の「キャリアカーバー
」も使ってみるといいです。こちらはハイクラス案件に出会うチャンスが広がりますよ。

②dodaエージェント

dodaのWEBサイト

「dodaエージェント」とは?

総合人材サービスの大手パーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)が運営する転職エージェントサービス。

非公開求人を含む約10万件(20年6月時点)の求人から専門スタッフが希望や適性に合った求人をご紹介。専門的な知識を持ったキャリアアドバイザーが「履歴書・職務経歴書の書き方」「面接のアドバイス」までトータルにサポートする。※数値情報はdoda ホームページより

「dodaエージェント」が30代の転職におすすめの理由

※各数値情報はdoda ホームページより

  1. 非公開求人を含む95,707件(20年6月25日時点)からお仕事紹介
  2. 「doda転職サイト」で求人を探し「dodaエージェント」に相談もできる
  3. 専門アドバイザーが分業制なので各プロフェッショナルにじっくり聞ける
  4. 各評価サイトでも長年安定の高評価という安心感
  5. 全国主要都市12拠点でキャリアカウンセリング(札幌市・仙台市・丸の内・横浜市・静岡市・名古屋市・大阪市・京都市・神戸市・岡山市・広島市・福岡市※来社難しい場合は電話面談も可)
dodaエージェントの強みは分業制

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

dodaエージェントのポイントは「分業制」。

それが「キャリア・アドバイザー(CA)」「リクルーティング・アドバイザー(RA)」と略される各担当。

不安が多い30代の転職をそれぞれのプロが具体的なアドバイスとサポートで支えてくれます。


キャリア・アドバイザー(CA)

履歴書・職務経歴書のアドバイスからキャリア相談までできる転職の担当者。転職希望者からキャリアやスキル、志向性をヒアリングして提案をしてくれます。

リクルーティング・アドバイザー(RA)

それぞれが担当する企業を持ち、企業の採用計画や課題をヒアリングしているので持っている情報が新鮮で濃い。面接日程や年収交渉なども担ってくれます。


30代といえど、決して履歴書も職務経歴書も書き慣れてはいない人も多いのでは。

そしてこの両者の書類は単に書けばいいというものでなく「合否を左右しまくる」非常に重要な書類。

両アドバイザーに「自分をどういう商品として企業に売り出すか」を相談し、戦略的に転職計画を立てることができます。

双方のプロフェッショナルに相談できるのは、具体的で深みのある話が本音で出来る、ということ。これは転職で最も大事な要素ですから、dodaさんが本質を突いているのがよくわかりますね。

③マイナビエージェント

マイナビエージェントのWEBサイト

「マイナビエージェント」とは?

1973年創業の人材広告企業・人材情報サービスの老舗ブランド。各業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」が転職ノウハウを専任制でサポート。

企業への営業を行い求人人材の情報収集、社内の雰囲気などリサーチする「リクルーティングアドバイザー」も双璧となり転職を支援。

「マイナビエージェント」が30代の転職におすすめの理由

※各数値情報はマイナビエージェント ホームページより

  1. 20〜30代にフィットする企業求人を多数保有
  2. 20代に信用されている転職エージェントNo.1(2019年楽天リサーチ)
  3. エージェントの質が高く各分野の専門性が高い
  4. 女性の求人に注力した「Woman Will」も大手から中小の優良求人を網羅
  5. 全国主要都市11拠点のサポート体制(京橋・新宿・横浜・札幌・仙台・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡 ※来社難しい場合は電話面談も可)※2020年7月時点
定番のマイナビエージェント

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

馴染みやすい優しい作りのサイトながら、ハイクラス案件も豊富なところが魅力です。

マイナビは20代からの支持も高く楽天リサーチ(2019年)では「信頼されているエージェント」堂々の「1位」。

WEB上でざっと調べるだけでのその「口コミの評価の高さ」「親身なサービス」という評価が目立つ転職エージェントさんです。ボクの周りの転職者でも評判いいのがマイナビエージェントさん。

若い層の指示が高いというのは、それだけ転職エージェントとしてサービスがきめ細かいから。当然30代の転職でもマイナビさんならではの「手厚いサポート」「全国規模の求人」「他業種の求人を網羅」の強みがさらに活かされての「信頼されているエージェント」なわけですね。

特に30代からのキャリアアップ転職は、今後の人生を左右すると言っても過言ではない大事な転職…。

30代と言えど、そうそう「転職慣れ」している人も多くはないから、このマイナビさんが強みにしている「転職者への親身さ」は決定的な強みでしょう。大手企業のみならず、中小企業やベンチャー案件も豊富で強いため、求人者のニーズも柔軟に応えてくれます。

また「マイナビエージェント」さんは、ジャンル別に別サイトを立ち上げ各業界のサービスに特化していて、それぞれのプロフェッショナルに相談できるのも強み。例えば、

  1. 総合型転職エージェント「マイナビエージェント
  2. IT系・エンジニア特化の「マイナビエージェント×IT」
  3. デザイナーやディレクター向けの「マイナビクリエイター
  4. 女性の転職をサポートする「WomanWill」

など、各業界に精通したカウンセラーに相談できる。マイナビ自体の転職サイト群も「マイナビ税理士」「マイナビ看護師」など細かく特化。まさに「全ての業種、職種を網羅」(マイナビエージェントWEBサイトより)のサービスです。

④JACリクルートメント

JACリクルートメントのWEBサイト

「JACリクルートメント」とは?

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は1975年に英国ロンドンで設立。

その後アジア諸国へ拠点を広げ「ミドル・ハイクラス」のインターナショナル人材紹介会社としてはアジア最大級。「管理・専門職」「高年収層」に特化しており、外資・海外転職にも強い。

「JACリクルートメント」が30代の転職におすすめの理由

※数値情報はJACリクルートメント ホームページより

  1. NTTコムオンライン NPS(R)ベンチマーク調査「転職エージェント部門第1位」(2017年)
  2. ハイクラス特化なので・キャリアアップ志向の30代にマッチする
  3. 転職活動の支援実績「約43万人」(※1988年からの累計実績)友人・知人にJACを薦めたい方「94.5%」(※2017年度自社利⽤者アンケート結果)
  4. コンサルタントの総数1,200人(※2018年8月末現在の実績:JAC Recruitment Group合計)
  5. 全国主要都市の拠点(千代田区・さいたま市・横浜市・名古屋市・静岡市・大阪市・京都市・神戸市・広島市 ※多忙の方は電話面談・Web面談可)
本格派の転職エージェントJAC

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

ボクの周りで、特に優秀な人の転職組にはこの「JACリクルートメント」さんはすこぶる評判が良いです。

一番の感想は「転職エージェントの質が高い」ということ。

高収入・エグゼクティブ狙いの層をターゲットにしているだけあり、エージェントもそれに負けず劣らずの能力を持っていることが必要なんでしょう。

「求人企業の採用コンサルティング」と「転職希望者のキャリアコンサルティング」に携わる『両面型』サービスで一流の評価を得ています。

自分のスキルやキャリア、学歴、現在の年収にちょっと自信がある方は、迷わず登録。ハイレベルな業界を熟知する、ハイクラスなエージェントさんと話せるだけでも貴重でもあります。

年収800万〜1,000万円級の求人と巡り合うことも期待できますよ。

転職エージェントもデメリットってあんの?

おしえてくん

転職エージェントの良い話をいっぱい聞いたけど,,。

デメリットとかってやっぱあったりする?

おしえるちゃん

WEB上ではいろいろな感想もあるわよね。

ただそれらの多くは「ユーザー側にわりと原因が実はある」だったり、

単に「相性」なんてこともある感じ。

当たり外れがある?転職エージェントの現実


転職エージェントの各社を調べると「自分には合わない感じの人だった」「求人を紹介してもらえなかった」などなど、

転職者と転職エージェントも「人と人」の世界。ミスマッチのお話は出てくるときはあるよね。

こうなってしまう可能性はさまざま。

例えば、


※個人の感想です

  • ユーザー側の準備不足
  • そもそも相性が悪かった
  • ユーザーが「お客様モード」
  • エージェントが新人な感じ?だった
  • たまたま求人がなかった
  • ユーザー側の希望と実績のバランスが良くなく、それを補うやる気もなかった
  • エグゼクティブ求人の条件に達してなかった

複数の転職エージェントを登録前から見比べていても、それはあくまでWEB上の一部の情報に過ぎない。

まずは話をしてみて「いまの自分にフィットするかどうか」を自分の肌で確かめるが一番だよ。

合わない転職エージェントは「交代」のお願いを

選手交代のイラスト

もし、転職エージェントと合わないと思ったらすぐに「担当変更」の手続きをしよう。

多くのエージェントはお問合せフォームからそれを受け付けていたりするので、理由を書いて送ると交代してくれるよ。

クレーマーにならず冷静に

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

エージェント変更の希望をする場合は、エージェントさんに一方的な文句を言うとかはやめておくのが無難。

なぜなら、原因はこっちにある可能性は結構あるので。

自分が30代ともなると「うちの会社では考えられない」なんて気持ちになってしまい、価値観を押し付けてしまう危険性も。

しかし、あんまりひどいクレーム文だと、次のエージェントさんもこっちを警戒して力を発揮できないかもしれないです。

もしあんまり求人を紹介されなかったり、なんとなく噛み合わないことがあると、色々言いたいことがあるかもしれないですが…

マナーを持ってサービスを使うのが得策です。

例えば、担当者さんの変更理由は「自分も初めての転職でわからないこともあったので条件が曖昧だったかもしれませんが…」「エンジニア系の情報にもうちょっと詳しい方がもしいたら…」など冷静かつ温和に進めて、次の可能性も閉ざさないでおくと安全。

関連する記事は:転職エージェント相談時の注意点。初心者が気をつける活用法とは?

30代におすすめの転職「サイト」転職「エージェント」まとめ

さまざまな年代の人々

おしえるちゃん

んじゃ、この記事紹介した30代におすすめの

転職サイトと転職エージェントのまとめね。

おしえてくん

全部で7個くらいだね。

女性やIT系の方はこちらもチェック

女性2人組のガッツポーズパソコンのイラスト

今回紹介サービス以外にも当サイトでは「IT業界」「女性」「20代」におすすめな転職サイトと転職エージェントも特集しているよ。

気になる方はチェックしてみてね。

IT業界むけ

【IT業界の転職エージェント】エンジニアやデザイナーにおすすめは?

女性におすすめ

【女性】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

20代におすすめ

【20代】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

会社の評判・口コミを知りたい場合は…

転職候補の会社がいくつかできたら、転職エージェントに社風や内情など「会社の評判」を聞いてみようね。

さらにネットでの「元社員の口コミ」を集計している評価サイトもおすすめ。

会社の口コミや評判の調べ方は?転職の失敗を防ぐ「2つの方法」に詳しく書いているのでチェックしよう。

【結論】「30代の転職戦略」でのぞむ

と、いうわけで今回の結論は「30代の転職戦略」でのぞむ」だったよ。

自分のキャリアを冷静に整理整頓し、相性のいい転職エージェントを探す。

手堅い戦略でキャリアアップできる転職にしようね。

おしえるちゃん
30代の転職はじっくりね。
スポンサーリンク