初心者のための「キャリアアップ」メディアだよ。

【20代】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

「こんなギモンがある方に」

悩んでいるイメージ

  • 仕事経験浅い20代でも転職ってできる?
  • 転職の段取りは?
  • ド定番の転職サイトと転職エージェントは?
目次

【結論】信頼と実績の転職サービスを

たっくさんある転職サービス。

そしてそれを分析・評価するいろんなサイト…。

結局いったいどれがいんだろう…?

転職に悩む人が最初に喰らうのが、この情報の多さなんだよね。

おしえてくん
転職サービスはたくさんあるよね…
おしえるちゃん

そうね、迷っちゃうよね。

本記事では「信頼と実績ある転職サービス」を

紹介するね。

転職サービスは「実績ある転職サービス」が良い

重要のマーク

やはり実績ある転職サービスには評価も求人もノウハウも蓄積され、転職エージェントのスキルも高い。

なので、

  • 実績ある転職サービスに数社登録して、
  • いろんなエージェントの話を聞いて、
  • 合いそうな転職会社(エージェント)に絞ってく。

のが手堅いところ。

20代の転職サービスの実績ある各社セレクトします

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

ボクは転職3回を経て最後の会社では執行役員になりました。(いまは起業して海外に住んでます)

仕事は辛いことばかりでしたが、会社員としてはまあそこそこやりきったかなと。

本記事では、3回の転職を経てどん底の平社員から役員にキャリアアップしていった体験から、信頼できる転職サービスをオススメしますね。

スポンサーリンク

【お急ぎの方は】以下の「5サイト」が当記事の答えなので抑えておこう

本記事では確実に安心できる会社、当サイト管理人が使ったことがあったり、取材をしたり担当者に会ったことがあったり、WEB上での評価も高く安心できるところだけを紹介するよ。

とはいえ、転職慣れしてない20代の不安はつきない…

しかし、いざ転職となったとき。

特に20代だと不安だよね…。

胸を張れる役職がない場合もあるし、

経験的にも足りないような…

おしえてくん

でも、いまの会社辞めたいしな…

おしえるちゃん

大丈夫大丈夫!

20代の転職の悩みは似てるのよ。

自分だけと思わないでね。

悩みすぎは禁物。20代は「最も求人が多い年代」だよ

20代の社会人

働き始めて数年たっても「若さ=経験不足」という場面に遭遇し「自分はまだまだだ…」「だから転職なんてまだ先…(ため息)」と思っちゃう人もいるかも。

けど、20代の社会人は30代以降とはちがって「若さも売り」になることを忘れないでね。

自分の「売りどき」を逃さずに。

そして「20代は全年代の中でも最も求人件数が多い」と言われていることでも有名。つまりチャンスだらけとも言える。

なので「転職エージェントに相談だけでもしてみる」のはとても大事なことなんだ。

もしすぐ転職しなくても、自分の特性などをエージェントがプロの目線でアドバイスしてくれる。

そのアドバイスを自分の成長ロードマップにしてみよう。

スポンサーリンク

弱気じゃないよ。貪欲な20代の転職意識。

円グラフ

以下は、転職サイトでおなじみのエン・ジャパンさんの「20代の転職意識調査」だよ。

これを見ると経験が浅い20代でもみんな自分の人生には素直に貪欲。

前向きに自分のキャリアアップの要望を持っていることがわかるね。

※以下引用:エン・ジャパン株式会社 20代の転職・仕事観 意識調査2019より(改行等はアレンジ)

■20代が転職先を選ぶ際に重視するのは、

  • 仕事内容
  • 勤務地
  • 事業内容

■転職先を選ぶ際、20代は30代前半よりも以下を重視。

  • 裁量の大きさ
  • 評価制度
  • 社会貢献度
  • 給与・休日

■20代年収別にみる転職先を選ぶ際に重視することは、

  • 年収800万円以上は「事業戦略・ビジョン・事業内容」
  • 年収400万円未満は「休日・オフィス環境・勤務地」

■20代が考える理想の働き方は、

  • プライベート
  • 評価
  • 両立
  • 年収が高いほど「社会貢献」が上位に。
おしえてくん
へー、結構みんな貪欲だな。。
おしえるちゃん

自分の希望を言語化できのはすごいよね。

同じ20代なら負けてられない〜

スポンサーリンク

「転職サイト」と「転職エージェント」のちがいって?

意外と混同しがちな「転職サイト」と「転職エージェント」のちがいを明確にしておこうね。

おしえるちゃん
下の図のようなちがいがあるよん。

転職「サイト」転職「エージェント」のちがい

転職サイトと転職エージェントの図

  • 転職サイト:自分で求人を探し・自分で応募する
  • 転職エージェント:無料で求人を探してくれる・無料で給与交渉や面談日程の調整もしてくれる
  • 両方の属性が1つのサイトに収まっている転職サービスもある

注意のイラスト

自分でなんでもやる「転職サイト」よりも、無料で至れり尽くせりの「転職エージェント一択やろ」って思いがちだけど…

いきなり転職エージェントに頼むと「自分の意志がなくなってしまう」んだよね。もっと言うと「提案をそのまま受け入れて流されてしまう」可能性。

転職を流されて決めるのはさすがにリスク。

そもそも、転職エージェントは「相談に乗ってくれる人」なので、こっちの転職希望の意志(どんな会社?どんな業種?給与は?待遇は?など)が多少でも明確にないと「いい求人を紹介できなくなってしまう」んだ。こっちの情報が少ないと、そもそも転職先を提案できなくなっちゃうんだよね。

だからまずは自分で「転職サイト」で物色をする。ざっくりでも、自分が何を望んでいるのか自分で把握する。

なんとなくでも指針ができたり、万が一行きたい会社が見つかったら、そこで「転職エージェント」に相談がいいよ。

20代におすすめの転職「サイト」編

では、20代におすすめの「転職サイト」からご紹介。

本記事では確実に安心できる会社、当サイト管理人が使ったことがあったり、取材をしたり担当者に会ったことがあったり、WEB上での評価も高く安心できるところだけを紹介するよ。

おしえてくん
まずは「転職サイト」からね。
おしえるちゃん

体験談含め、実績ある確実なところを紹介するよ。

①doda

dodaのWEBサイト

「doda」とは?

創業60年以上、総合人材サービスの大手パーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)が運営する「転職サイト+転職エージェント」のハイブリッドサイト。

WEBサイト掲載中の求人情報の数は国内最大級。職種・勤務地・こだわり条件など希望条件にマッチした絞り込みの求人検索も可能。各専門サイトでは「IT系・モノづくり系設計・メディカル・グローバル人材・エグゼクティブ」などに多様に展開。

「doda」が20代の転職におすすめの理由

※各数値情報はdoda ホームページより

  1. 業界最大級の求人数(2020年7月2日時点で95,301件※非公開求人含む
  2. 転職者満足度No.1(電通バズリサーチ調べ インターネット上での人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数)
  3. 「転職サイト+転職エージェント」がひとつに
  4. 東京では3日間で10,000人が訪れる来場者数・出展企業数NO.1の「dodaフェア」も全国主要都市で開催
  5. 10万人が利用する「dodaアプリ」でさらに転職活動を強力サポート
 使うとわかる「一社完結」のdodaの利便性

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

1956年の創業から始まって歴史を積み重ねてきた「doda」さんは、その信頼性の期待に応える転職コンシェルジュとして、各評価サイトでも高い支持を受けていますね。ボク個人も転職時は「doda」さんをしっかり活用させてもらいました。

転職のひとつの方法として、

①まずは自分で転職サイトで仕事を探してみて、

②転職エージェントに相談する。

という流れがありますが、dodaは「一社完結」でそれができるのがとても便利です。

「まずはdoda」という感じで紹介しているサイトが多いのも、うなずけます。

さらに転職エージェントに相談するフェーズでも担当が専任別(履歴書・職務経歴書のアドバイスからキャリア相談までできる「キャリア・アドバイザー」企業の採用計画や課題をヒアリングしている「リクルーティング・アドバイザー」)できめ細かい。

転職慣れをしてない20代でも安心して使えるサービスで、各レビューサイトでも評価の高い転職エージェントです。

転職サイトと転職エージェント、双方を1サイトで使えるので効率的に転職活動が可能です。

②リクナビNEXT

リクナビNEXTのWEBサイト

「リクナビNEXT」とは?

転職者の8割が利用する業界最大手の株式会社リクルートキャリア運営の転職サイト。「おすすめしたい転職サイトNo.1」「使いやすいと思う転職サイトNo.1」「転職をサポートしてくれると思うサイトNo.1」(外部委託調査会社調べ:2018年12月)。

2020年7月3日時点で公開求人数は「42,179件」「今週の新着求人1211件」と圧倒的な求人数と質が魅力の転職サイト。日本全国の求人情報をカバーし、求人情報は「勤務地・職種・スキル・資格」などから絞り込み検索可能。

転職ノウハウを網羅したサイトコンテンツも充実しており転職成功のヒント満載の求人・転職のサイト。求人企業や転職エージェントから直接オファーが届くスカウトサービスも。

「リクナビNEXT」が20代の転職におすすめの理由

※各数値情報はリクナビNEXT ホームページより

  1. 「転職先と出会えたサイトNo1」「利用満足度No.1」(外部委託調査会社調べ:2018年12月)
  2. 人材業界最大手のリクルートが運営
  3. 「かんたん作成」で履歴書・職務経歴書がラクチン
  4. 「グッドポイント診断」で自分の強みを診断してくれる
  5. 採用企業のホームページなどに掲載されていない「限定公開求人」も充実
リクナビNEXTは「企業側」としても安心

当サイト管理人「たず」のイラスト 採用担当もしていた
当サイト作者「たず」

ボクが企業で部長や役員をやっていたとき、「採用側(会社側)」として社員の募集に最も使ったのがこの「リクナビNEXT」。

何回も担当の方が来社や電話で企業の求人内容を確認し、撮影にも来てくれ、インタビューも行います。

企業側も採用に費用をかけて臨むわけで、真剣に「どんな人材が欲しいか」を担当者に伝えます。

「企業で求人を出す=リクナビNEXT」というのはド定番なので、それだけ信用を得ているということ。

さらに、採用したあとも「◯◯さん、どうですか?がんばってますか?」とアフターチェックも余念がない。つまりそれだけ「求職者・転職者のために裏方でがんばってくれている」ということ。同時に企業側との関係もしっかり構築し続けるからこそ、サービスの質が高いんですね。

転職者の8割が使用している「まずリクナビから転職活動」という背景には、こういったリクルートの社員さん一人ひとりの努力があるのだと思います。

20代におすすめの転職「エージェント」編

おしえてくん
お次は「転職エージェント」と。
おしえるちゃん

転職サポートしてくれのが「転職エージェント」。

20代のおすすめを見てこー。

①リクルートエージェント

リクルートエージェントのWEBサイト

「リクルートエージェント」とは?

1977年創業の最大手、株式会社リクルートキャリアが運営する転職支援実績No.1(※転職支援実績は累計45万名以上(2018年3月期)自社(リクルート)調べ)の総合転職エージェント。

全国区の求人をカバーし、厳選非公開求人数は約20万件。※各数値情報はリクルートエージェント ホームページより

「リクルートエージェント」が20代の転職におすすめの理由

※各数値情報はリクルートエージェント ホームページより

  1. 厳選非公開求人数が約20万件(2020年6月17日時点)
  2. 転職実績No1(創立約40年の期間で転職者は累計約45万人(2018年3月期)
  3. NTTコムオンライン NPSベンチマーク調査「転職エージェント部門」第1位(2018年)
  4. 転職初心者も異業種挑戦者も相談にのってくれる
  5. 全国主要都市12拠点でサポート(丸の内・札幌市・仙台市・宇都宮市・千葉市・立川市・横浜市・静岡市・名古屋市・京都市・大阪市・神戸市・岡山市・広島市・福岡市 ※来社難しい場合は電話面談も可)※2020年7月現在

非公開求人のイメージ

企業のホームページや転職サービスサイトなどに掲載されていない求人のこと。

主な特長としては企業が「事業戦略に直結しているプロジェクトのため世間一般に公開をしないでおきたい」「求人掲載まで待てないのですぐに転職エージェントに知らせ募集したい」「該当ポストを募集していることを他社に知られたくない」などの背景があることが多い。

よって公開求人に比べ、企業が求める「能力・スキル・ポジション」が明確で即戦力を求める傾向にある。キャリアアップを目指す方には非常に有益な募集情報。

転職リーディングカンパニーの実力は本物

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

ボクの知人がこのリクルートエージェント出身なのですが、やはりリクルートが網羅する「非公開求人含む日本中の業種を網羅している求人数」は群を抜いてると言ってました。

非公開求人求人数は2020年6月17日時点で合計約20万件(公開求人100,936件 / 非公開求人108,022件)というスケール(!)

それだけの数があるということは、自分の希望にフィットする会社に出会える確率は高まるとも言えますね。

リクルートにいた知人は3名なのですが、ボクはキャリア相談はもちろん、起業の相談もしてたくらい。「サラリーマンからの起業はこんなパターンがあるよ」と、いろいろ情報をもらえたのは非常に大きかったです。

『転職実績No1(創立約40年の期間で転職者は累計約45万人)』の実力はトップレベルで20代の転職において安心して相談でき、非公開求人含めたスケールメリットでさまざまな提案を期待できます。土日の相談もできたので、平日は遅くまで働いている人にとってはとても助かりますね。

ジャンルもITから金融、製造、建設まで広範囲の業界を全国区で抑えているのが魅力。

定番の大御所サイトですので、安心して使えるサービスです。

②dodaエージェント

dodaのWEBサイト

「dodaエージェント」とは?

総合人材サービスの大手パーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)が運営する転職エージェントサービス。

非公開求人を含む約10万件(20年6月時点)の求人から専門スタッフが希望や適性に合った求人をご紹介。専門的な知識を持ったキャリアアドバイザーが「履歴書・職務経歴書の書き方」「面接のアドバイス」までトータルにサポートする。※数値情報はdoda ホームページより

「dodaエージェント」が20代の転職におすすめの理由

※各数値情報はdoda ホームページより

  1. 転職初心者向けの情報・キャリア形成などを初歩的なところの相談もできる
  2. 非公開求人を含む95,707件(20年6月25日時点)からお仕事紹介
  3. 第二新卒にももちろん対応
  4. 「doda転職サイト」で求人を探し「dodaエージェント」に相談もできる
  5. 全国主要都市12拠点でキャリアカウンセリング(札幌市・仙台市・丸の内・横浜市・静岡市・名古屋市・大阪市・京都市・神戸市・岡山市・広島市・福岡市※来社難しい場合は電話面談も可)※2020年7月現在
dodaエージェントの強みは分業制

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

このページで先に紹介している転職サイトの「doda」と併用できるのがこの「dodaエージェント」です。

特長は「分業制」。

それが「CA」「RA」と略される各担当で、それぞれのプロから具体的なアドバイスをもらえます。


キャリア・アドバイザー(CA)

履歴書・職務経歴書のアドバイスからキャリア相談までできる転職の担当者。転職希望者からキャリアやスキル、志向性をヒアリングして提案をしてくれます。

リクルーティング・アドバイザー(RA)

それぞれが担当する企業を持ち、企業の採用計画や課題をヒアリングしているので持っている情報が新鮮で濃い。面接日程や年収交渉なども担ってくれます。


初心者にとってはどちらもとっても助かる存在。

リクルーティング・アドバイザーからは「面接でこう聞かれたら」のテストケースの具体例が聞けるなど、現実的な施策を吸収することができます。

③マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20'sのロゴマーク

マイナビジョブ20’s

「マイナビジョブ20’s」とは?

大手マイナビが運営する「20代」「第二新卒」「既卒」に特化したマイナビグループ唯一の「20代専門転職サービス」。

個別カウンセリングから適性診断、履歴書や職務経歴書の添削はもちろん、豊富な非公開求人、強みを引き出す面接対策など20代の転職に必要なノウハウで支援。

「マイナビジョブ20’s」が20代の転職におすすめの理由

※各数値情報はマイナビジョブ20’s ホームページより

  1. 大手マイナビの「20代」特化型転職エージェント
  2. 第二新卒・既卒にもちろん対応・業界未経験求人も多数保有
  3. 20代向けの求人1,500件以上(内、未経験OK求人900件以上)利用者数のべ「16万人」
  4. 定着率96.8%(※2018/10/1~2019/9/30に入社された方の3か月の定着率)
  5. 多忙であったり地方からサービスを利用する人は電話面談もOK
完全20代特化のマイナビジョブ20’s

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

サービスそのものが20代のためだけに作られているので、20代にとっては安心。

20代はそもそも希望業界の経験がなかったり薄かったり、転職自体が不安でポイントがつかめないことも多々。

マイナビジョブ20’sでは適性診断、カウンセリングを経て未経験でも転職できる道を探すなど、寄り添ったサービスが期待できます。

また、若手エンジニアには嬉しい「マイナビジョブ20’s Tech Career」というエンジニア向けサービスや「マイナビジョブ20’s アドバンス」という既卒未就業の方へのサービスも展開するなど、20代のために手厚く展開する転職エージェントサービスです。

全国規模の「マイナビ」という土台がありつつ「20代特化」。これは抑えておきたいところ。

20代には助かる「未経験OK求人」も多く、若手でも安心して相談できる点が魅力です。

転職エージェントってデメリットはないの?

おしえてくん

転職エージェントって完璧な感じけど、

やっぱデメリットとかってあんの?

おしえるちゃん

転職エージェントにも「いろいろ」な口コミがあるよね。

どの転職エージェントが悪い、というよりも

「ユーザー側にそもそも原因があった」
「相性が悪かった」

っていうケースも結構多いと思うわね。

当たり外れがある?転職エージェントの現実


転職エージェントが「期待はずれだった」「営業色が強くてイヤだった」などの声もWEB上ではいくらでも出くるよ。

しかしそれらは個人個人の感想。ユーザーそれぞれが持っているスキルや性格も大きく異なるので、もし悪い評価を見つけてもそれで全てを決めるのはおすすめしないよ。

例えば、よくある可能性としては以下。


※各個人の感想です。

  • なんとなくエージェントと相性が悪かった
  • 時期的に良い求人がなかった・少なかった
  • エージェントが新人な感じ?がした
  • ユーザー側の準備不足
  • ユーザーが「お客様モード」
  • ユーザー側の実績、またはそれを補うやる気がなさすぎた

いろいろな可能性があるので、もし転職エージェントから良い求人を紹介してもらわなくても落ち込まずに。さっと切り替えて、ちがう別の担当者やちがう転職エージェントに相談したらすんなりいくパターンもとてもあるからね。

合わない転職エージェントは「交代」のお願いを

選手交代のイラスト

もし、転職エージェントと合わないと思ったらすぐに「担当変更」の手続きをしよう。

多くのエージェントはお問合せフォームからそれを受け付けていたりするので、理由を書いて送ると交代してくれるよ。

クレーマーにならず冷静に

当サイト管理人「たず」のイラスト 転職3回の経験者
当サイト作者「たず」

エージェント変更の希望をする場合は、エージェントさんに一方的な文句を言うとかはやめておくのが無難。

なぜなら、原因はこっちにある可能性は結構あるので。

そして、あんまりひどいクレーム文だと、次のエージェントさんもこっちを警戒して力を発揮できないかもしれないから。

もしあんまり求人を紹介されなかったり、なんとなく噛み合わないことがあると色々言いたいことがあるかもしれないけど、マナーを持ってサービスを使いましょうね。

例えば、担当者さんの変更理由は「自分も初めての転職でわからないこともあったので条件が曖昧だったかもしれませんが…」「エンジニア系の情報にもうちょっと詳しい方がもしいたら…」など冷静かつ温和に進めて、次の可能性も閉ざさないでおくと安全です。

関連する記事は:転職エージェント相談時の注意点。初心者が気をつける活用法とは?

20代におすすめの転職「サイト」転職「エージェント」まとめ

さまざまな年代の人々

おしえるちゃん

んじゃ、この記事紹介した20代におすすめの

転職サイトと転職エージェントのまとめね。

おしえてくん

全部で5個くらいね。

まあこんだけありゃ

何とかなりそうだ…

女性やIT系の方はこちらもチェック

女性2人組のガッツポーズパソコンのイラスト

今回紹介サービス以外にも当サイトでは「IT業界」「女性むけ」「30代」におすすめな転職サイトと転職エージェントも特集しているよ。

気になる方はチェックしてみてね。

IT業界むけ

【IT業界の転職エージェント】エンジニアやデザイナーにおすすめは?

女性におすすめ

【女性】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

30代におすすめ

【30代】におすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」は?

会社の評判・口コミを知りたい場合は…

転職候補の会社がいくつかできたら、転職エージェントに社風や内情など「会社の評判」を聞いてみようね。

さらにネットでの「元社員の口コミ」を集計している評価サイトもおすすめ。

会社の口コミや評判の調べ方は?転職の失敗を防ぐ「2つの方法」に詳しく書いているのでチェックしよう。

【結論】信頼と実績の転職サービスを

と、いうわけで今回の結論は「実績と実績の転職サービスを」だったよ。

相性の合う転職エージェントを探すつもりで、まずは積極的にサービスを使ってみようね。

おしえるちゃん

まずはトライ。

自分で使ってみるのが一番だよ〜

 

スポンサーリンク